border="0">

亜細亜的バレンタイン

皆さま、バレンタインいかがお過ごしでしたか。
わが家はこんな感じでした。

●鯛のお刺身サラダ
●うまいピータン(切っただけ)
●ココナツ茶碗蒸し
●ザーサイとしょうがの炊き込みご飯
●トムヤムなめこスープ

鯛のサラダは「本当にスヌ子さんと結婚してよかったです」と
自分で言ってしまうほど、うまい。ありがちなレシピですが、一応ご紹介。
1・レディーサラダ(大根でも可)、三つ葉、白髪ねぎを冷水でパリッとさせ水切り。
2・薄く切った鯛をのせ、
3・ポン酢をかけてから、砕いたポテトチップとナッツを散らし、
4・ぐつぐつ熱したゴマ油をジューーッ。
ポテチをコーンフレークにしてもよいですね。

茶碗蒸しは、有元葉子さんのレシピを適当にアレンジ。ぷよぷよでほんのり甘くて幸せ。
1・鶏ひき肉とみじん切りの玉ねぎを炒め塩こしょう。
2・卵4つ以上をほぐし、ココナツミルク半缶と混ぜ、冷ました1を加えナンプラーで味付け。
3・丼に移し、湯気の出たセイロにのっけ弱火でで20分。
セイロが面倒なら、フライパンで蒸し焼きにしても。

他は読んで字の如し。
トムヤムは瓶詰めペーストを利用。ローリエを加えると瓶詰め臭が消せます。
海老は夫の痛風が心配なので(ウソ)生なめこで代用しました。

小狭い日本の住居で、広大なアジアを感じてみませんか!!
…というテーマのバレンタインディナーでした。
# by snuko | 2005-02-15 12:35 | ●献立いろいろ | Comments(0)

紀ノ国屋の「香り棒茶」

c0047897_18103219.jpg中国茶も愛してやみませんが、
二日酔いの時でも五臓六腑に優しくしみわたる
ほうじ茶なしには生きられましぇん。

定番の一保堂、ユーミン御用達の松風園、
丸八製茶の加賀棒茶など、ほうじ茶界の名作と
呼ばれるものは軒並み試した末、
やはりお茶好きな母が掘り出した
これに落ち着きました。


100g451円(税込)


香ばしくてサラリとしてるのがいいんです。
しばらく置いても、濁るほど濃く出たりしない。冷めても香り高い。リーズナブル。
スバラシイ。

いつもまとめ買いしますが、忙しくて買いにいけない時のために
ネットスーパー紀ノ国屋に入会してしまったほど。
これでいかなる時もあんし~~ん。LOVEほうじ茶♪

ちなみに、二日酔いの時は、生醤油に熱々のほうじ茶を注いで飲むと、
ムカムカが治まります。カゼの時などにもネ。
# by snuko | 2005-02-14 18:16 | ●いいものみっけ | Comments(3)

『ベイカーバウンス』(三軒茶屋/アメリカンダイナー)

「日中、適度にカラダを動かすのはいいですね(微笑)」と夫。
バドミントン愛好家のスヌ子、この機を逃してはならじと本日も世田谷公園へ。
途中、泣き出したスヌベルを背負いつつシャトルを打ち返していたら、
“大リーグボール養成ギプス”気分満点。
星飛雄馬はやっぱりすごい、と再認識した次第です。

さて、こんな肉体労働をしていれば、小腹が減るのは自明の理。
昨夜酔っ払いつつブログサーフィンをしていてたどり着いた、
徒歩圏・三軒茶屋のハンバーガー屋さんへ。

三軒茶屋の駅から、下北沢方面に
茶沢通り(←愛称“しゃれなーど”・プ)を直進。
誰が見ても「これがそうだな」とわかるゴリラビルの角を左折。
100メートルほど行った右手の小さなお店。

ハンバーガーということで、ファストフードっぽいお店をイメージしていたのですが、
ここはまさにアメリカンダイナー。
壁掛け時計は7up、旧き佳き時代のコカコーラの広告や、
A&Wのルートビアのディスプレイ。
音楽には暗いスヌ子でも、この空間にふさわしい曲がじゃかじゃか流れているな
と体感しつつベンチシートに座りました。

カラダが冷えていたので、まずはアツアツのクラムチャウダー(350円)を。
玉ねぎ、じゃが、ベーコン、アサリ(クラムではないと思う)が
濃厚な生クリームスープに沈んでおります。
大き目のスープカップがうれしい、ふうふう。
お供はエビスの生ビール。

ハンバーガーは、ブログのどこかでオススメされていた
ベーコンチーズバーガー(1100円くらい)を迷わずセレクト。
きゃっ。すっごいボリウムです~~(嬉)
ビーフパティはガシッと牛!を感じさせ、
乗っかった自家製ベーコン×2はまさに塩豚の風情。
じゅわっ!と牛&ベーコンの肉汁が口いっぱいに広がるのです。
自家製のさっぱり甘酸っぱいケチャップが、これまたベストマッチ。

付け合せはショワっと油っぽくてウマいポテトフライとコールスロー。

夫が頼んだチリバーガーは、ビーフパティ+チリひき肉。
一口食べるとそこはオキナワ。
そう、紛れもなくタコライスの味なのです。
♪わたしが~あなた~に~惚れた~のは~~ペケペンペン(←三線)
と、遠くオキナワを思うスヌ子と夫(琉球大学出身)なのでした。

途中、むにゃむにゃと蠢きだしたスヌベルとスヌチョには、
マッシュポテトと焼き野菜の盛り合わせ。
お店のお兄さんたちは、「赤ちゃん起きましたね」「おしぼりどうぞ」と、
何くれとなく気を利かせてくれます。よいお店です。
リラックスしたスヌ子、赤ワインデキャンタ(1400円)が進みます。

メニューを見た段階では、スペアリブやローストビーフ、チョコレートブラウニーなど
食べたいもの満載だったにもかかわらず、お腹いっぱいでギブアップ。

このお店はどこかに似ている、とずっと考えていたのですが、
そう! 六本木ロアビル前の『ザ・ハンバーガーイン』の趣き。
スヌ子幼少の砌、若かりし父が私たち兄弟をカウンターに座らせ、
「チョコレートシェイクと、東京一番ハンバーガー(←本当にこういう名前)4つづつ」と
注文してくれた嬉しさを思い出しました。
ジュークボックスに100円入れるのにもワクワクしましたっけ。
また自家製のゆで卵ピクルスがうまくてねえ…(以下回想シーン続く)
最近とんとご無沙汰してますが、どうなっているのでしょうか?

食べ終わって気がつくと、BGMは
『酒と泪と男と女』のロックバージョン。
これほどまでにポップでキャッチーな
♪飲んで~~飲んで~~飲まれて~飲んで~、は初めてです。
アメリカンな空間にもしっくりマッチ。故河島英五さんもお喜びのことでしょう。

満腹でのけぞりつつ、緑道を散歩(千鳥足)して帰宅。
バドミントンでカロリー消費しても何の意味もなしっ。な休日レポートでした。
# by snuko | 2005-02-13 20:34 | ●うきうき外食 | Comments(2)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
2018.2 岩手旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

グッド!
by testopw at 10:28
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 04:17
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 04:12
クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家