視聴方法
スポーツ専門チャンネル J SPORTSは、FISワールドカップをはじめ、 いろいろなウインタースポーツを放送中!
視聴方法はこちら!

online shop
パワーモーグル エア編!
スーパーテクニック満載のDVDです。
J SPORTS
online shop

バックナンバー
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
tramadol onl..
by SOInhAhw at 21:36
What to look..
by Estammetgab at 09:24
- ���������..
by littlevova at 22:57
casino bonus..
by Ovedaillime at 08:27
Hellllo. And..
by EvineVietlE at 21:31
Видео ютуб у..
by videogoslim at 06:39
драйвер noki..
by Pouccitobbyib at 15:28
������������..
by Stroy-61 at 21:59
������������..
by Stroy-61 at 18:41
�� ���� ����..
by Wingless13 at 08:06
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヘルプスト・ラインフリート(AUT)2
今日ブリザードのレーシングディレクターのディーター・バーチ氏と話をしました。ヘルプストの手術後の経過が良好で、1月にはスキーが出来るかもしれないということで、ほっとしました。
やはりアルペンスキーは個人競技であるわけですが、でも用具あってのスポーツですから、その用具の開発は共同作業になります。ヘルプストらが昨年煮詰めてきてくれたスキーを来るシーズン佐々木明が履くことになるわけで、でもここでスキーの開発が泊まるわけではありませんから、佐々木明もそしてヘルプストもお互いの感覚で、そしてお互いの高いレベルを出し切りあって、貴重なデータを提供しあって開発に寄与していくのがいいわけです。
そういう意味でも、来るシーズンはトップ選手同士としてその相乗効果に期待していたわけですから、彼の戦線離脱はメーカーにとっても痛いですが、彼ら選手たちにとっても痛手なのは確か。
また普段から仲のいい二人で、お互いリスペクトしていますから、もちろんヘルプストには早期復帰に向け、がんばって欲しいですが、無理だけはしてほしくないですね。
2枚看板でW杯を戦うのは早くても2月の世界選手権かと思いますが、その瞬間が今から楽しみです。
# by style_snow | 2006-08-01 18:21 | アルペン | Comments(34)
ヘルプスト・ラインフリード(AUT)
昨日友人であるキリアン・アルブレヒトから電話をもらいました。スキー界で私たちのよき仲間で、よき友人でもあるオーストリアのトップスラローマー、ヘルプスト・ラインフリードがサッカーをプレイ中に左膝の靭帯を断裂したというニュースでした。先シーズン、オーストリアチームから暫定ですが漏れて自費でトレーニングを行い、シーズン序盤からの好成績でチームに昇格し、トリノ五輪銀メダル獲得、そして志賀高原では同タイム優勝ではありましたが、ワールドカップ初優勝を成し遂げ、来季が期待されていただけに非常に残念でなりません。
昨シーズン、彼を影で支えた立役者であり、古くからの私のよき理解者である友人にも電話をしたのですが、彼もかなり落ち込んでいてどう声をかけたらという状況でした。

オーストリアのSport1のWebサイトによると断裂したのは左足の前十字靭帯でインスブルックの病院で手術を金曜に受けて、手術自体は成功し、ただ全治6ヶ月の診断で来るシーズンの復帰は絶望であろうと書かれていました。彼はガッツのある選手ですから、必ずいい状態で遅くても2007/08シーズンは復活すると信じています。

またキリアンも今いろいろ動いていて、まだ発表は出来ませんが、本人いわくどこかの国からはワールドカップに出場できる見込みということでした。彼からも目を離せません。

それと最後に報告になりますが、多分アルペンスキーファンの方々は来シーズン、日本のエース佐々木明がどのような体制で来季を戦うのかと心配されている事と思います。私は今現在彼のパーソナルのマネジメントを手がけていますので、ちゃんと説明をしなければいけない立場であるということをよく理解しております。確かにシーズンが終了してからオフィシャルにマテリアルテストを行いましたし、ほぼ契約も完了しつつあります。
まだ今の時点では皆さんに公表できず申し訳ないのですが、遅くても7月25日には発表できる予定です。

