exciteブログ
スパルタローカルズ
スパルタローカルズBlog
エレキのリズム
Excite Music Mobile

PROFILE
1998年に福岡で結成以来、地元を中心にライヴ活動を展開。これまでに4枚のアルバムと5枚のシングルをリリースしており、圧倒的なライヴパフォーマンスとキャッチーなメロディ、個性的な詩で多くのリスナーを惹きつけてやまない。そして、2006年9月6日に移籍第一弾、1年2ヵ月ぶりとなるニュー・アルバム『スパルタローカルズ』をリリースする。
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
NEW RELEASE
『スパルタローカルズ』
5th Album
『スパルタローカルズ』
2006.9.6 on sale!
TKCA-73104/¥3,000(税込)
PV視聴 「ばかやろう」(※45秒)
この作品を購入する
安部コウセイです。ます。
ツアー終わってしまったよ。始めての椅子有りのホールでのライブだったけど、楽しかったずら。
燃え尽きた。最後のグランジシスターで何かしらんけど泣けた。
ミュージシャンとしての自分のスケールがわかった。
これはスタンディングでやってたら見えなかった事だと思う。

今回ファイナルを渋谷公会堂でやるということは、かなり賛否両論ありました。
結果が全く予想がつかなかったからね。“椅子席なら行きたくねーや”って人も沢山いたみたいやしのぅ。でもよ、結果が予想できる事なんてつまんねーよ。
そんな事やり続けてたら、小さいバンドになっちまうよ。
ここまで来たからには俺達がワクワクすることを正直にやってくつもりです。時にあなたの期待を裏切るかもしれん。でも前に進んでくつもりだす。

俺達が“最高やでー!”と思える事を追っ掛けるずえ。今日のライブは、さらなる渇きを僕にくれたんだ。音楽が楽しすぎる。


(Vo.G:安部コウセイ)
# by spaloblog | 2006-12-01 16:55
その1からの続き・・・


コウセイ「どうしたっすか?」

田代 「なんかさー、歩けないって言うんだよー」
マダム「助けてください!」

なーんだ犯罪じゃないんや。よかった、ホッ。
「ちょっと兄ちゃんさ、悪いんだけどそこに座らせるから手伝ってくんない?」

田代はフロントスープレックスの体制のまま、アゴで石垣を指した。
「ああ、いいすよ」

俺は両手の買い物袋を傍に置き、マダムに肩を貸した。
俺が左、田代が右。マダムは捕まった宇宙人のような格好になった。

“応答せよ、応答せよ、宇宙人捕獲に成功…”
田代「いくよっ」
コウセイ「はいっ」
田代&コウセイ「せーのっ!」

“お、重てぇよ~”   

田代の荒い息づかい、俺の荒い息づかい、マダムの荒い息づかいのハーモニィが路地に響き渡る。数分間の格闘の末、我々は無事、宇宙人を石垣に座らせる事に成功した。
マダム「ありがとうございました!」
田代&コウセイ「いえいえ」
路地には我々3人だけである。
田代「足はどうですか?」

マダム「歩けないですぅ」
コウセイ「じゃあ病院行った方がいいですね」

はぁ~疲れた、これで一件落着だー。

「いやっ!病院は嫌です!」

いきなりマダムのスイッチが入りパニックになった。
田代「嫌って言ってもあんた…」
マダム「病院は嫌ですぅ!助けて下さい!」
シーン。沈黙。
マダム「あっ!わかった!タクシー!タクシー呼んで下さい!」
コウセイ「いや病院行った方がいいっしょ」
マダム「嫌です!家すぐ近くなんでタクシー呼んで下さい!」
田代「タクシーは無理ですよ、病院いきましょ」
マダム「いやっ!」
コウセイ「行った方がいいって」
マダム「いやっ!」
そう言った直後、マダムがいきなり立ち上がった。


「ア、タテマシタ」


マダムはまるで温度ない口調でそう言った。
シーン。沈黙。
俺と田代は顔を見合わせる。
田代&コウセイ「じゃっ、そういう事で」
俺達が逃げるように帰ろうとすると、マダムは田代に近づき、こう言った。
「わたしの家、すぐ近くなんですけど寄っていきませんかぁ~」
ぎゃ、ぎゃ、逆ナンかよぉぉー!!!
俺は買い物袋を抱え、走りだした。
まっ白な頭の中で俺は思った“しかも俺、選ばれてねぇし…”
ほんの少し悲しいのは何故なんだろう。



(Vo.G:安部コウセイ)
# by spaloblog | 2006-11-30 17:08
ニキータ!安部“ホテルのカギを部屋に置いたままドア閉めてしもたわ~”コウセイです。これで3回目だぜー。


えーと。この前の怖い話が好評だったので、今日も怖い話するわ。


 俺の家は街の中心から比較的離れた閑静な住宅街にある。人通りも少なく車の音もほとんどしないから、とても静かで過ごしやすい。
ただ、生活用品などが置いてあるマーケットは街の中心に集まっているので、当然家から遠い。ある夕方、俺はスーパー“サミット”で両手いっぱい買い物をした後、ヒイヒイ言いながら家に向かって歩いていた。
ようやく家の前の路地にたどり着いた。家まで後もう少しである。俺は地面を睨みつけ、最後の力を振り絞って歩いた。
「助けてください!助けて!」
女の叫び声。俺は驚き、目を上げると10m位先で男が、女に向かい合う形で抱き着いている。フロントスープレックスをかけようとしてるのかしらん?いや現実をみろ、犯罪系の匂いがぷんぷんするだろーが。

しかも多分ワイセツ系、学名でいうと「田代系」。

めんどくさー!と思いつつも、一応ほっとくわけにはいかない。

俺は自分が背負った“カルマ”を恨みながら事件現場にむかって、ゆっくりと歩いた。現場に到着。

「助けて!お願い助けて!」
てっきり若い女かと思っていたが、年齢40才オーバーの中年マダムだった。チリチリパーマに眼鏡をかけ、身体はぶくぶくに太っている。
次に俺は男をみる。頭はハゲ上がり、背は160センチ位、服はベージュの作業着みたいなものを着ている。年齢は同じく40才オーバーである。これからこの男を“田代”と呼ぶ事にした。さて、どうしよう。まずは、なるべく冷静かつ中立な言葉を投げ、相手の出かたをうかがう事にした。
「大丈夫ですか?」
「ちょっと助けてよ~」
驚いた事に今度は、田代が助けを求めてきた。俺、混乱。

帰ってきた“ホラーやがな” その1_c0086113_13405552.jpg


その2に続く・・・



(Vo.G:安部コウセイ)
# by spaloblog | 2006-11-30 13:41
 カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 カテゴリ
 以前の記事
 ファン
 記事ランキング
 ブログジャンル
 画像一覧
 EXcite Musicの連載ブログ
[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 | ヘルプ | 会社概要 | エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム