新青森駅

新青森駅_d0339676_11281090.jpg

聞いていた以上の雪に迎えられました。ホテル青森の前は、新青森駅前より、もっと雪かきした雪が積まれてましたが、そこまで写真を撮りに行ったら滑りそうなので、やめておきました。明日は午前中、マイナス三度と予報が出ています。今日、東京は20度。新青森駅で降りたら2度でした。雨が降ってますが、これから雪になるそうです。しかも今、稲妻が!昼間、都内を真冬のコートを持って歩くのは少し抵抗ありましたが、真冬のコートを持ってきて正解でした。地元の方々は雪で大変と聞きました。明日の「あおもりいのちの電話」の講演(アピオあおもり・13時半開演・青森市中央3ー17ー1)も、実は雪のせいで、開催中止を検討されたこともあったそうです。でも私は、もう12月まで会えないと思っていた雪に再会できて、凄く嬉しくて、疲れやストレスがぶっ飛んじゃいました。新幹線の中はひどすぎました。花粉症の人は、マスクしてるのですが、あちこちで、大きなくしゃみや咳で、びくっ!びくっ!と、体がびっくりしっぱなしです。なんだか、こんな
に大変とアピールしてるみたい。そして、風邪やインフルエンザっぽい人は、マスクをしてないんです。「花粉症じゃないからマスクしなくていいの」なんて会話さえ、咳をしながら聞こえて来ましたが、かぜで咳込んでる人は、マスクなしの咳し放題。感染して命を亡くす人だっているのに。。思いやりに欠ける人が、どんどん増えて行く気がします。でも、今に今、始まったことではないんですね。弘法大師空海は、酔っぱらいは、お酒を飲まない人を笑うと、おっしゃっています。人を思いやる人がいなくならないように、やっぱり思いやりを自分は持ち続けなければ。。損なことの多い世の中ですが。ホテル青森の「みちのく」で、海鮮料理をめいっぱいいただき、上機嫌になりました。

ミルクティー・サロン・ド・テ・ベルナルド・リーガロイヤルホテル大阪

ミルクティー・サロン・ド・テ・ベルナルド・リーガロイヤルホテル大阪_d0339676_11281000.jpg

オープン以来、ちょこちょこと、ボーッとしに来ています。今日も、薄めのアッサムB.O.Pをセヴィーユというカップでいただきました。ここは好きなカップを選ばせて貰えるのです。なんだかとってもゴージャスな気分。アッサムは、とってもまろやかで、これは自分で煎れそうもないなと、悔しいですが先負です。私は、作家という人と比べようのない職業につけたため、闘争心というものがあまりありません。テレビの仕事では、多くの出演者たちが、笑いながら、物凄い闘争心を剥き出しにしてくるので、引いてしまいます。だから利用されちゃったり、被害を受けることがあるのですが、私はいつも「絶対、一番にならないでおこう」と、思ってきました。富士山って日本で一番高く有名ですよね?何度も登らせて貰いましたが、感激感激の素晴らしい霊山です。じゃ二番目に高い山は?御岳山(おんたけさん)かしら?二番目は、そういう存在なんです。ピリピリしてなくて、能力以上に無理して頑張らなくて良くて、マイペースで、一番の後について行けばいいのです
から、居心地良さそうではありませんか。その場その場で、いち早く自分の役割を察知し、それをやり遂げるって大事なことだと思います。会社でも、経営者がいて、会社員がいます。自分が、どちらに向いているか、見つめて理解できたら、それに向かって歩いていくことが大切ではないかと思います。なぜ、私はこの世に生まれたの?わからなければ、人を喜ばせることをしなさいと、弘法大師空海はおっしゃいます。あなたによって、人が喜び、その笑顔を見ることができたら、きっとなにか感じられることでしょう。
明日は青森。東京の最高気温が20度、青森市は7度と予報が出ています。明後日は最高気温が2度!

講演・国際ソロプチミスト岐阜

講演・国際ソロプチミスト岐阜_d0339676_11281198.jpg

国際ソロプチミスト岐阜ー職業に携わる女性による世界的組織の奉仕団体による岐阜でのチャリティー講演会で、「自分らしく生きるためにー少女たちに夢と希望をー」という講演をさせていただきました。きれいな会員の女性ばかりで、びっくりしました。岐阜は美女が多いのでしょうか?岐阜には、女性の笠松刑務所があり、国際ソロプチミスト岐阜の皆さんは、笠松刑務所にも、お力を注いでいらっしゃるそうです。私も取材見学に、また身元引き受け人をしていたとき、面会に行ったこともあります。今日は、私が一年間毎週通った女の子の少年院での話を中心にさせていただきました。家に居場所がないと思った子供が外に居場所を求めます。そこに子供達を狙った悪い大人の男達が近づいてきます。その男達は話をいっぱい聞いてくれます。だから少女たちは、心が傾きます。だって、親も先生も話を聞いてくれないのですから。子供たちが悪いのではありません。まず家庭です。今の子供達は、大人に気遣いして、心配かけまいと、なかなか大切な話をしてくれません。何かあれば話
してくれると、受け身でなく、親がお子さんのことをよく見ていて、ストレスサインを逃さず、話かけること、聞いてあげやすい状態を作ることが大切だと思います。マスコミは学校ばかり責めます。でも大切なのは家庭です。いい子のふりしてないか、心配かけまいと、一人で頑張りすぎてないか、よく見ていてあげて下さい。同じことは職場でもあると思います。一緒に働いている人が、実は、とても悩み苦しんでいるかもしれません。遠くから見ていてあげるのも優しさの一つですが、「おせっかい」と、言われようとも、声をかけてあげて相手に心を開いて貰おうとするのも、大事な優しさだと私は思います。すぐそばで、世話をやかれたり、見守って貰えたら、「一人じゃない」と、感じられ、本当は嬉しいのです。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.