本人もファンの方々からの暖かい支援を常に感じて現在コンディショントレーニングに励んでいますし、来季はもっともっとパワーアップした新しいAKIRAのパフォーマンスをお見せして、皆さん期待に結果で応えていきたいと宣言していますので、発表までもう少しお待ちいただけるようお願いします。
発表のあとはこのブログでも詳細をお伝えしていきたいと考えていますのでよろしくお願いします。
# by style_snow | 2006-07-23 00:54 | アルペン | Comments(0)
アルペンスキーフェスタ報告
f0000030_18455.jpg

遅ればせながらで申し訳ないのですが、先日行われたアルペンスキーフェスタのトークショーの画像をアップさせていただきます。
名古屋で行われたフェスタですが、今回2日間の期間中、日曜日午前中の1回のみのアルペンスキートークショーの開催で、30分という時間制限であったので、佐々木明、湯浅直樹選手ともに全然話足りないという感じでした。2人ともすごく話し上手なんですよ。
f0000030_1842624.jpg

午前中でありながら、過去行われたアルペンスキーのトークショーの中では一番のお客様の入りではなかったのかと思います。トリノ五輪の後、少しづつではあるのですがアルペンも注目度があがっていると思います。
湯浅選手は、今シーズンは第1シード入りしてもらって、日本人同時に3人の第1シード入りという史上初の快挙を達成してほしいと思いますし、もちろん佐々木明選手には日本人初優勝という最大の目標を達成してほしいと思います。ただ皆川選手、湯浅選手ともに表彰台、または一気に頂点ということも今のワールドカップでは考えられますので、3人で切磋琢磨してがんばってもらいたいですね。
またこの3人に続く若手の台頭にも期待したいと思います。
f0000030_1845532.jpg

# by style_snow | 2006-06-30 17:56 | アルペン | Comments(0)
ご無沙汰です
皆さん、お久しぶりです。
GWのレーシングキャンプ、僕としては久々にキャンプをやったのですが、やはり雪上で一緒に滑ることが出来るって本当にこちらの方が勉強になります。最近ずっとワールドカップを含めた大会のサポートばかりに行っていましたから、では実際僕が肌で感じた最新、最速のテクニックというものを今の新しいマテリアルを通して、一般のレーサーの方にどのようにフィードバックしていくことが出来るかというデータがなかったものですから、とても自分にとって新鮮なものばかりでした。
急に告知したのに集まっていただいた一般のレーサーの方、またジュニアレーサーの子達、本当にありがとうございました。またGWが終わってからキャンプの告知を知ったというメールを頂いた皆様、本当にすみません。次回からはもっと早くお知らせしてより多くの方に参加していただけるような形にしていきたいと思います。

でも今のカービングスキーを用いてのスキー技術って、本当に簡素化されていますよね。究極なことを言ってしまうと、身体の使い方によるポジションのキープ力は確かにコンディショニング面の能力に左右されてしまいますので、ポジションがよければ、体力があってパワーがあったほうが限界スピードも高く、またハイスピードのターンを連続させることの出来るスピード持久力も高い方が速いことは確かです。でも腰高ポジション、そして必要以上のワイドスタンスを防いである程度スタンスをコンパクトに保てることが相対的にはスピードを持続させる力、またはミスを極力少なくさせることが可能になります。非力でも下半身の長さを最大限に利用して左右に倒すことが繰り返せれば、それで効率よくターンを連続させることが出来るわけですから、スキーのエッジをうまく使って雪面にグリップさせて、圧力をスキーにせき止めて、タイミングよくまたいい方向に、蓄積したスキーの反発力を解放させることが出来れば、速くそして、すごく楽しくスキーをすることが出来るはずだとも思います。
来シーズンは私個人としても所属を代えて、スキー場でキャンプを何度かは開催したいと考えていますので、是非皆さんお付き合い下さい。

