カフェ・メルセデスコネクション

d0339676_11271776.jpg

六本木ミッドタウンの向かいのメルセデスコネクションで、お茶しました。あまりにきれいなメルセデスが展示されていたので、感激しました。この色の車、大好きです。私は視力を悪くして、8年くらい前に車の運転をやめ、可愛い愛車とも別れました。遍路を始めてから、日頃も歩かないと。。と、電車と徒歩で、以来過ごしています。でも、車を見るのは好きです。人の乗っている車でなく、人の乗っていない車を見るのが好きです。乗ってる人を見て、いい車にマッチしてなくって、車がかわいそうになることが少なくないからです。外に出たら、すっかり夜が深まってました。かつて夜の六本木を取材することから、ライターとして私はスタートしました。嬉しいことがあっても、辛いことがあっても、夜の六本木に行き、ネオンシャワーの下を歩いて喜んだり、泣いたりしていました。だから夜の六本木は今の私にも元気や輝きをくれます。パワーを貰って、これから歌舞伎町です。いいネタを拾えるといいのですが。。この歌舞伎町も、私を素にしてくれる大事な街です。

吉原遊女の供養

d0339676_11271729.jpg

関東大震災で亡くなった吉原遊女の供養に行きました。月一回で14年間供養をさせていただいています。今日も35度。炎天下での供養ですから、暑いのが好きな私でも、やっぱり暑かったです。でも時々風が吹いてくれるので、それが嬉しくて嬉しくて。風に黒衣の袖の中に入って貰おうと、合掌したまま腕を少し上げて、袖の入り口を広げてみるのですが、風はそこまでは入ってくれません。夏の黒衣を用意し忘れ、春・秋・冬用の黒衣ですから、サウナ状態です。真夏の遍路の方が、長時間だし、歩き疲れはあるし、もっともっと大変なのに、辛さを忘れ、目先の今の辛さに、わーわーしていて、だめですね。世俗的まみれで。今日、若い僧侶が私服でお参りに来られていました。お花も生けてくださいました。この場所が多くの人に知れ、お参りしていただけることは、遊女にとって、とても嬉しいことだと思います。

講演・社会を明るくする運動強調月間旭区民大会

d0339676_11271778.jpg

大阪市旭区の社会を明るくする運動 強調月間 旭区民大会で、「ティーンからのメッセージ」~知ってもらいたい。子どもたちのこと~というテーマで、お話をさせていただきました。旭地区の保護司会の先生方が主催です。旭区は犯罪が少ない区だそうです。保護司の先生は38名で現在、保護観察が35件、うち70%近くが少年犯罪だそうです。でも人情厚い昔からの町だそうで、地域みんなが頑張れば、子どもたちを救えるのではないかと思いました。もっと大切なのは大人教育です。マスコミの影響も強いと思います。マスコミは学校を責めますが、まず家庭です。生まれてからすぐ学校に行きません。学校に入学してからも家ですごす時間は長いです。いじめが起こると、マスコミは学校を責め、また説明会で、いじめられた子の親が、他の親に「気づけなかったんですか?」と責められてたのをテレビを通じて、その時の録音が報道されたりします。もし、いじめた子の親がマスコミに取り上げられるようになれば、今まで我が子が人をいじめていることに無関心だ
った親も、子どもと対話したり、いじめをやめさせようと努力されるようになるのではないでしょうか。まずは家庭から。暴力暴言のない明るく優しく、コミュニケーションの取れる家庭作りが、大切と思います。子どもは大人の背中も見ていますから。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.