吉原遊女の供養

d0339676_11275441.jpg

1923年9月1日関東大震災で亡くなった吉原の遊女の供養に行きました。毎月の私のお勤めです。終わった途端、雨が振りだしました。今日は関東は大変な荒れ模様になるとのこと、残り桜の花びらを浴びながらお経をあげていました。また来年まで桜吹雪をここで見られないと思うと淋しくなりましたが、これまでのように遊女たちは桜吹雪の中で、私のお経に合わせて舞ってくれることでしょう。浅草ロック座の齋藤社長さんが、この地を見つけ、人の入れないようなところだったのに、きれいにしてくださったのです。今もそうです。そして、齋藤社長さんに教えられ、ここに来てから、私の供養も始まりました。14年前のことです。私のライフワークです。およそ500人の遊女たちが成仏するまで、私は毎月拝ませてもらいたいと願っています。終わったら、向かいの喫茶店「鈴の音」で、美味しい美味しいランチをいただきます。これが楽しみ。下町らしいチャキチャキのきれいなママで、地元のお客様が集まってきて、みんな知り合いみたいなとこです。

遍路・in丸の内

d0339676_11275414.jpg

今日、東京丸の内の新丸の内ビルディング10階、東京21Cクラブで、四国霊場会主催の遍路イベントがあります。これは4月18日から25日までJPタワーホール&カンファレンス四階で行われる「四国霊場開創1200年記念催事・四国88ヵ所の88のご本尊様が一堂に集まる出開帳」のプレイベントです。「1日で巡るお遍路さんin丸の内」ということで、四国遍路を終えた証明・88ヵ所結願之証も貰えます。今日のイベントは、丸の内1丁目の新丸の内ビルディング10階19時から始まります。参加されるご住職が凄いです。1番札所・霊山寺、73番札所・出釈迦寺、56番札所・栄福寺48番札所・西林寺、そして金剛頂寺、と私です。これほど有名なご住職の方々が集まれるのは、まずありません。無料です。ぜひお越し下さい。

遍路・45番・岩屋寺

d0339676_11275555.jpg

朝7時、45番札所・岩屋寺さんの上から降りてきたら、気温3度でした。寒いはずです。物凄く寒くて、携帯をいじるのに指が動かず、苦戦しました。写真は本堂前。正面から写してはいけないので少しだけ左端に。正面は法華仙人堂跡。この梯子の上で修行を女性がされてたのですが、弘法大師空海が、ここへ来られた途端、「あなたにこの行場をお譲りしましょう」と、おっしゃって譲られたそうです。階段は登れます。でも、怖いし危ないです。この近くには四国カルスト県立自然公園もあり、石が変わってます。国民宿舎古岩屋荘は部屋の窓から壮大な奇岩を見ることが出来ます。今日、47番札所・八坂寺さんから48番札所・西林寺さんへ向かう約5キロの道中で、5歳くらいの男の子と、若いおばあちゃんに後ろから声をかけられました。若いばーばの言葉を真似して「お遍路ご苦労様です。飲み物でも買って飲んで下さい」言ってから私に手渡したのは、四つ折りにした千円でした!!もう私はびっくりしてしまい、「西林寺さんで、お賽銭として納めさせていただきお参りしま
す」と言ってまもなく、お二人は走って戻って行ってしまいました。私は合掌し、南無大師遍照金剛とお二人の背中に向かって何度も唱え続けました。目の奥が熱くなりました。慈悲の心を改めて教えて下さった少年のことを西林寺さんのご本尊様にまず報告し、温かなお接待を納めさせていただきました。そして少年とご家族の幸せを祈らせていただきました。四国の人々が、時々、私に慈悲の心を教えて下さいます。これでいいではなく、慈悲の底は深いと、私に教えて下さるのです。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.