5月はキャンプのあとはヨーロッパに渡ってスキー開発テストや、比較テストを行ってきました。佐々木明のサポートをメインに1週間ほど滞在してきたのですが、いろいろなデータを取ることが出来ましたし、また来シーズンに向かっての方向性をほぼ決めていくことが出来ましたので、8月中旬以降からのチームの遠征では、あとはどのくらい夏の間に身体をしっかりと作って、シーズン最初まで滑り込むための体力を事前につけておくことが出来るかというのが重要になってくるでしょう。

今週末は名古屋のアルペンさんでトップスキーヤー、トップレーサーが集まってイベントが開かれます。私も日曜日のアルペン選手(佐々木明選手や湯浅選手など)たちのトークショーの司会をやらせていただくことになっていますので、ぜひ彼らの魅力を引き出せるような内容にしたいと思っていますので、お時間のある方はお立ち寄り下さい。

http://www.alpen-group.jp/event/2006ski_expert_festa/index.htm
# by style_snow | 2006-06-16 01:01 | アルペン | Comments(3)
GWレーシングセミナー
このGW、パインリッジ神立でレーシングセミナーを開催することになりました。
個人でキャンプをプロデュースするのは、実に4年ぶりです。ここ4年間は佐々木明をはじめとするサロモントップチームやデモーチームなどと行動をともにすることは多かったのですが、一般のレーサーの方々たちとなかなか接する機会がなくて、すごく寂しい思いをしていました。
そういう意味でも今回のセミナーは楽しみにしています。
このセミナーは午前中の雪の状況のいいときに雪上でのトレーニングを行って、午後はセミナーと名打って佐々木明などの最新VTRなどを観ていただきながら、現代のスキーテクニックや体作り、またレースカービングの体の使い方などを順を追ってご説明していきたいと思っています。
お時間がある方は、1日単位での参加も可能ですので、ぜひ足を運んでみてください。


『パインリッジリゾート神立 スペシャルレーシングキャンプ』
佐々木明選手を始めサロモンスキーを使用する選手たちを統括し、育成活動やサポート活動を行っている小田島賢がプロデュースするレーシングセミナーです。
雪上トレーニングはもちろんのこと、映像を使ってのセミナーではスキー技術、コンディショントレーニングなど、レーシングシーンの最前線にいるからこそ伝えられる充実した内容となっています。

■開催日:5/3(水)・5/4(木)・5/5(金)
■種目:GS系のトレーニング
■対象:初めてポールにチャレンジする方から現役レーサーまで
■講習時間:
①5/3(水)・5/4(木) 各日とも
       9:30~12:30・・・雪上トレーニング
       14:00~16:00・・・映像を使ってのセミナー
②5/5(金)
       9:30~12:30・・・雪上トレーニングのみ
       ※5/5は雪上トレーニングのみとなります。

■コーチングスタッフ:小田島賢ほか
■受付:8:30~9:30 スタートハウス2F スクール受付
■申し込み:TELまたはe-Mailにてご予約下さい
      ※当日申し込みも承ります。
■参加特典:
佐々木 明選手のスペシャルフィギュアをもれなくプレゼント

-お問い合わせ・お申し込み先-
パインリッジリゾート神立 
TEL 025-784-3030
E-Mail info@kandatsu.co.jp
# by style_snow | 2006-04-28 16:28 | アルペン | Comments(1)
ワールドカップ男子SL第8,9戦志賀高原大会
第8戦 佐々木明2位表彰台!!
第9戦 佐々木明6位!
f0000030_1143655.jpg


佐々木明がトリノ五輪の雪辱を果たしました。
3月10日に行われた第8戦で自身3度目の2位表彰台をゲットし、第9戦でも6位入賞と地元日本でトップシード選手としての意地を見せてくれたのでした。
f0000030_11524.jpg

f0000030_1151568.jpg

f0000030_1152947.jpg

f0000030_1153837.jpg

# by style_snow | 2006-03-14 11:05 | アルペン | Comments(2)
佐々木明フィギュア情報
f0000030_892886.jpg

f0000030_895171.jpg

オーストリア・シュラドミングで行われたワールドカップ男子SL第7戦での久々の2位表彰台で興奮も冷めやらぬ状態でありますが、佐々木明のフィギュアに関しまして、公式の発表をこの場をおかりして発表いたします。

