sleepy.ab sleepy.ab Official site New release sleepy.ab Mother Goose

New ALBUM
「Mother Goose」

2011.02.23 RELEASE
PCCA.03352 ¥2,500(税込)

この商品を買う
vol.15〜ボリュームペダル2は裏番長?!の巻!

第15章 ボリュームペダル2は裏番長?!の巻!
vol.15〜ボリュームペダル2は裏番長?!の巻!_c0130056_15305985.jpg

ついにエフェクター部門も最後となりました!が、このブログを書き続けている間にも、何個か増えてたり、今製作途中の物もあるので、後々追加紹介していきたいと思います!
という訳でボリュームペダルの2つめです!
第7章で既にボリュームペダルの基本的な説明はしているので、今回は何故2個必要?って所から始めたいと思います!

ボリュームペダルを2つ使う理由

1、演奏中瞬時に音を切りたい!

2、アンプから音を出さずにサンプリングしたい!

の2点です。

1、から説明すると、スリーピーのsceneと言う曲の後奏の例なのですが(アルバムarchiveより)リバーブとディレイとワーミーとワウの掛かった状態でギターをかき鳴らし飽和状態がピークに達した所で音を切りたい!この状態だと弾くのを止めても、リバーブとディレイが残ってしまいます。ギターを止めると同時にリバーブ、ディレイをバイパスにするという方法もありますが、この場合アンプ直前に繋がっているボリュームペダルを切ると簡単な操作で音が切れます!

2、ライブ実用例 曲palette、アルバムpaletteより
曲のAメロ中にフレーズをサンプリングして終盤で再生したいので、アンプ直前に繋がっているボリュームペダルを切り音が出ない状態でサンプリングしています。音がでていない状態なので、どれぐらいの音量、音色でサンプリングされているかを予想しながら弾かないと大変な事になる場合も、、、。

次回は、いよいよアンプ編です!
# by sleepyab | 2008-10-07 15:31 | Comments(2)
Vol.14〜がんばれコピーロボット君!の巻

第14章 がんばれコピーロボット君!の巻

前回に引き続き、LINE6 DL4についてです!

Vol.14〜がんばれコピーロボット君!の巻_c0130056_12264078.jpg


今回は、何故ディレイ(DL4)2台必要なのか?という点と、前回触れなかったサンプリング機能についてを、自分なりの解釈で説明したいと思います!

まずは何故2台?からです。

理由 1. 今まで経験したレコーディングの中で、より柔らかい質感を出す為にディレイを2重に掛けたりしていました。その音をライブで再現する為に2台で2重に掛けています。
理由 2. 1台をサンプラー、もう1台をディレイとして使いたい
理由 3. 両方をサンプラーとしてとして使いたい
理由 4. プリセット数を増やしたい

という理由から2台使用しています。

次に、DL4のサンプラー機能についてです!

DL4のサンプリング機能には、定速モードと倍速モードの2種類があります。
定速モードでサンプリングした物を倍速モードで再生すると、サイズは半分、そして1オクターブ上がって再生されます。
倍速モードでサンプリングして定速モードで再生すると、前者の逆になります。
そして両モードとも逆再生が可能です。

サンプリングモード使用例 「inside」/ sleepy.ab 間奏2

1番サビで弾いているフレーズをサビ頭から4小節を定速モードでリアルタイムでサンプリングします。

サンプリング終了と同時に、再生を停止させます。

サビはそのままギターを弾きつつ、間奏までにサンプラーの再生準備をします。
準備内容は、サンプリング時の定速モードを逆再生倍速モードに変え、再生時のレベルを予想して調節、あとは間奏に入ったらサンプラーを再生(逆回転で1オクターブ上がったサビフレーズ)しながらギターを弾きます!

では次回!
# by sleepyab | 2008-09-04 12:27 | Comments(3)
義援金のお願い
ブログトップ | ログイン
以前の記事
最新のコメント
並べて空中に垂れる糸の振..
by ロレックス時計 at 16:38
印鑑 通販
by サングラス レイバン at 17:31
レイバン ウェイファーラー
by 海外ファッション通販 激安 at 17:31
クリスチャンルブタン シ..
by クリスチャンルブタン ショップ at 19:35
I appreciate..
by cialis at 08:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。