2020年 02月 26日 ( 2 )

水行(すいぎょう)

水行(すいぎょう)_d0339676_10101871.jpg
正面は客船です。午前4時すぎの行場近くの干潮の海です。海水がなくなり、水行の時、地球の肌の上を歩いてきました。が、結界を作る前に、石段を降りて行き、餓鬼たちに食べ物をあげる際、石段の苔に滑り、宙に浮いた一瞬後、左腕と左脇背中を石段にしたたか打ち付け着地。激痛!でも打ったのは骨でなく、肋骨と腰骨の間だったのです。腕も数珠を2本巻いていた所を打ち、骨を折らずに済みました。この打ち方、まさに神業としか思えません。前夜満潮で、海水の中、石段を降りて行って同じ石段で、滑ると教えられていたのに!ホテルに置いてある私の荷物の中に経皮鎮痛湿布があり、ペタペタ貼りましたが、歩けても早足も走りもできません。好きなジムも10日は行けなさそう。神様が私をヒョイと持ち上げ、小難で済むようにして下さったに違いありません。感謝感謝です。

水行(すいぎょう)

水行(すいぎょう)_d0339676_10020839.jpg
昨夜午後10時の行場近くの海です。大潮で満潮まで一時間なので、凄い水位が高く、波のレベルも7で、雨も降っていて、呑み込まれそうな海でした。でも行の最中だけ、強かった雨が止んでくれました。濡れた白着を着替えた途端、待っていてくれたように雨がまた降り出しました。いつものように災害と、被災者さんのことと、今回から新型ウィルスのことも祈らせていただきました。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.