カテゴリ:神社仏閣( 144 )

金峯山寺(きんぷせんじ・吉野山 奈良県)

金峯山寺(きんぷせんじ・吉野山 奈良県)_d0339676_20560543.jpg
年2回恒例の大峯(奈良県)の行(ぎょう)に行きました。毎回いつも吉野の金峯山寺(きんぷせんじ)にお参りしてから大峯(天川村洞川〈どろがわ〉)に向かいます。今日はとてもいい天気。多くの方が、お参りと森林浴に来られていました。

疫神社(八坂神社内・京都市)

疫神社(八坂神社内・京都市)_d0339676_16370996.jpg
先月、八坂神社(京都市)に参拝に行った時、なぜか疫神社だけお参りせずに帰ってきてしまいました。今日、お参りのし直しに行きました。まず疫神社にお詫びをし、それから八坂神社本殿、悪王子神社、内宮下宮、水神様、市杵島比売命様、蛭子様、そして疫神社と、いつもの順で、疫病のことでお願いをして廻りました。泣けて泣けて、なかなかうまく祈れません。疫神社で、般若心経を7巻と言われ上げている時に、三周するよう言われ、いつもの八坂神社お参りコースを3周疫病のことで祈らせていただきました。八坂神社は広いので、ちょっとハアハアゼイゼイとなりましたが、3周参りの意味が私なりに掴めた気がします。

大麻比古神社(おおあさひこ神社・鳴門市徳島県)

大麻比古神社(おおあさひこ神社・鳴門市徳島県)_d0339676_17340985.jpg
大麻比古神社(おおあさひこ)様に13巡目結願のお礼参りに行きました。いつも最初と最後は大麻比古神社様へのお参りです。その後、境内を往復して、また本殿へ行き、今度は14巡目を始めるご挨拶をしました。いい天気なので、お参りに来ている人々が平日なのにいます。みなさん気持ち良さそうです。

犬鳴山七宝瀧寺(いぬなきさん・泉佐野市大阪府)

犬鳴山七宝瀧寺(いぬなきさん・泉佐野市大阪府)_d0339676_18435002.jpg
あけましておめでとうございます。犬鳴山(いぬなきさん・泉佐野市大阪府)七宝瀧寺にお参りに行きました。七宝瀧寺には、大きな滝が7つあり、他にたくさんの滝があります。後ろはメインの滝・行者の滝です。水量が多い時は、この5倍くらいの幅があります。水の近くはとても冷えます。

醍醐寺(京都市)上醍醐

醍醐寺(京都市)上醍醐_d0339676_22375885.jpg
醍醐寺(京都市)の上醍醐に登り、1年のお礼行(おれいぎょう)をさせていただきました。昨年、台風被害を激しく受けて、上醍醐は危ないからと入り口で通行止めになって登れなかったのです。今日、ギリギリでしたが、登拝することができました!明日はお参りで賑わうのでしょうけれど、今日はひっそりとしていました。

三十三間堂(京都市)

三十三間堂(京都市)_d0339676_16341437.jpg
毎年恒例、お正月前に、三十三間堂へお礼参りです。もともと私が仏道を歩むきっかけになったのは、こちらにいらっしゃる28部衆のお一人、那羅延堅固(ならえんけんご)様に魅せられたから。筋骨逞しく、顔が小さくてファンキーな仁王様です。三十三間堂は天台宗。なぜか私は真言宗への道が拓けたのです。那羅延堅固様と、金毘羅様に、それぞれお供えのお酒を一升ずつ。それから客仏(ご縁あって、こちらに来られた仏様)の役行者(えんのぎょうじゃ)様に500mlのお酒。とても重いですが、今年も無事にお供えできることが、とても嬉しいのです。

浅間神社(せんげんじんじゃ・富士宮市静岡県)

浅間神社(せんげんじんじゃ・富士宮市静岡県)_d0339676_13004772.jpg

神社(せんげんじんじゃ・富士宮市静岡県)に行きました。富士山に登拝行(とうはいぎょう)をしていた頃は、毎回、富士山に登ってからお礼参りに寄らせて貰っていましたが、富士山が滅茶滅茶混むようになってからは富士山へも行くのをやめていました。栗が大好きで、毎日、18年間、私のとこに栗和菓子のお供えを食べにいらっしゃる石長比売(いわながひめ)さま(木花咲耶姫様のお姉様)が、富士山に行きたいと、この秋突然おっしゃるので「真冬に富士山登拝なんてとんでもない!浅間神社まで付き合ってあげるから1人で富士山へ行ってきてちょうだい」ということで、約束通り浅間神社まで来ました。石長比売様は一瞬で登って行かれました。気温17℃素晴らしいお天気です。

小島神社(壱岐市長崎県)

小島神社(壱岐市長崎県)_d0339676_19531066.jpg
遠くから振り返ると、小島神社は、このように見えます。左右は海。同じ海の中なのに、干潮の時だけ海の中に道ができるなんて、なんて素敵でしょう!神社の中で、海と神社のパワーをいっぱい体にいただいてきました。

小島神社(壱岐市長崎県)

小島神社(壱岐市長崎県)_d0339676_19374689.jpg
壱岐市の芦辺港に到着し、まず小島神社に連れて行って貰いました。干潮時だけ島まで歩いて行けるという神社。干潮時まで30分あったので、どうかな?と思いながら市の職員さんに連れてっていただいたのですが、海水が引いていて行けたのです!神社の社には、大好きな須佐之男命(すさのおのみこと)様が!ここで須佐之男命様にお会いできるとは!知っていれば須佐之男命様の大好きなお酒をお持ちしたのに。。第一、社まで行けないだろうと思っていたし。。干潮でもみるみる海水が増えて途中で渡れなくなることもあるそうで、これは須佐之男命様のお導きとしか思えません。感激!

金刀比羅神社奥社

金刀比羅神社奥社_d0339676_15342158.jpg
本殿から奥社への鳥居をくぐると、一気に静かになります。583段、本殿から登ると奥社です。合計1368段。前方の鳥居の先に奥社があります。天狗様もいらっしゃいます。今年おせわになったお礼参りを無事、させていただけました。おみくじを引いたら大吉でした。日頃、自分への励ましや戒めになるよう、財布に入れて持って帰ります。帰路、この鳥居をくぐる前、去り難くて涙がこぼれてきました。海の神様・金刀比羅神社さん。私は年中、深夜の海の水行でおせわになっているのです。琴平山、ほーんとに、いい山です。大好きです。また1368段の石段を降りて、駅に向かいます。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.