琴平山奥の院・山行(やまぎょう)

d0339676_11270837.jpg

琴平山(こんぴらさん)の神様は、毎回、水行の時に西に現れて私を守って下さっているのです。毎年遍路の結願の後か、新しく遍路を始める前かに伺います。今日は雨。しかも本殿前の一気階段から雨が強くなり、暗くなって、奥の院まで行きたい私の心を揺らします。本殿でお参りをすませ、奥の院まで一キロの階段や坂を上るのですが、どんどん雨は強く、辺りは暗く、霧も深く、人はいないし、おまけに「イノシンが出没するから注意」の看板まで。こんなに暗かったら無理かも。。私の心を雨が惑わします。(でも、これは試されているのよ、私が行をすると、いつも行きは雨や霧で暗くて孤独で、帰りは明るいじゃない)と、グショグショになりながら、どしゃ降りの中進みます。やっと中間地点の山の神様、おおやまずみの神様まできて、霧と雨はもっと激しく。。でも奥の院まで行けました。奥の院だけは穏やかで、まさに聖地で、光っていました。写真は、お参りをすませ、少し降りた階段からです。奥社は鳥居のさらに先にあります。帰りは、行きよりず
っと明るくて、雨も止みそうでした。本殿に戻り、いつも水行の時現れて、水の中、北を守って下さっている、すさのおのみことさまのお嬢様、いちきしまの姫のみこと様にお参りし、去りがたくて長居をしてしまいました。琴電琴平の駅まであと少しのとこで、また雷でどしゃ降り。雨女なので仕方ありませんが、明日からの二日間の遍路も、大雨と一緒に回ることになりそうです。

ミルクティー・帝国ホテルプラザ

d0339676_11270983.jpg

帝国ホテルプラザの4階のカフェドミニックは、大昔、ロイヤルコペンハーゲンのお店でした。その頃から頻繁にお茶をしていて、その後、名前が変わり変わり働いている人が変わり変わり。。で、遠退いた時期も時々ありましたが、美味しさと、丁寧なサービスは変わっていません。この焼き卵とエビのサンドイッチ、昔からあって、凄い凄い美味しいんです。ここはわりとすいていて穴場です。知らない人も多いです。サービスが行き届いていて、手が汚れる前におしぼりの替えがでてきたり、紅茶のお代わりが出てきたり。。少し値段は高いですが、マリアージュ・フレールくらいです。そして同じように、まろやかで美味です。時間があまりなかったので、十分に堪能はできず、今日はちょっと心残り。また行き直ししなくては。。明日は、香川県琴平山に登拝行です。おそらく雨。でも奥の院まで行きます。明後日2日からは、つなぎ歩き遍路8回めを始めます。金比羅山には、資生堂パーラーがあります!お勧め!必ず行きます。資生堂と金比羅山のコラボで作ったあぶらとり紙とコロ
ン「琴娘」が凄く良くて、毎回買います。これが楽しみです。

巣鴨のとげぬき地蔵様・高岩寺さん

d0339676_11270950.jpg

巣鴨のとげぬき地蔵様の所に行ってきました。平日ですが、すごい賑わいでした。とげぬき地蔵様には、確かロケと取材で巣鴨に行って以来かと思います。私が道の真ん中で撮影していたら、さすが通る車も優しい。撮り終わるまで、黙って止まって待っていて下さいました。観光地化されているので、お客引きもしていて、優しいお店と、感じわるっていうお店と別れていました。やっぱり若い人より年齢が上の人の方が多かったです。一生懸命拝んでいらっしゃる人がたくさんいらして、高野山の奥の院に来られる熱心な信者さんたちを思い出していました。とげぬき地蔵様のお名前ばかり有名ですが、高岩寺さんというお寺です。せっかくなので、お土産を買いたかったのですが、紙袋はないと言われ、レジ袋であちこち仕事場にはいけないからと、諦めました。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.