以前フィギュアが完成したという情報を発信いたしましたが、想像を超えた反響があり、どこで手に入れることができるかなどの問い合わせが殺到したことで、今回の発表に踏み切ったわけです。

実はこのフィギュアはすでに市場には出回っています。しかし限定でです。というのもサロモンが佐々木明の趣旨に賛同し、すでにサロモンカップのかもい岳大会に出場したジュニア選手全員に参加賞としてこのフィギュアをプレゼントしたのです。佐々木明の公式ホームページでもショートコメントが載せられていましたが、佐々木明選手が一人でも多くの子供たちに対して自分なりのメッセージを発信したいというアイディアから今回のこのフィギュアが完成したのです。
f0000030_8105336.jpg

f0000030_8111364.jpg

「俺みたいな選手になれば、メジャーな企業がフィギュアをつくってくれるから、みんなもそれぞれの夢を持って自分の目標に向かってがんばってくれよ!!」
というのが彼のコメント。ほんと彼らしいといえばそれまでですが、この趣旨にあの玩具メーカーのBANDAIが賛同してくれて、多大なる協力をしてくれたのです。この企画は佐々木明が興した会社、AKスクエアとBANDAIのコラボレート企画第1弾です。さらにこの趣旨に賛同したサロモン、フェニックス、ガーラ湯沢がこのフィギュアを使って佐々木明プロモーションを行う予定でありますので、ぜひ楽しみにしてください。
f0000030_8114552.jpg

f0000030_812555.jpg

また販売はしないのかという数々のリクエストに応えて、当初は販売する予定はありませんででしたが、3月より限定数でフィギュア2パターンの販売を予定しています。あくまでも数に限りがありますのでお早めの購入をお願いします。
詳細に関しましては、佐々木明公式ホームページ(sasakiakira.net)において発表されますので、そちらをご覧ください。またそれより先行で2月には彼の使用するゴーグルのEMUSIがキャンペーン企画として、このフィギュアを採用することを決定していますので、EMUSI(http://www.emusi.jp/)のサイトにもご注目ください。

注)フィギュアは2種類が用意されています。このフィギュアは佐々木明の実際に滑走している写真をもとにBANDAI社によって忠実に再現されました。AKIRA03/04バージョン(ビブナンバー11番はこのシーズンのSLランキング11位を意味します。)、は花火ワンピースバージョン、また04/05バージョン(ビブナンバー14番はこのシーズンのSLランキング14位を意味します。)はHappy Peopleバージョンです。
# by style_snow | 2006-01-27 12:00 | アルペン | Comments(1)
佐々木明情報~オーストリアでの報道について
f0000030_20164167.jpg


本日1月26日付けのオーストリア国内のすべてのメジャー新聞社が佐々木明の特集を組みました。特にKronen Zeitung(クローネン ツァイトゥング)は”チロル発の日本人「俺は常にいけてるぜ!!」”という見出しで佐々木明を取り上げています。
このチロル発というのは佐々木明がシーズン中はインスブルックを拠点にワールドカップの遠征を行っているということ。また日本チームのSLチーフコーチがチロル州出身のゲオルグ・ヘルリゲル氏であるということを紹介しており、今回のシュラドミングのレースの表彰台に上った選手3名全員がチロル州とゆかりがあることを取り上げています。
(1位パランダーのコーチもチロル州出身のライトナー氏、また3位ベンジャミン・ライヒはチロル州ピッツタール出身)

正直、佐々木明の人気はこのシュラドミング・ナイトレースの2位で不動のものとなりました。やはりクラシックレースの中でもいまや最高峰(観客動員5万人)といわれるシュラドミングでの活躍、そして1月中で本場ヨーロッパラウンドでのレースであったことも、AKIRA人気を増大させた原因になったわけです。
# by style_snow | 2006-01-26 20:26 | アルペン | Comments(1)
Akira SASAKIフィギュア完成
f0000030_74907.jpg


