ウチの娘・ジュリアーナ

d0339676_11273638.jpg

今朝、フロリダに住む娘が「知らせたいことがあるの」と、もごもごしながら電話をしてきました。「いいニュース?」と聞くと、「とてもいいニュースだけど、どう言葉に表したらいいか判らない」「結婚したの?」「結婚はいずれするからいいんだけど、それより私、妊娠したの!」凄く嬉しそうに、優しい口調で言いました。「おめでとう!」と私は言いながら、(彼女は子供が大好きだから、妊娠したことが、まず嬉しいんだ。。アメリカの女性って面白いな。)と私は客観的に見つめていました。私は、妊娠した時から出産一週間前まで悪阻に苦しみ、さらに血液が子供にうまく行ってないと判り緊急手術。その後、耳が聞こえなくなるかもと宣告されたり。。でも無事に24歳になりました。アメリカでは十代ママが多いので、それだけはダメと言ってたのです。「よく十代で出産しないでくれました」なんて私が言って「もう24よ」と言われてる。「23じゃなかったっけ?」と言ってまた笑われて。彼女が生まれた時、肌の色の違う子ってどんなかなと、客観的でした
。英語を喋るようになり、尊敬が始まりました。手術で生まれ、シュミラックという缶詰めミルクで育ったので、私はずっと子供でなく人として接してきたようです。今突然、娘が私のお姉さんになった気分です。「彼(同居してる)が指輪を買いに行かなくっちゃと言ってる」「男の子みたい。超音波の写真送るわ」(送られてもよく私わからないけど)初めての経験は、こんな調子で、始まりました。私、作家の目で見てる。。また日本人とアメリカ人の違いを見つけてる。。そんなことを考えながら、私の後、お母さんが二回変わった彼女だからこそ、大切に家庭を築いていくだろうなと、またまた尊敬している私でした。

遍路・65番札所・三角寺

d0339676_11273613.jpg

愛媛県最後の札所・三角寺に登って行く途中の道から、三島の町を写しました。三角寺って、三角の池があり、その池には弁財天様がいらっしゃるのです。町から約八キロずっとずっと登り坂です。いくつも行き方があり、かつて3度、それぞれ違う道の降り方をして、大迷いして、すごい遠回りをしました。そういう時、助けて下さるのが、地元の方々です。大人だけでなく、高校生の男女たち、小学生の男子女子。。もいました。愛想はあまりよくないのですが、聞けば親切に教えて下さったり、途中まで一緒に歩いてくれたり、迷いに迷って、いい加減頭に来ている私の熱を下げて下さいました。自分で愚かと解っているのですが、道に迷って、へとへとになり、時間も追っかけて来て、行けども行けども、目的の道に出会えなかったり、分岐点が出てきて、左に五分くらい歩いて、違うんじゃないかと戻って右に行って、五分くらい歩いて、やっぱり左かなと戻ったり。そんな時、地図が悪いんだとか、最初に聞いた人が、解りにくい言い方をするからだとか人のせいにして、自分は大棚の
上に乗っかってます。日頃、人のせいにしてはダメ、因縁と言って、自分も原因を作っているなんて法話をしてるのに、呆れてしまいます。迷った後、やっと正しい道に戻れて、ようやく愚かさに気づいて反省です。不思議ですね。迷う札所は、何回も迷います。未だに迷いやすい道が四国1400キロの中にいくつもあります。でも迷っている時、教えられることが必ずあるので、意味あって迷わされているのでしょう。ちなみに今日は迷いませんでした。

遍路・MARUBUN・小松本店

d0339676_11273704.jpg

四国88ヵ所霊場なのに四国88ヵ所霊場会に入っていないという62番札所・宝寿寺(ここのみ納経は午前8時から。正午から13時まで昼休み)のすぐ近く、JR伊予小松駅前に、ものすごく美味しいイタリアレストラン・MARUBUNさんがあります。たまたま入ってみたら美味で、明るくてビックリ!ランチもアラカルトも、気取ってなくて、とても美味しくて、カウンターの中で、作って下さいます。愛媛県小松市を歩く度、毎年寄らせていただいて、はや何年でしょうか。覚えてないくらい。この地域は3か寺が、わりとくっついているため、いつも歩き疲れから、ミルクティーをおかわりしています。四国の中で、是非とも寄りたいカフェやレストラン、お店、絶対泊まりたいホテルなどが、いつの間にかできていて、そこで過ごす時間まで、何時何分から何時何分までと、綿密な私の遍路スケジュールの中に毎回組み込んでいます。もっともっと、そういうお店が増えたらいいな。。と思い、歩いてます。全く知らない土地に飛び込みで入るって、ちょっと勇
気がいることですが、いい結果になった時は、とっても嬉しいです。私自身も、そういうリクエストされる人物に近づかなければ。。でも、こっちの方は、新しい素敵なお店を見つけるより難しそうです。今日は、本当に遍路日和でした。