オリンピック壮行イベント

b0004907_1056523.jpgナショナルトレーニングセンターでロンドンオリンピックに向けて選手団の応援企画イベントが行われた。リーダーは松岡修造君と大林素子さん。体操の内村選手やレスリングの吉田選手ら金メダル有力候補の方々が集結。ゲストには書道ガールズが登場し、選手団応援に際するパフォーマンス!これは感動的だった。

b0004907_10561833.jpg
自分も引退してからは、やる側から支える側と自然となって行ったのだが、こうして壮行イベントを外側から見ていると、不思議な感覚にもなった。大林さんも修造君も実は同期。大林さんとは引退後ホリプロでお世話になっていたころからの同じプロダクション仲間。一方、修造君とは距離感のある立ち位置で現役時代から今に至る。

b0004907_10563273.jpgナショナルトレーニングセンターの中の、インドアテニスコート内に特設ステージを作り、このイベンは行われたのだが、まさかこんな形でナショナルトレーニングセンターのテニスコート(自分にとっては)訪れるとは。。。そして、テニスというキーワードで繋がる、松岡修造君がいる。プレスの後ろの方には、テニスの関係者もいらっしゃり。。。舞台裏から控室へ向かう途中で、反対側から修造君が歩いてきた。周囲に関係者もいたが、お互い立ち止まり、「お久しぶり!」。多くを語りあうわけでもないが、ポロポロと昔の話題を挟みつつ。それにしても、テニスプレイヤーではなく、素敵なキャスターとしての顔とオーラを放っていた。まっしぐらに目標に向かう姿は昔から変わっていない。当時、修造君をお金持ちの息子だから。。。等々話す人も多かった。しかし、横で見て来た私には、ひたむきに全てをテニスに投下してきた超努力家としての彼しか思い浮かばないのが正直なところ。お金があったり、環境があって勝てる世界ではない。ワールドクラスのテニス界は本当に厳しい。貧しいとか、ハングリーとか、裕福とか、実際は関係ない。強烈な自身のコミットメントにつきる。
大林さんの控室でも最後の挨拶を3人でした。私服に着替えた修造君は、体系も変わらず爽やかそのもの。頑張ってるな。。。と、勇気づけられたのが正直なところかもしれない。
Commented by ダイエット 運動 at 2012-04-21 10:51 x
みんな誇らしい日本の選手ですね~
ファイト!!
by shuichi_sugisawa | 2012-04-20 12:16 | Comments(1)

アスリートやアーティストとの交流から素敵なお話を紹介します


by shuichi_sugisawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31