カテゴリ:お遍路( 426 )

21番札所 太龍寺(たいりゅうじ・那賀町徳島県に)

d0339676_19292574.jpg
21番札所 太龍寺(たいりゅうじ・那賀町なかちょう徳島県)の境内にある古い古い山門です。納経をすませ、ここまで戻ってきた時には、舎身ヶ嶽へ行くことを決めていました。このあと、どんどんどんどん雨が激しくなって行きます。

21番札所 太龍寺舎身ヶ嶽(那賀町徳島県)

d0339676_19201891.jpg
21番札所太龍寺(たいりゅうじ)さんの舎身ヶ嶽の足場です。私の立っているところから写しました。風も雨も強く、踏み外したら奈落の底へ。。よくぞ雨の日も風の日も100日間、お大師様は修行をされたものです。(どうやって、どこに足をかけたらいいの?)と、独り言を言うくらい危ない岩がいくつかあります。でも、こちらに来られて嬉しくて嬉しくて。。激しい雨もそうですが、こちらに来る時間をめぐり合わせて下さった今日の全ての出来事に感謝です。雨女なので、嫌だ嫌だ言いながら、雨だと力を発揮できるのです。

21番札所 太龍寺舎身ヶ嶽(たいりゅうじ・那賀町徳島県)

d0339676_19104837.jpg
21番札所太龍寺(たいりゅうじ・那賀町なかちょう徳島県)さんの舎身ヶ嶽へ登りました。太龍寺さん本堂から私の足で13分くらいですが、ずっと上り坂です。坂が急になってから、雨がどんどん激しくなって、雨具を着ていてもずぶ濡れです。急な坂が滑る滑る!500メートルくらいの尖った岩場の山。こちらでお大師様が100日間の求聞持法(ぐもんじほう)をされました。お大師様に対面しましたら「修行に励め」と言われました。泣けました。

遍路・12番札所鶴林寺(かくりんじ・勝浦町徳島県)

d0339676_17285703.jpg
20番札所 鶴林寺(かくりんじ・勝浦町徳島県)の遍路山道を下りていきますと、倒木だらけです。昨年の台風の爪痕です。倒木を片付け、遍路山道を開通させるのは大変だったと思います。ここ数年は、遍路山道を下らず、遠回りでも一般道を下りていたので、こんなに遍路山道が痛んでいたなんて知らなかったのです。

遍路・12番札所 鶴林寺(かくりんじ・勝浦町 徳島県)

d0339676_14552613.jpg
20番札所 鶴林寺(かくりんじ)さんに行った午前9時半には、まだ雨は降っていなかったのですが。。このあと、山を降りる途中から、強いにわか雨が降って来ます。「早すぎ!14時からって言ったじゃん!」と、空に向かって言いましたが、どうやら禊ぎ(みそぎ)払いの雨のようです。昨日の焼山寺、今日の鶴林寺、そして太龍寺の山々は、スギの木だらけ。普段スギ花粉に反応しないはずの私の目鼻は、あまりの多さか、大変な状態になり、昨晩から眠っている間も、くしゃみに何度も何度も起こされました。目が赤く、見辛いから怖い目になってしまいました。


遍路・12番札所 焼山寺(しょうさんじ・神山町かみやまちょう徳島県)

d0339676_19135656.jpg
12番札所焼山寺(しょうさんじ・神山町 徳島県)さんから3キロほど降りてきた景色です。この辺りは冬は雪深いです。このあと外国人男性がコットンフィールドというキャンプ地で泊まりたいと、日本人男性が聞かれ、その男性が私に聞いて来られて地図を見てたのですが、顔を上げたら目の前に神山町役場!観光課に飛び込んで行ったら観光課の皆さんが、協力して下さり、さらにお偉いさんが、その外国人男性を案内して下さったのです。素早い皆さんのご対応に嬉しくて大騒ぎ!人が喜んでくれて、その笑顔を見ると、自分の方がもっと嬉しくなります。遍路の疲労を忘れるくらい楽しいひと時でした。

遍路・12番札所 焼山寺(しょうさんじ・神山町かみやまちょう・徳島県)

d0339676_14584144.jpg
12番札所 焼山寺(しょうさんじ・神山町徳島県)に登りました。いい天気で、汗まみれです。今年も登らせていただいたことに感謝です。後方が山門。私は本堂の階段下から撮っています。

遍路・83番札所 一宮寺(高松市香川県)

d0339676_17044972.jpg
83番札所 一宮寺(高松市香川県)さんの山門の上に、こんなかわいい子たちがいました。一宮寺さんの大師堂前の線香立てを支えている邪鬼払いくんたちは、最高に可愛いし。。ちょっとした所に愛らしさを発見できると、とっても楽しくなります。気温はずっと3℃、寒い1日でしたが、これで2月の遍路は終わりました。来年の2月は、もう少し、ウィルス予防を考えて、巡る札所選びをしたいと思います。

85番札所 八栗寺(やぐりじ・高松市香川県)

d0339676_13295374.jpg
85番札所にも雪が降っていました。木々の葉に残った雪が溶けて大粒の雨を浴びているようです。屋島の山から下りたら人が減ったので、風邪やインフルエンザのウイルスから、少し解放されました。でももう2月の連休には体が危ないから、遍路は行かない!と、決めました。屋島と八栗の山は対面しているのに、どうして皆さん、屋島寺だけ行かれるのでしょうか?

遍路・84番札所 屋島寺(やしまじ・高松市)

d0339676_11423332.jpg
84番屋島寺(やしまじ・高松市)は、雪と霧の世界。ここは源平合戦の古戦場跡です。とにかく寒いのに、見るからにインフルエンザファミリーで、酷い症状なのに、それでも遊びに来てる人たちや、咳しまくりなのに写真撮りに来てる人たち。。ウイルスを撒き散らさず家で休んでいて下さいと懇願したくなります。残っている徳島県内の札所は雪の名所ばかりなので香川県に来ましたが、やっぱり雪です。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.