カテゴリ:弘法大師 空海( 4 )

弘法大師行水の池(ジオパーク・室戸市高知県)

d0339676_15570516.jpg
室戸の海の山側(御蔵洞近く)にある弘法大師行水の池。私は、非常に水のパワーを感じます。室戸のジオパークは広いですが、必ず立ち寄る場所です。こちらの岩、波で縦に削れているのです。もと海底です。

室戸の海(室戸市高知県)

d0339676_15340764.jpg
苦しい時、23番札所薬王寺さんから約74キロ、あの道を歩けたんだから、今のこの波、乗り越えられる!と、自分に言い聞かせます。深夜の孤独な水行で、魑魅魍魎(ちみもうりょう)が怖い時、この室戸の海を思い出し、お大師様も怖いと思われたのだからと、自分をしっかりさせます。真冬の深夜の水行で極寒の雪の降る中、この室戸の岩にぶつかる波を思い浮かべ、お大師様はもっと寒かったと、合掌する手にさらに力を込めます。

室戸の海(ジオパーク・室戸市高知県)

d0339676_15215247.jpg
3月に遍路で来て、夏からずっと来たかった室戸の海にようやく来れました。気温6度、雨が予報では止むはずなのに、ますます強くなり。。そういう中、1時間以上、突っ立ったまま海と波を見つめ、空海上人を感じていました。どこで海の水行をされたか、どんなに孤独だったか、この荒波によく対座できましたね。。私の法話は、この室戸の海が原点です。夏からの念願のただ海と波を見つめ空海上人を感じる。。を年末になってようやく達成できました。寒いし雨なので、自然の中のたった1人の私で対面できました。でも寒さを感じないのです。室戸の海がいろいろなことを私に教えてくれました。

御蔵洞(みくろど・室戸市高知県)

d0339676_15094331.jpg
室戸岬に着いたら、雨が激しくなりました。室戸に来ると、12年間、その日か翌日必ず雨!ここが御蔵洞(みくろど)。お大師様が求聞持法(ぐもんじほう)の100日修行をされたと言われる場所です。数年前から、山崩れで洞窟の中に入れなくなりました。向かって右が寝泊りをされた洞窟。向かって左が修行をされた洞窟。以前は、この中から外を眺めた時、目の前に広がる空と海に感嘆の声をあげたものです。ここでお大師様は自らを空海と名付けられました。私の法話にもよく使わせていただくこの場所で、空海上人を感じたくて、ここへ来たのです!雨ですが空を見上げて、空海上人を思いっきり体得しました。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.