ミルクティ・大丸梅田店カフェラ

d0339676_11281681.jpg

大丸梅田店がきれいになってから、陽光の入ってくる四階のカフェラが気に入ってます。土日は大変な混みようですが、平日は読書しながらお茶を楽しめます。ミルクティも、私の好み通りに、渋みを出さず、かつ薄めで、笑顔と共にサービスしてくれます。食事やデザートもいろいろあります。写真の春のスウィーツを頼むと、おまけの引換券をくれます。三枚集めると、缶に入ったキャンディをくれます。2月末まで、なくなり次第おしまいとのことで、こういうものや、スタンプカードは、一旦貰ったら集めないと気がすまない性格ですから、当然、三枚集めて、キャンディ缶を貰いました。中味はどれも同じと言われたので、三種類の缶柄(どれも私の好みではなかったけれど)から選んで、ちょっと嬉しい気持ちで、家で開けました。
。。。。「これだけ?」独り言を言わない私が、言ってしまって、独り言を言ったことにまずびっくり!次に、缶の底の一部にあったイチゴラップの小さなチョコ5個にびっくり!。。。。食べたら、子供のイチゴチョコの味がしました。せっかく貰ったし、でも私の好みの缶じゃないし、どうしようと困りながら結局、何かに使えるかもと、食器棚の奥にしまいました。朝、お腹が空いてて、イチゴチョコを食べたら、意外に美味しく感じられて、残りの4個を食べちゃいました。3月からは、また違うキャンディ缶のプレゼントがあるそうで。。文句言いながらも、スタンプやカード集めの好きな私は、きっとまた通うに決まってます。どんなチョコと缶を貰えるかは、あえて写真でご紹介するのはやめておきますね。だって楽しみを奪っちゃいますから。

ネコ・お誕生日天ちゃん

d0339676_11281653.jpg

天ちゃん(あほちん)が、四歳になりました。四年間、本当によく食べ、悪いことをいっぱいして、怒られました。でも本当に元気な子です。お誕生日天ちゃんのいいショットをと、朝からずっと狙っていたのですが、遊び回ってるし、へんな顔しかしないので、なかなか撮れません。おまけに、手で触り合っこしてたら、私の指に爪が引っ掛かって血ぃ出るし。。ベンガルは野性的なので、天ちゃんの爪は、ネコと思えないくらい逞しいです。朝から何度もトイレに入って水を流して遊んで、その度、怒られ、すこすこと逃げて、お誕生日でも、ろくなことをしてくれません。いつも私にくっついて歩いてますが、そうでない時は、私をずーっと見つめて見守ってくれています。そしてゴロゴロしてる。「あなたが嬉しいと、皆が嬉しいのよ」と言って抱き締めてあげます。体だけは八キロ近くあって大の大人なのに、まだまだお子ちゃまのままです。だから賢くて、お坊っちゃまの空ちゃんが、話が合わず時々ストレスを貯めるのも無理ありません。でも、あほちんなほど手がかかる
ので、また何かしでかしてないかと、目がまず行ってしまうのです。天ちゃんは、ネコなのに、きれい好きでなく、汚い好き。体もあまり舐めないし、他の子がトイレをすると、喜んでその上にトイレをするようなヤツです。それを見て私がわあわあ言うので、喜んでると自己解釈している天ちゃんは、もっと汚いことをしてくれます。ちなみに天ちゃんは一切、お尻を自分できれいにしません。他の子のお尻はきれいだから、舐めたりしてますが、自分のは汚いから、自分でも嫌なのでしょう。多くのネコを育ててきましたが、こういうネコちん、初めてです。

講演・伊予市

d0339676_11281754.jpg

「こころとからだの健康フォーラムinいよし」 の自殺予防講演会で、お話をさせていただきました。心と体はつながっています。かつて私は、マスコミのバッシングを受け続けたことがあります。その時、人が手のひらを返すように、一瞬で去って行き、信じてた人々までにも、疑われ去られてしまいました。なぜ、ないことばかり書かれて潰そうとするんだろう、もう生きるのが辛すぎると、絶望的な気持ちでした。朝が特に辛くて、私一人取り残されている気持ちになり、わめいて叫んでいました。朝なんか、二度と来なければいい!なんて思いながら。でも、ある時、やっと気がつきました。「心と体はつながっている。心がこんなに痛んでいたら、体まで病気になって本当に潰れてしまう」と。それで私は以前、時々していたジョギングを始めました。あえて長い距離を決めて、深夜に一人で走り続けました。食事が喉を通らず、食べていなかったので体力がなく、最初は大変でした。それでも、(頑張れ!私は負けない。頑張れ!)と、自分を励まし、タッタッタと
自分の足音を聞きながら走り続けました。誰が認めてくれるわけでもない、途中で止めても、誰にも責められない、でも私は自分に正直に、今日の目標までは完走しよう。。体をいっぱい使うと、疲れて眠れます。食欲も出てきます。やがて体が少しずつ、強く健康になって行きました。すると体が心を引っ張ってくれて、ボロボロだった心も少しずつ立ち直って行ったのです。そうして、私は、ひたすら書き続けました。心と体はつながっています。辛くてもあえて、前に一歩出ることが大切です。頑張ろう、頑張りたいと前向きになれると、人が応援をしてくれます。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.