<   2019年 11月 ( 40 )   > この月の画像一覧

水行(すいぎょう)

水行(すいぎょう)_d0339676_10423183.jpg
昨夜、午後10時半すぎの行場近くの海です。干潮から1時間ほど経ちました。いつもホテルから行場までタクシーで行きます。昨夜タクシーから下りたのが午後10時10分。少しの差で行を始めていた人たちがいらしたので(これから1時間寒空の下で冷たいなあ)と、気温8℃の下でずっと待っていました。ところが昨夜に限って前の人たちが、着替え時間も含めて(他の人は違いますが、私は前の人たちが完全に撤去するまで行場に入らないでいます)1時間半かかったのです。そのあと行をして。。行場から出たのと、切迫した心配顔でタクシー会社の人がやって来たのと同時でした。「いつも1時間くらいで電話くれるのに、2時間経っても電話がこないから、何かあったのではと皆が心配してね、見に来たんだ。ああ、よかった!海だからねえ。タクシー使わないでホテルに帰ったかもと、ホテルにも問い合わせたんだ!」私は1時間半待った事情を説明し、次からはこういう時、電話をしますと、優しさにびっくりと感激しながら言いました。ホテルの人のほっとしたお顔といい。。でも、とても嬉しかったです。真剣に心配して下さるヒトたちに支えられて、私は行をさせていただいているのだと、再認識いたしました。ありがとうございました。

出雲大社(島根県)

出雲大社(島根県)_d0339676_12531776.jpg
松江市まで来たのですから、出雲大社にお参りしないで帰るわけにはいきません。私がご縁をいただいた龍神様たちの赤ちゃんは、出雲の出なのです。はたしてまた雨。禊払い(みそぎばらい)の雨を受けながら神殿に向かいます。お会いしたいのは、本殿後ろの素盞嗚尊(すさのおのみこと)様。日本酒がお好きなので、いつも大社正門前から細い道の住宅街を10分ほど歩いた先の酒屋さんに行くのに、閉まっていたのです!仕方なくコンビニで山田錦を買い、のしなしで納めました。写真は「ムスビの神像」。神様でなく、神像なので撮影ができました。

講演・しまね人権フェスティバル2019(松江市島根県)

講演・しまね人権フェスティバル2019(松江市島根県)_d0339676_17535508.jpg
島根県民会館で「しまね人権フェスティバル2019」が開かれ「一緒に生きて行きましょう〜生きるということ〜」というテーマで、お話をさせていただきました。島根県の人権フェスティバルって、USJみたいに凄いんです。ステージイベントでは、日本太鼓のステージや仮装コンサート、ダンスユニットのステージなど次々と老若男女が参画されているし、ホール2階では、28のブースで人権について学びのプロジェクトが、催されているし、飲食の出店もあり、みんなが、それぞれの見方で人権フェスティバルに参加されているのです。感激いたしました!

講演・ウーマンフェスティバル in 米原

講演・ウーマンフェスティバル in 米原_d0339676_16042259.jpg
米原市人権教育センターで「ウーマンフェスティバル in 米原」が開かれ、「自分らしく生きるために〜家田からのエール」というテーマで、一歩前に出ていただけるよう、人にさらなる思いやりを持って貰えるよう、お話しをさせていただきました。会場の一階では、マルシェが開かれ、手作り雑貨屋さんや、手作りお菓子屋さんなど、大盛況でした。写真は米原市人権総合センターさん・米原市男女共同参画センターさんで働く笑顔がステキな皆さんです。

クレベリン くまのぷーさん柄

クレベリン くまのぷーさん柄_d0339676_13103426.jpg
インフルエンザが、凄い流行ってるとのこと、新幹線の中も咳だらけ。なのに皆マスクをしていません。私は年中、予防のためにマスクをしていますが、咳をしまくりの人がマスクをしてくれなくては感染しちゃいます。今年も、インフルエンザや風邪のウィルスから守って貰えるよう、クレベリンのお世話になっています。いつもと違うのは、クレベリンに、くまのぷーさん柄と、ミッキ ーマウス柄が出たことです。私は羽生結弦さんの大ファンですから、くまのぷーさん柄です。米原へ行く新幹線の中で、クレベリンぷーさんを写しました。

