ミルクティ・アフタヌーンティ

d0339676_11283117.jpg

時々、アフタヌーンティのミルクティとスパゲッティが、とても恋しくなります。ここで働いている女性は皆可愛く、笑顔で心地よい接客をしてくれます。ここの紅茶は強烈な個性はないけれど、当たり障りなく、いい味を出しています。私の紅茶好き日本茶を知ってて下さる方々が、アールグレイや玉露を送って下さり、私は家でいつもミルクティや玉露をがぶ飲みしてて、お茶に満たされているのに、外でも美味しいミルクティが飲みたくて飲みたくて。。遍路中でも、美味しそうな喫茶店を見つけると、すぐ入ってしまいます。自販機の紅茶はちょっと。。。アフタヌーンティで、薄めのミルクティを飲みながら、江戸時代の妾に関する本を読んでいました。お妾さんの給料は大名クラスでも、今の15万円くらい。しかも大名なら10人の妾が許されたそうです。そんなのひどい!と感じられますが、商人など町人のお妾さんは今の一万円も貰えなかったそうで、その代わり何人もパパを持っていても、文句が言えなかったとか。ということは女性に遊んでいただいていた様子も伺え、男天
国とは言い切れなさそうです。その頃も、旦那さんは奥様が怖かったというし。。当時の美女は、うりざね顔で、お尻が小さいことが条件でした。やがて丸顔で、お尻の大きな女性が美女の規定と変わって行くようです。今の私たちは、男の好みに合わせて生きるより、自分の好みで生きる方がずっとステキと思っています。

山・富士山

d0339676_11283163.jpg

新幹線で眠っていたら、車掌さんが車内放送して起こして下さいました。私は富士山に5度、新富士の宮口から登拝行をしました。毎年観光登山者のいなくなった9月23日に登らせていただいてました。積雪が膝以上の年もあるし、雷の時も。いつも雹(ひょう)には必ず顔をはたかれ痛いです。山小屋が閉鎖してるので、日帰りで八時間から九時間で登って下ります。トイレがないため、前日から水分調整します。酸素は少ないし、私は14年前から耳が気圧調整できず鼓膜も薄いため飛行機に乗れなくなったのですが、高山病が出やすいリスクを抱えてます。それが出ないために、前行を沢山させて貰うのですが、おかげで耳痛は一度もでていません。しんどくて歩きながら眠くなってくることもあります。それでも頂上前の小さな鳥居が見えてくると、嬉しくて嬉しくて、涙で顔がぐしゃぐしゃになります。もちろん雹や雨風に打たれて、それ以前からぐちゃぐちゃなんですが。苦しくても辛くても一歩前に出なければ頂上に着きません。小さな一歩でも、ゆっくりでもいいんで
す。前に一歩一歩出し続けたら、いつか必ず頂上に着き、それから麓までたどり着けます。人生と同じです。どんなに小さな一歩でも一歩は一歩です。あなたの歩幅で、むりをせず、ゆっくり歩き続けましょう。
富士山の守り神様とされる、このはなさくや姫様のお姉様、石長比売(いわながひめ)様は、私が信仰する大切な大切な女性神様です。

ホテル・帝国ホテル

d0339676_11283263.jpg

日比谷の帝国ホテル一階・パークサイドダイナーは、私が一番好きなレストランです。以前はユリーカという名前でした。お客様がレジの女性に、35年通ってると今日、言ってましたが、負けました。私は、27年かな?私は、取材や打ち合わせ場所としても、よく使わせてもらってます。美味しい紅茶のおかわりが何回でもできるのも居心地いいです。私が帝国ホテルを好きなのは、一流ホテルなのに、働いている人たちが、かっこつけたり気取ってたりしないで、サービスや接客は最高を守りつつ、笑顔や声かけが素晴らしいからです。あの押し付けがましくない素敵な笑顔は、本当に疲れが飛びます。笑顔をしてもすぐ笑顔なしの顔になり、その変化を見てしまったとき、びっくりすることあります。じゃあね!と笑顔で別れた瞬間に無愛想な顔に戻ってたり。大阪の一流ホテルでもありました。帝国ホテルの人々は笑顔のあとも笑みを残していてくれます。笑顔をやめてもすぐ笑顔になれる顔の筋肉が出来上がっているのでしょうか?だから自然なスマイルをサービスしてくださるのです
。笑顔を終えたあとも誰かが見ています。笑顔をした後の笑みも、素敵な人になるためには欠かせません。愛想が悪いから、私も努力しよう。。っと。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.