<   2019年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ねこ・空(くう)ちゃんと、サクランボ

d0339676_15033433.jpg
空ちゃんの大好きな季節がやってきました。大丸東京店地下のフルーツ売り場で、セールをしていたサクランボをハグハグと食べています。空ちゃんは、サクランボが大好きなのです。大丸東京店のフルーツ売り場のセールは、とてもお値打ちです。同じ大丸でも、梅田店や心斎橋店は、賞味ギリギリでセールに出しますが、東京店は賞味ギリギリの3日前くらいのをセールに出しちゃうのです。いつも売れまくり!だから、いつ食べると美味しい?と、尋ねてから買います。

東京オリンピック ・オフィシャルTシャツ

d0339676_14515374.jpg
東京オリンピック オフィシャルショップで、TOKYO 2020のTシャツを買いました。向かって左は、日本製。高いだけあってモノが、すごくいいです。右のザラザラした黄色いTシャツは、中国製。値段は、たくさんあるTシャツの中で、1番安いです。東京オリンピック オフィシャルショップでしか買えません。

ねこ・海(かい)ちゃんと、ワクチン注射

d0339676_18372543.jpg
年に1度のワクチン注射。パパ、怖いわ。。
(海ちゃんは、注射しても、泣きもせず、動かず、いつもおりこうさんです。)

ねこ・糖尿病ケトアシドーシスの天ちゃん

d0339676_18290659.jpg
今日は定期診察の日や。先生が今日、わいに何するつもりか、耳そばだてて聞いとるとこや。母ちゃんが、わいの毛皮の色が薄うなったと、先生に聞いたら、病気のせいやて。しゃあないな。けど、体重増えとったから、今日は検査なしや!

講演・JAみやぎ様レディースセミナー

d0339676_15402350.jpg
仙台市で、「JAみやぎ レディースセミナー」が開かれ「花を咲かせましょう〜今こそあなたらしい、あなたの生き方を〜」というテーマで、お話をさせていただきました。とても元気なJAメンバーの皆様です。被災地の方々も来られていました。前に仙台市内の学校で講演をさせていただきました。その学校が卒業式を終えて、生徒さんが退出した直後に東日本大震災が起こりました。建物の一部が崩壊しましたが、生徒さんたちは危機一髪で無事だったと、先生からお聞きしました。震災前のその学校での講演以来の仙台市での講演でした。私たちは、作物を作る方々がいらっしゃるから、命をいただけています。人は助け助けられて命を繋いでいます。

吉原遊女の供養

d0339676_01160582.jpg
昨夕の強い雨の中での吉原遊女の供養で、傘をさしながら読経したり仏具を使わなくていいよう、地元の方々が温かい協力をして下さっていました。1923年関東大震災のあった時、ここは池でした。500人以上の遊女が火災から逃れるため飛び込み亡くなりました。その池がほんの少し残っています。その池掃除(下座行)をずっとされて下さっているのぼるさんが、ブルーシートを屋根代わりに敷いて下さいました。経本や蝋燭などを入れておけるビニール袋を向かいの喫茶店・鈴乃音のママが用意をして下さっていました。20年前、1人で始めた吉原遊女の供養ですが、今ではこうして助けられ、支えて貰いながら続けさせていただいているのです。

吉原遊女の供養

d0339676_19141739.jpg
関東大震災で亡くなった吉原遊女の供養に来ました。毎月供養させていただくこと、今年で20年です。これまで雨の日もありましたが、未だかつてない雨量と風!しかも気温17℃!供養させていただく場所が水たまりどころか池になってしまいました。この水たまりの先に線香立てがあり、バシャバシャ入って行かないといけないので、寒いですが、足袋も脱ぎました。でも今回の激しい雨は、ここには必要な雨でした。何人も男性が成仏してくれたのです。見慣れた場所が、とても澄んで輝き美しくなり、「きれい。。」と、思わずつぶやいていました。顔が無意識に笑顔になってしまうのです。命を感じました。まさしく恵の雨でした。

娘の長女・ハローキティメイク

d0339676_15264440.jpg
うちのチビ(娘・生まれた時、1740グラムだったため、今もアメリカでこのニックネームです。)の長女です。アメリカって、こんな粋な「ハローキティちゃん」遊びをしてくれるんですね。着ているのはプレ・スクール(幼稚園かな?)の制服です。私は1999年より耳の病気で飛行機に乗れず、日本から出られないのです。1度も会ったことのない、そしてこれからも会えないであろう「sayuri 」です。

豪雨の中の水行(すいぎょう)

d0339676_10370425.jpg
これは昨夜19時半、ホテル前の海です。というのは今朝3時半から豪雨になり、撮影どころか、前も足元も見えない状態での水行になったからです。こういう階段、行場は石段ですが、それを降りて海に入ります。ところが足元が豪雨で白くなって見えないのです。そういう中、結界を作り海にお供えしたものの、雷光が始まり、すぐに結界を切って階段を上がり、本殿の小さな屋根下に避難して、終わりとお礼の挨拶。豪雨の中で、外の神様にもご挨拶。でも、やっぱりこれでは終われないと、本殿前で、白くて見えない景色を見て待機してました。雨の勢いが少し弱まった時(といっても凄い雨。目を凝らすと海がや階段が見える程度)あわてて階段から海に入り、結界を作り直し行を始めました。雨がどんどん強くなり、短い行にさせていただきましたが、無事終えることができました。と同時にまた豪雨と稲光!かつて経験したことのない豪雨の水行でした。とても禊がれましたが、この雨、東に向かっているんですよね。。1時間に30から50ミリ!お気をつけ下さい。

水行(すいぎょう)

d0339676_23510574.jpg
凄い雨になりました。雷が鳴り始め、迷ったのですが、予定通りの時間・21時半に行場の海に行きました。満潮1時間前、水位は高く、波の流れは素早く、波の高さはレベル7。それに激しい雨。ところが行を始めたら小降りにしてくれました。みそぎ祓いの有難い雨です。そして行が終わった途端、またザーッと激しい雨が始まりました。鳥居から先は傘がさせないため、使い捨てカッパを着ています。どなたも来ないからいいですが、もし私の姿を見たら、笑うか、びっくりして逃げ出すことでしょう。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.