講演のお知らせ・11月17日日曜日・島根県松江市

講演のお知らせ・11月17日日曜日・島根県松江市_d0339676_23042532.jpg
11月17日日曜日、「しまね人権フェスティバル2019」が、島根県民会館(松江市殿町158)で開かれます。わたしは「人権を考える市民のつどい」で14時10分より講演をさせていただきます。テーマは「一緒に生きて行きましょう〜生きるということ〜」です。手話通訳、要約筆記もあります。講演終了後、書籍販売とサイン会もあります。講演以外に、朝からいろんなイベントも行われています。ぜひお越し下さい

つるとんたん(大丸梅田店)と、うどん県の最悪うどん

つるとんたん(大丸梅田店)と、うどん県の最悪うどん_d0339676_15533121.jpg
つるとんたん(大丸梅田店)のきつぬうどんに、卵とじをトッピングしてもらいました。キタのつるとんたんは、今時、分煙さえしてないので行きたくても行けません。実は遍路2日間、香川のうどん県にいながら、うどん運がありませんでした。初日、私が遍路を始めた13年より前から続いてる店に初めて入った途端、大後悔!テーブルをアルコールティッシュ2枚使ってもきれいにならず、うどんを乗せてきたトレイも汚れがこびりつき、最悪は割り箸!箸立ての割り箸、何年ここにいるかな?と、こっそりウィルス除去スプレーをしたけど割り箸が臭い!白峯寺前の坂出市観光協会のカフェで、おうどんの食べ直しをしたのは、あまりに前のお店が不潔で、体に申し訳なくて。。昨日は、毎年行ってた喫茶店が食事をやめて、すぐ横の温泉の中で食べれるというので行って、きつねうどんを頼んだら。。(なにこれ!)ほうとうのまずいのをグチャっと潰したような、でも一部だけ硬いうどん。両日、うどん県の誇れるうどんなんかじゃありません。だからリベンジで、今日は、つるとんたんでお口直しです。

遍路・75番札所 善通寺(善通寺市香川県)

遍路・75番札所 善通寺(善通寺市香川県)_d0339676_20562416.jpg
75番札所 善通寺(善通寺市香川県)の大師堂から山門の方を写しました。こちらで弘法大師空海は、お生まれになりました。今日の遍路はここまで。今日もよく歩きました、距離というよりスピードです。歩き出すと、ついついスピードが出てしまいます。普通に歩くことが私にとっては楽しているような気持ちが生まれ、急ぐ必要ないのに時速6キロで歩いてしまいます。疲労骨折してるのに。。最近は、競歩に適したシューズを履こうかと真剣に考えています。

遍路・74番札所 甲山寺(善通寺市香川県)

遍路・74番札所 甲山寺(善通寺市香川県)_d0339676_20293897.jpg
73番札所 出釈迦寺(しゅっしゃかじ)さんを出て、74番札所甲山寺(善通寺市香川県)に着くまでに雨が降り出すことがとても多いのです。ところが、今日は大丈夫でした!午後3時をすぎたら冷えてきました。歩いているとすぐに体が暖かくなります。でもお参りしてじっとしていると、すぐに寒さが体に響きます。

遍路・73番地札所 出釈迦寺(しゅっしゃかじ・善通寺市)

遍路・73番地札所 出釈迦寺(しゅっしゃかじ・善通寺市)_d0339676_19113812.jpg
73番札所出釈迦寺(しゅっしゃかじ・善通寺市香川県)さんに、四国88ヶ所霊場会公認先達さんたちがお越し下さいました。紫の作務衣を着ていらっしゃる女性が、73番札所 出釈迦寺さんのご住職です。影は副ご住職です。弘法大師空海がまだ真魚(まお)さまというお名前だった7歳の時、出釈迦寺さんの奥の院・捨身ヶ嶽禅定から身を捨てる行をされました。天女に救われ、以来、人を救いたい!と、不退転(目標に向かってまっしぐら)で人生を歩まれることになります。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.