Akira SASAKIフィギュアが各関係者の多大なる協力をいただきまして完成いたしました。
詳細につきましては後日発表させていただく予定です。

AKスクエア Inc.

f0000030_749181.jpg

f0000030_749515.jpg

# by style_snow | 2006-01-26 07:51 | アルペン | Comments(1)
男子SL第7戦シュラドミング大会詳報
佐々木明(ガーラ湯沢)、3年ぶりの表彰台2位!!

日本勢(佐々木明2位、皆川賢太郎6位)快挙達成で
トリノ五輪への期待高まる
f0000030_231229100.jpg


佐々木明は土壇場に強いということを久しく忘れていました。いや、本当に勝負強い。
もともと今回から3シーズンぶりの第1シード落ちということになったわけですが、本人はそんなことはまったく気にもならない様子でした。というより自分のスタートは16番だとスタートビブを朝もらうまで思っていたようで、800ポイントルール(現在の総合のスターティングリストで800ポイント以上持っている選手に限って15番の次にスタートする権利がある:今回の対象者はボディ・ミラーとアクセルンド・スヴィンダルの2名)が2名適応されて18番だとわかったときは、コース整備後すぐに滑ることができないことだけを嘆いていたのでした。というのも16番以降に勝機があることを本人が理解していたので逆にいい感触を感じていたといったほうがいいのかもしれないのです。

5万人近くがこのシュラドミングという小さな町に一気に集まり、熱気むんむんのレース。これぞアルペン王国オーストリアを感じさせてくれるSL最高峰のクラシックレース。キッツビューエルよりもむしろ観衆が集まるこのレースにこそ勝ちたいと思うレーサーが少なくないことが理解できます。

そして昨晩から下がった気温は今日日中、晴天であったおかげでさらに下がっているように感じさせられます。朝の最低気温がマイナス20度だったので今はマイナス15度はあるのでしょうか?コースも水が撒かれて非常に硬いバーンに仕上がっています。ただインジェクションによって水が浸透していますので、ただのアイスバーンというよりはグリップが効くレースとしては絶好のコンディションです。

f0000030_23124912.jpg

1本目18番スタートの佐々木明は硬くて急な斜面をいとも簡単に降りていきます。
「攻めているときほどたぶん余裕があるように見えるのではないかな?それぐらい今日はいけると思ったし、1戦ですぐに第1シードに復帰してやるって思っていた。1本目はリズムもよかったし、後半もポール間のディスタンスが少しこれまでとは広くなって高速SLなので得意意識が強かった。でもちょっと後半はよれちゃったかな(苦笑)」
というように前半の中斜面や急斜面の前半部分は他の選手に比べてもゆっくりに見えるほど、非常にリラックスして滑っていました。タイム差もカレ・パランダー(FIN)に遅れること0.56秒。ゴール時点で暫定4位でしたが、20番スタートの皆川選手の素晴らしい攻めの滑りで1つ順位を落として5位でフィニッシュ。
「18番スタートがこんなに滑りやすかったなんてびっくり。特にこの時期はコースが非常にいいので、コースに一度傷がついて、スキーが引っかかりやすい時間帯に当たってラッキーだったかな」
でもこの辺のスタート順では18番佐々木明、20番皆川選手がトップ10以内のタイムを出しましたが、それ以外の選手は非常に苦しんでコースアウトする選手が続出。やはり彼らは現在戦える実力を備えていたことを周囲に再確認させることになったわけです。
f0000030_2313499.jpg

また今日は日本勢は5名が出場しました。ビブナンバー52番の湯浅選手は中間計時で1.13秒遅れの23位で通過し、さらに後半の急斜面で果敢に攻めて15位以内は確実かと思われたのですが、ゴール前の斜面でバランスを崩し大きなタイムロスを犯しながらのゴールで残念ながら2本目に進出することはできませんでした。また63番ビブの生田康弘選手はコースアウト、75番ビブの岡田利修選手は40位で2本目に進むことができませんでした。
1本目を振り返ると、4位の皆川選手の安定度の高いそして全盛期を上回る反応スピードの速さと正確なスキー捌きは非常にクオリティの高さを感じさせましたし、もちろん佐々木明のダイレクトで正確な攻めも徐々に安定度を増してきて頼もしさを感じさせられました。1本目日本勢が4位、5位と複数で上位に来たのは初めての出来事ではないでしょうか。
f0000030_23132055.jpg

