カテゴリ:高野山( 144 )

高野山 お大師様の使い人

d0339676_13191667.jpg
昨日、南海電車から降りる直前に70代くらいの女性が急に私の腕の108珠の念珠を触り「どうしてこんなに沢山の数珠を。。?」と聞いてきました。「私は高野山の僧侶で、今お務めが終わって帰るとこなんです」「え!?高野山?高野山のどこに?」「はい、金剛峯寺です」「それは。。ありがとうございます」いきなり頭を下げ合掌されたのです。先刻までおにぎりを食べたり、高野山土産を見たり隣のお友達とお喋りされてた女性が!です。高野山にお参りいただいたお礼を申し上げると「私は高野山に何度もお参りに行かせていただいてて。。」と、合掌したまま、お顔を上げて下さいません。私はこの女性に合掌されるに値する僧侶だろうか?と自分に問いかけていました。この女性こそ、お大師様の使い人で「これからも自分のお役目=法話 でお人の心を救っていきなさい」と、お大師様から励まされている気がしました。ありがとうございました。

高野山 根本大塔

d0339676_20112705.jpg
高野山の大伽藍にある根本大塔です。中は立体曼荼羅です。この大伽藍の中から、高野山のお堂作りが始まりました。なんて綺麗な空。まさに空海色!

高野山 総本山金剛峯寺新別殿

d0339676_14335522.jpg
総本山金剛峯寺の新別殿で、法話をさせていただいておりました。訪れた多くの方々に「昨日、鑑定団見たよ」と笑顔というか破顔で言われました。5000円でこんなに皆さんが笑顔になって下さるなんて。。!私は爆笑しっぱなしです。福田さんが、昨日慈尊院さんから歩いて高野山に登って来られました。昨日は一段と暑かったのに。

高野山 総本山金剛峯寺

d0339676_14161287.jpg
正午で今回のお務めが終わりました。この小庭は、総本山金剛峯寺の廊下沿いにあります。今日も沢山の方々がお越し下さいました。朝、凄い雨が降りました。高野山の緑が一段ときれいになりました。毎年、お盆の駐在が終わると、夏の一大事が終わった気分で、しばらく抜け殻状態になります、

高野山 総本山金剛峯寺 新別殿

d0339676_19233445.jpg
明日の正午まで総本山金剛峯寺で駐在法話をしています。ここは総本山金剛峯寺内の新別殿。畳の数は169畳あります。ここの後方突き当たり、弘法大師空海上人の前で法話をさせていただいています。今日も本当に多くの方々がお越し下さり、一日中法話をさせていただいていました。

高野山

d0339676_11113516.jpg
今日明日は、総本山金剛峯寺で法話をさせていただいております。高野山では蓮の花が綺麗に咲いています。でも蓮の花は4日間しか咲きません。泥の中から生まれるのに、染まらず綺麗な花を咲かせてくれます。私も大好きな花です。いつかお寺を持てた時、蓮を育てたいと思います。
今夜のテレビ東京系「なんでも鑑定団」ぜひご覧下さい

高野山 奥の院

d0339676_16404814.jpg
高野山奥の院の参道です。法話と法話の間に急ぎ散歩しました。戻ってきたら白足袋に大きな血のシミが!近畿36不動尊霊場会のホームページ書き換えのためにお寺を回った時、悪い思いもして勉強しました。それでお参りに訪れた方々全員に声かけをさせていただこうと、新しい草履で早歩きしながら一生懸命声かけしていたら、草履ずれで皮がめくれて血が出てるのに痛みも感じなかったのです。今日も本当に多くの方々が高野山奥の院にお越し下さいました。控え室に戻って痛たたた。。。と気づきました。一心に何かしてると、自分のことなど忘れてしまうんですね。

高野山奥の院

d0339676_13413610.jpg
昨日から奥の院で法話をさせていただいています。「今年も来ましたよ」って方が何人も来て下さいました。近くで雷が鳴っています。明日から総本山金剛峯寺です。
明日の14日夜のテレビ東京系「なんでも鑑定団」に出演しています。ぜひご覧下さい。

高野山 奥の院

d0339676_13515502.jpg

今日も高野山の奥の院で法話をさせていただいております。高野下の地蔵院さんの小口檀家さんが、お越し下さいました。毎回、私が駐在している時にご夫婦で会いに来て下さいます。以前、真夏の歩き遍路で、炎天下の71番札所 弥谷寺(いやだにじ)さんの長い長い坂と階段を登ってお参りをすませ(こんな暑い日、遍路なんかしてる人はいない)と、思って階段を降りようとしたら、小口さんが、やっぱり同じことを思いながら階段を上がって来られたのです。「いた!こんな暑い日に!」お互いに驚き、笑いながら言い合ったのです。

高野山 奥の院

d0339676_16150696.jpg
草履が爆発したので、奥の院の中を歩き回ることができず、私が法話をさせていただいている所のすぐ裏を流れる玉川しか写せませんでした。終わったらすぎに山内で草履を調達して、これからは1キロ2キロを草履で歩くのは控えましょっと。