<   2014年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

水行(すいぎょう)

d0339676_11254996.jpg

2014年12月31日、今年最後の水行を今朝3時すぎに納めさせていただきました。写真は宿泊しているホテル近くの海ですが、行場の海から2キロ近く離れています。今朝は、海がとても静かでした。船が通ると、高い波がグイグイ迫ってきてドーンと音をたてて岸にぶつかるのですが、なぜか静かに感じられるのです。厳か(おごそか)というか、荘厳というか、凛としているというか。。まさに今年最後の行納めを自覚させる行場の様子でした。今年も水行で始まり、水行で終えられました。冷たい海に入っていても、激しい寒さを感じないで行をすることができました。でも、指は相変わらず軽い凍傷で痺れているということは、やはり冷たかったのでしょう。。地震、噴火など、この国の地盤のことを最後の最後まで祈らせていただきました。来年も水行で始まり水行で終われますように。。神々様に、よいお年をお迎え下さいますよう、ご挨拶をして、去りがたいのですが行場をあとにしました。皆様も、さらに良いお年をお迎え下さいますように。。

ホテル・ANAクラウンプラザ新神戸

d0339676_11255078.jpg

水行に行く前に新神戸で、のぞみを途中下車しました。神様のお言葉を自動書記できる素敵なお友達にANAクラウンプラザ新神戸のラウンジで、お会いしました。とても忙しい女性ですが、2度も会えてとても嬉しいです。その女性の前に置かれているのが「ポム・ココ」ポムとはリンゴ、ココはココナッツという意味だそうです。私は乳製品絶ちをしているので、見るだけです。なんて綺麗なお菓子!そして、その女性は、会う度に綺麗になっているのです。その綺麗さですが、温かくてツヤツヤ輝いていて、「珠のような赤ちゃん」と言いますが、まさにその美しさです。だから私はポム・ココもお友達も、眺めているだけで、とっても嬉しいのです。このラウンジの焼きうどんは美味です。

その後、またのぞみに乗り水行場へ。気温は3度でしたが、私にとって今夜は、あまり冷たさが体に堪えない水行でした。1年のお礼行は感謝でいっぱい。寒すぎてでなく今夜は、お礼の気持ちいっぱいの涙が溢れてきました。大波風が次々と来た今年1年、それでも飄々(ひょうひょう)と前向きに生きる術を教わりました。ここぞ!という時に、大切な方たちが察知して手を差しのべて力を貸して下さいました。そういう大切なお礼行だったのです。

八坂神社・京都

d0339676_11255019.jpg

今日は、京都で、1年のお礼参りです。まず33間堂の28部衆の阿吽の阿の方の仁王様・ならえんけんご様、そして金比羅様に、それぞれ一升瓶のお供えを持参してお礼申し上げました。もともと私が、ファンキーで、お顔の小さい曲線美のセクシーな、ならえんけんご様に恋をしたことから仏道が開けて行ったのです。不思議なご縁ですが33間堂とは違う真言宗で私の僧侶としての道が開けたのも、これまた不思議なことであります。本当は、28部衆のカルラ様にもお供えしたいのですが、3升はとても持てなくて。さらに裏手にいらっしゃる役行者様へのお供えお酒を持参していますから。でも嬉しい手の痛さです。

その後、八坂神社へ行きました。自分の提灯を見てから、すさのおのみこと様にお礼を申し上げ、八坂神社内の悪王子神社、内宮外宮、龍神様。。。何十年と通い続けていて、疫神社に呼ばれたのは、去年のことです。山門の近くにありながら、それまでずっと意識することもなく通過していました。呼び止められて「なんでしょう?」と鳥居の中に入って行ったら疫神社!以来、しっかりお参りさせていただいています。京都は人で溢れています。今日の京都は、美しく晴れたり、霧雨がかすったりのいいお天気でした。

