2020年 07月 28日 ( 4 )

ホテルクレメント徳島 日本料理藍彩(あいさい)

ホテルクレメント徳島 日本料理藍彩(あいさい)_d0339676_21224700.jpg
ホテルクレメント徳島の日本料理藍彩(あいさい)で食事をするのが、ホテルクレメント徳島で泊まる楽しみの一つなのです。また一階のラウンジの紅茶も、とても美味なので、特急の発車時間まであまりないのに、無理してでも飲みに行っちゃいます。この夏メニューは八月末まで。とーっても美味です。私は肉ネギ乳製品を食べてはいけないので、鯛しゃぶになっています。宿泊者は、およそ千円安く、お値打ち、ご機嫌です。ホテル内至るところで、ホテルマンたちの新型コロナウィルスに対する気配りや緊張感が凄く感じられて、とても安心なホテルです。

遍路・21番札所 太龍寺(たいりゅうじ・阿南市徳島県)

遍路・21番札所 太龍寺(たいりゅうじ・阿南市徳島県)_d0339676_20023687.jpg
21番札所 太龍寺(たいりゅうじ・阿南市徳島県)さんは、深い山の中にあります。こちらで弘法大師空海は、求聞持法(ぐもんじほう)という100日間の修行をされました。今日はくたばってて行かれませんでしたが、舎身嶽は尖った岩山で、自分一人が立つだけのスペースしかありません。這って登りました。そこで雨風、もしかしたら雪に打たれながら毎日毎日修行をされたのです。かつては狼がいた山です。昼間でも淋しい所です。


遍路 那賀川(なかがわ・徳島県)

遍路 那賀川(なかがわ・徳島県)_d0339676_18581014.jpg
21番札所 太龍寺(阿南市徳島県)さんへは、那賀川(なかがわ)添いを延々と歩きます。いつもは澄んだ、とってもきれいな川ですが、昨日の大雨で濁流に変わっています。遍路山道でなく、車の通る一般道を今日は歩いているので太龍寺さんまで12キロ!長い長い!炎天下です。まさか太龍寺さんを出た時、バケツをひっくり返したような大雨になるとは!この時、まだ知りませんでした。

遍路・20 番札所 鶴林寺(勝浦町徳島県)

遍路・20 番札所 鶴林寺(勝浦町徳島県)_d0339676_17525850.jpg
20 番札所 鶴林寺(かくりんじ・勝浦町徳島県)さんの本堂を見上げたところです。鶴林寺さんの山門には仁王様でなく鶴が二体います。いい朝の天気です。これから雨が降ってくるとは思えませんが。。大雨のあと晴れてしまったので、ニョロニョロと色んな、私の苦手な子たちが、遍路山道に出てきます。ミミズだって大きくて長いんです。向こうも怖いし私も怖いので、遍路道をやめ、40分くらい(つまり2.5キロくらい)余分に歩きますが、一般道にしました。そうしたらイタチくんが出てきて、びっくりしてまた山の中に戻って行きました。コロコロよく太っていました。鶴林寺さんから約12キロ、気温は31℃。炎天下を21番札所 太龍寺さんに向かいます。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.