カテゴリ:神社仏閣( 124 )

醍醐寺・雨月茶屋

d0339676_16390790.jpg
上醍醐から下りると必ず寄らせて貰うのが、境内にある雨月茶屋さんです。いつもは、ゼェゼェ気持ちいい疲労で店内に入るのですが、今日は山道を歩いていないので、ただのくたびれ疲労です。これは私の大好きなニシン蕎麦。霊宝館内には、フランス料理店ができたそうです。霊宝館前で、メニューと素敵なレストランの写真を見ました。紅茶、コーヒーだけでも、やっぱり「京都値段」でした。

醍醐寺・上醍醐(京都市伏見区)

d0339676_15421824.jpg
上醍醐への入り口です。入山禁止となっていました。手前の女人堂の職員さんにお尋ねしたところ、倒木が大変で、12月に登れるかどうか。。。先に仁王門(写真2つ前)の左右の倒木を整備してからだそうです。上醍醐の頂上近くに観音堂があり、そこは落雷で焼けて今は野原になっています。その後ろに焼けずに残って下さった小さなお稲荷様が鎮座されています。そのお稲荷様に呼ばれたのです。何の御用かと今日、登拝しにきたのですが、倒木で苦しんでいらっしゃるのだと思います。でも入山禁止では、どうしようもありません。。。心痛いです。

醍醐寺(近畿36不動尊霊場会・京都市)

d0339676_15182045.jpg
醍醐寺(京都市伏見区)の伽藍にある国宝・五重塔は、醍醐天皇の菩提を弔うために951年に建てられた京都府下最古の木造建築物です。ここを写した時はまだ上醍醐が登拝禁止になっていると知らない段階で、(いざ!上醍醐へ)と、私はご機嫌でした。

醍醐寺(だいごじ・京都市)近畿36不動霊場会

d0339676_14235717.jpg
醍醐寺の上醍醐(かみだいご・京都市伏見区)に登拝行(とうはいぎょう)をしたくて行ったのですが、台風被害が酷く、倒木だらけで上醍醐へは入場禁止。ショックでした。ここは伽藍の入り口・仁王門から入った所です。左右は紅葉並木、美しい紅葉のトンネルでした。そしてその奥は、左右とも美しい杉並木でしたが、全部倒れています。心痛いです。

石鎚神社本社

d0339676_15400498.jpg
64番札所 前神寺(西条市 愛媛県)さんのすぐ近くに石鎚神社本社があります。遍路で必ず石鎚神社本社にご挨拶に伺います。階段をいっぱい上った先に本殿があり、下には、役行者さんや八大龍王神様、素盞嗚尊様、そのお嬢様の市杵島の比売命様、お大師様、猿田彦の大神様。。まだまだ神様がいーっぱいいらっしゃいます。お一人お一人にお声かけをしながら、お参りさせていただくと、すごく安心が生まれます。来月は石鎚山頂上の閉扉式。今度はお山に登拝です。

松本明慶佛像彫刻美術館(京都市)

d0339676_18213428.jpg
松本明慶佛像彫刻美術館(京都市上京区下長者町通)に、大仏師 松本明慶先生が来られる日と伺い、先生に会いにうかがいました。写真は松本明慶先生と、風神雷神です。松本明慶先生は17歳の時から佛像彫刻を始められて56年。40名ものお弟子さんがいらっしゃいます。1階2階におよそ180体もの佛像が展示され、その1体1体に心がときめいたり、心奪われたり。。小さなお地蔵様のお姿が目に入った途端、涙がこぼれそうになりました。気がつけば3時間。素晴らしい仏様たちに囲まれ、穏やかな時間を過ごさせていただきました。開館日は第1第3土日ですが、開館日は問い合わせ下さい。

如意輪寺(にょいりんじ)御忌(ぎょき)法要

d0339676_16395888.jpg
後醍醐天皇が即位されて今年が700年だそうです。近畿36不動尊30番霊場・如意輪寺(にょいりんじ・吉野山・奈良県)は山の中にあります。普段なら吉野駅から徒歩で登ってしまうのですが、今日は法衣に草履。前に二駅歩いて草履を壊したことがあるので、タクシーで登りました。後醍醐天皇御忌(ぎょき)法要が終了したら、青空になりました。

如意輪寺(にょいりんじ 吉野山 奈良県)

d0339676_16030509.jpg
如意輪寺(にょいりんじ 奈良県吉野山)さんで、後醍醐天皇御忌(ぎょき)法要が厳修され、参列させていただきました。御忌法要は初めての参列です。嵯峨御流正教授による散華之儀と並行して演奏された一節切(ひとよぎり)尺八吹奏、素晴らしかったです。

近畿36不動尊10番霊場 無動寺(神戸市)

d0339676_14380389.jpg
近畿36不動尊10番霊場 無動寺さんの境内です。山寺なので境内が広大ですが、台風の後にもかかわらず、きれいに整備されていました。立派な地蔵堂が4月に完成し、近畿36不動尊霊場会のホームページに新しい地蔵堂のことを書き加えるため、取材にやってきました。暑い中、来たかいあって、素晴らしい地蔵堂でした。ガラス張りなので、竹や美しい青空をバックに、身の丈170センチものお地蔵様が立っていらっしゃいました。時間が経つのを忘れるほどの美しい空間です。

近畿36不動尊10番霊場 無動寺(神戸市兵庫県)

d0339676_14323239.jpg
近畿36不動尊10番霊場 無動寺さんに行くには、三宮駅からバスを2つ乗り継いで、福地というバス停から約800メートル坂を登ります。その途中、振り返ると、とても美しい景色が広がっていました。が、真昼間なので、800メートルの急な坂道は、汗をかかせてくれます。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.