ヨガプラス学芸大学店

d0339676_11255029.jpg

今年最後のヨガレッスンを受けに行きました。今日は学芸大のスタジオです。学芸大の街は、いっぱいの人通りでした。激寒の中、水行をすると筋肉が、合掌している姿で固まってしまうのです。それと年賀状の宛名書きと重なり、肩が前に丸まってしまっていました。それを薄皮をはがすように先生が、きついポーズを次々と。。よくも途切れることなく、ポーズが出てくるものだと毎回感心と、きつさで「はあーっ」とため息ばかりです。でも1時間の個人レッスンを終えると、体がとても変わっています。あちこちが伸びて大きくなった感覚です。もともと私はちっちゃいので、背が伸びた感覚って、すごい変化なのです。それでも、今年あと2回、水行があるし、年明け早々からも水行が5回連続。。また固まってしまいます。でも大丈夫。7日にはもう次のヨガレッスンの予約が入ってますから。いろいろな方に助けられて、今年1年、だいぶ私の体が変わりました。

吉原遊女の供養

d0339676_11255065.jpg

今年一年、無事に毎月供養させていただけたお礼に、吉原の観音様の所に行きました。今日はとても綺麗な陽射しです。今年11月から毎月供養が15年目に入りました。来年もずっと続けさせていただけますように。。水行場と同じように、私には戻れる場所があります。そこが、毎月年中、水行をさせていただいている海であり、浅草近くの千束3丁目のここ、観音様のいらっしゃる場所です。戻れる場所があるから、私は頑張ってくることができたのだと思います。人は誰でも戻る場所があります。自分自身や子供に戻れる場所、真っ白な心に戻れる場所。。それがまだ見つかっていなければ、まずは家です。家や家族を見つめ、いいとこを探し受け入れ感謝することだと思います。来年も、淡々と変わることなく、でも愛情に溢れた供養をさせていただけるように務め、1人でも多くの遊女に成仏してもらいたいと願っています。

浜潮(はまちょう・愛知県半田市)

d0339676_11255030.jpg

今年の締めで、愛知県にお墓参りに行きました。「浜潮」さんは、私が小学生の時、よく食べに行った魚料理のとっても美味しいお店です。その頃は、調理場から客席全部が見えるくらいの普通サイズのお店でしたが、大繁盛で、私が愛知県を出たあと、場所も変わり、大きな大きなお店になりました。今日は、私が子供の時から大好きなカレイのイキのいいのを取り寄せて煮てくださいました。本当に美味で、テーブルに置かれた途端、パクついていたため、記念撮影をすっかり忘れていました。タコの煮物も天ぷらも、お刺身の盛り合わせも本当にネタが良くて、感激しながら、まさにあっと言う間にいただいていました。気がついたら、もう帰る時です。この魚たちは、お店を出る時に、大慌てで写しました。何十年と変わらない、いい味。いつ行っても変わらない丁寧で暖かいサービス。嬉しい食べ納めでした。

クリスマスイブ・ほたる町のアヒル

d0339676_11255093.jpg

街はクリスマス。私は坊主なので、普段と生活は変わりありません。毎年、クリスマスは遍路か水行をしてますが、今年は遍路も水行も直前にしてしまいました。今夜は、いつも予約でいっぱいのエステ・イービーエム(バリ)が、クリスマスイブで当然すいているので、施術を十分に受けてきました。歯医者さんにも行け、私にはメンテナンスのイブとなりました。朝日放送の前の玉江橋から、明日までしかいないアヒルを見てクリスマス気分を味わいました。朝日放送前では、クリスマスイベントをしているらしく、いろんな音が聞こえてきました。振り返ると、2度目のアメリカ人の夫には、雪の降るホワイトクリスマスイブにプロポーズされ、3度目の日本人の夫とは、クリスマスイブに離婚を決心しました。劇的なクリスマスイブもなかなか素敵ですが、何にも変わらないというクリスマスイブも、これまたいいものです。