そして迎えた2本目、セッティングとしては1本目よりさらにポール間のディスタンスが広くなりリズム的にも非常にいいセッティングがたちました。ターン数で1本目より3ターン減りましたので、さらに高速レースになることがレース前から予想されていました。
1本目10位と珍しく振るわなかったベンジャミン・ライヒ(AUT)でしたが、2本目歴代優勝者の意地を見せてスーパーランを地元で披露し、暫定のベストタイムを記録します。その後、多くの選手のタイムが伸び悩みライヒがトップのまま1本目5位の佐々木明のスタートとなったのです。
f0000030_23133655.jpg

「とにかくこのコースは無駄な動きは禁物、急斜面で一番速くてうまいのは俺だというのをこの大観衆に見せつけてやるという気持ちで滑った。ゴールしてすごい充実感を味わって本当に気持ちよかった」
佐々木明は久々に2本目も最後までノーミスでゴールラインを通過しました。中間計時で0.2秒強ライヒのタイムに遅れをとりましたが、その後の急斜面でまったくスキーのずれない彼本来のアドバンテージをこのもっとも大切な局面で発揮することができたのです。遅れを取り戻しなおかつ0.02秒という本当に僅差ではありましたが、ライヒのタイムを上回りトップタイムを奪い返したのです。近くで見ていてライヒの落胆ぶりはすごくカメラの前では気丈にしていましたが、そこから外れた場面では、ショックを隠そうともせず悔しがっていました。
そして次に皆川選手が登場。中間まではアドバンテージをキープできていましたが、後半失速し、暫定で5位でゴール、今時点で日本人が一桁入賞を決定付けました。
f0000030_23135447.jpg

そして、1本目3位のシェーンフェルダーはリズムが取れないままに暫定10位でゴール、この時点で佐々木明の表彰台が決まりました。次のレーサーはジョルジョ・ロッカ。前半部分は無難にきますが5連勝当時の勢いは感じられません。後半の急斜面でもいつもよりスキーがずれているように見られ、昨年後半でコースアウトしたトラウマがあるのか、または佐々木明のタイムがプレッシャーになったのか、ターン前半でスキーをずらし気味に捌いてきて、問題のゴール前部分で彼にとっての悪夢を再現する形になり痛恨のコースアウト、この時点で佐々木明にとって自己最高タイの2位が決まった。
そして最後のレーサー、カレ・パランダーがスタート。
「難しいレースだったけど快心の滑りができた」
と本人が振り返るようにまったく危なげなく、そしてノーミスでタイム差を広げてのゴール、今シーズンの初優勝が決定した瞬間だった。
「勝つまでは難しいなとは思っていたので、優勝できなかったショックはないですよ。もう次のレースに対して自分が準備しなければいけないことがはっきりと見えてきているから。表彰台の上からの景色を3年ぶりに見ることができてすごくモチベーションが高まるのを感じた。感触?悪いわけないでしょ!!」
日本アルペン界悲願の優勝には一歩及びませんでしたが、佐々木明を含め日本勢の活躍が光ったSLクラシックレース、シュラドミング大会1ヵ月後にトリノ五輪SL本番を控えて、日本チームの勢いがさらに増したことだけは確かです。レース本番が待ち遠しいです。

写真提供:SALOMON_Pentaphoto
# by style_snow | 2006-01-25 23:16 | アルペン | Comments(35)


J SPORTS STYLEトップ

Road toTorino 著者
snow time report
小田島賢

土屋ホーム スキー部監督
木下義幸

田村岳斗

三宮恵利子
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31




Copyright (C) 2005 J SPORTS Broadcasting Corporation
All Rights Reserved. No reproduction or republication
without written permission.
Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム