2019年 12月 20日 ( 6 )

室戸の夕陽(24番札所からスカイラインを下りる)

室戸の夕陽(24番札所からスカイラインを下りる)_d0339676_22534058.jpg
24番札所最御崎寺(ほつみさきじ・室戸市高知県)さんからスカイラインを下りながら眺めた夕日です。私が室戸に来た日か、翌日、必ず1日は雨が降るのに、雨予報が今日急に変わり、明日は雨が降らないそうです。高知市のボンドガール(人と人とをしっかりくっつける天性の女性)が晴れ女で、明日室戸で合流するからでしょうか?25番札所津照寺(しんしょうじ)さんでは、いつも雨でした。明日は雨の降っていない津照寺さんをやっと見ることができます。

遍路・24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ・高知県)

遍路・24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ・高知県)_d0339676_20163667.jpg
24番札所最御崎寺(ほつみさきじ・室戸市高知県)さんへは、遍路山道を上がるのが、淋しくて心細いので、勾配10パーセントの一般道を1、2キロ上がって行きます。夕方になったら急に風が強くなり寒くなってきました。今年は遍路がとても少なかったと、札所でも宿泊施設でも聞きます。とはいえ12月は、毎年閑散としています。

遍路・室戸の海

遍路・室戸の海_d0339676_18373497.jpg
右の岩の上に鳥が止まっています!大波が来ると水飛沫を被るのに、平気なんです。波に体を引かれたりしないのです。凄いなあ。。私と一緒に、ずっーっと海を眺めていました。

遍路・室戸の海岸・ジオパーク

遍路・室戸の海岸・ジオパーク_d0339676_19292820.jpg
この海!これが見たくて室戸に来るのです。お大師様がこの海で修行をされた。。お大師様と空と海を感じながらボーッとしていると、1時間ぐらい過ぎて、さすがに体が冷えてきて気づきます。昨年末は雨だったので、立ったまま寒さに震えながら、でも去れずにずっーっと海を見つめていました。辛い時、苦しい時、私はいつも室戸の海を思い、「大丈夫!」と、自分を励まします。

遍路・青年大師像(室戸市高知県)

遍路・青年大師像(室戸市高知県)_d0339676_18254700.jpg
青年大師像が見えたら、もう室戸岬(室戸市高知県)です。いつも青年大師像が見えた瞬間、感激で胸いっぱいになります。遍路とお礼参りと、昨年のように大好きなむろとの海をずっと眺めていたくて、室戸に来ました。

大阪府年金受給者協会設立50周年記念高齢者福祉講座

大阪府年金受給者協会設立50周年記念高齢者福祉講座_d0339676_01124316.jpg
大阪府病院年金会館(天王寺区大阪市)で、大阪府年金受給者協会設立50周年記念高齢者福祉講座が開かれ、「この世に生まれて、生きて、生かされて。。。」というテーマでお話をさせていただきました。元気な男性女性が、大勢お集まり下さいました、さすが大阪です。最近、事故などの報道から、高齢者が悪者扱いされていると感じることが度々あります。長年培われてきたことや知恵など、次の世代に繋いでいただく必要があるのに、若い世代はスマホに夢中で、コミニュケーションを取るのがどんどん苦手になってきています。だから人との関わりや、しがらみにとても弱いのです。マスコミの取り上げ方によっても受け止め方が随分変わると思います。頑張ってきた人たちを尊敬し、思いやることは年齢に関係なく、とても大切なことです。自分たちがその年齢になって、やっと気づいたのでは、遅いのに。。写真は大阪府年金受給者協会の皆さまです。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.