水行(すいぎょう)

d0339676_11255189.jpg

昨夜22日の水行は、またまた厳しかったです。気温は5度。満潮ではないのに海位は、普段の満潮ほどありました。新月の冬至ですので寒くて暗く淋しい夜でした。22日の昼間、雪が少し降ったと、写真のホテルの総支配人が、チェックインの時に言ってらっしゃいました。昨夜は風がものすごく強くて、ツリーがワサッワサッと揺れていました。水行の間、強風が止んだと感じたのは、ほんの何秒かだけでした。その何秒かが、とても温かくさえ感じられました。波が容赦なく私の体に水をかけて行きました。

今朝の干潮が午前3時45分。前回、干潮を避けるために1時間前に行ったら海水が全くなかったため、今朝は干潮時間に行きました。やっぱり海底が干上がっていました。干潮だとさえぎるものがなく、これまた強風が体の芯まで震え上がらせるのです。干潮を利用して、今朝は龍神様たちに「山田錦」をいっぱいお供えしました。アルコールアレルギーの私は、匂いだけでふらふらくらくらしましたが。今朝は今年、お仕事をさせていただいたお礼行をしました。足先は、冷たさから昨夜の水行以来ずっと痛く、今もジンジン、クーッと痛みを我慢しています。手の指先も軽い凍傷で、足ほどではありませんがジンジン痺れています。それでも嬉しいのです、お行をできることが。

龍馬パスポート(高知県)

d0339676_11255127.jpg

高知県には龍馬パスポートがあります。スタンプの数によって、青→赤→ブロンズ→シルバー→ゴールド→殿堂と、ステージアップして行きます。私はステージ3のブロンズパスポートを持っています。ブロンズパスポートから、特典がより良くなるので、ちょっと自慢です。でもブロンズパスポートからシルバーパスポートにステージアップする条件が、かなり厳しく、全部で48スタンプ、うち宿泊が7泊(14スタンプ)、体験プログラムは1体験以上となっています。宿泊が一番簡単に沢山集められますが、上限は7泊。歩き遍路で、四国では特に時間に追われている私にとって、特に難しい条件は、体験です。シーカヤックや、塩の道ウォーキング、藁焼きカツオタタキ体験、はた織り体験など、この体験ができないているのが、ものすごく負担になっていました。でも、ボンドガールが、土佐和紙工芸村「くらうど」(いの町)に連れて行ってくれました。和紙体験実習館で紙漉き体験をしました。もうびっくり!こんなに楽しいなんて。。夢中で和紙ハガキ作り
をしていました。一生懸命遊んだのなんて、何年ぶりでしょう!和紙の上に草や花びらを置いて(こんなでセンスないな、私。。)と、少しがっくり来ていたのに、出来上がったら凄くいい!と感激しました。仕上げると見映えが変わるのです。ああ楽しかった。龍馬パスポートの申請は、龍馬パスポートで検索するか「とさてらす」へ。

遍路・45番札所岩屋寺(愛媛県)

d0339676_11255183.jpg

午前4時頃、凄い雨の音で起こされました。今日は高知のボンドガールと、NHK高知放送局「こうち情報いちばん」のキャスター・和田知子さんと、44番札所・大宝寺さんと、45番札所・岩屋寺さんに大雨の中、行きました。順番から行くと、来年2月の雪深い時に、岩屋寺さんに当たってしまうから春まで岩屋寺さんは待たないと行けないと、私が何かの流れで言った時、「じゃあ、30日にいきましょう!」と、ボンドガールが提案して下さったのです。久万(くま)高原は以前、3月後半に行ったのに積雪がすごく、しかも凍っていて歩き遍路には大変でした。去年も順番を替えて春に変更したのです。大雨のおかげで、凍っていた道路や雪が溶け、草木もきれいになりました。気温も少し上がり、高原で寒いはずなのに、昨日・一昨日のような震えることはありませんでした。今年もあと10日です。今年最後の遍路をとっても楽しく過ごさせていただきました。今年の修行はあと、孤独な深夜の水行が、合計4日残されています。それだけに余計、にぎやかな遍路修行
が楽しいものとなりました。岩屋寺さんの本堂の隣、このはしごの上の巨大岩山のくびれた所で、お大師様が修行をされました。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.