2018年 09月 21日 ( 7 )

遍路・75番札所 善通寺(善通寺市香川県)

d0339676_19241870.jpg
75番札所 善通寺さんが今日のラストです。なんと73番札所 出釋迦寺さんにお邪魔している間だけ雨がいっぱい降っていたことになります。善通寺さんで、お大師様はお生まれになりました。お父様のお名前は善通(よしみち)さんです。明日は雨のち曇りの予報が晴れに!帽子をいくつかお店で探しましたが、もう秋モノしかない!明日は雲辺寺。山に登るのに、どこかでSサイズの夏帽子を見つけなければ。。

遍路・彼岸花

d0339676_17370954.jpg
道中、彼岸花があちこちで咲いて、私の目を楽しませてくれます。本当は9月の遍路は4日でした。ところが「経験したことのない大型台風」と重なったため、今日に変更したのです。そのおかげで大好きな彼岸花をあちこちで楽しませて貰っています。あまりに綺麗なので、自分の目に「この美しさをよく覚えておいて。来年の9月の遍路は、違う地域を歩いているかもしれないから」話しかけていました。

遍路・74番札所 甲山寺(こうやまじ・善通寺市香川県)

d0339676_17254307.jpg
74番札所 甲山寺(こうやまじ・善通寺市香川県)は、兜を伏したような山の形をしていることから命名されたそうです。出釋迦寺さんにお邪魔している間じゅう雨がいっぱい降ってくれたので、なんとか雨が止んでくれています。こちらに伺う時はいつも、雨か、まもなく雨の天気です。途中の道は左右が田園です。稲穂が重そうに首を垂れていて、ひどい台風が来たのに、よく頑張ってくれましたね。。と、ねぎらわずにはいられませんでした。


遍路・73番札所 出釋迦寺(しゅっしゃかじ・善通寺市 香川県)


d0339676_17210853.jpg
73番札所 出釋迦寺(しゅっしゃかじ・善通寺市 香川県)さんの次期ご住職と。現在は京都の種智院大学で、僧侶のお勉強中です。私が初めての遍路で出釋迦寺さんを訪れた時、まだ幼くて、子供時代のお大師様のように境内を走っていらっしゃいました。出釋迦寺さんは、お大師様が7歳の時、初めてお行をされたお寺。現在は女性ご住職です。

遍路・72番札所 曼荼羅寺(まんだらじ 善通寺市香川県)

d0339676_12484346.jpg
72番札所 曼荼羅寺(まんだらじ・善通寺市 香川県)さんの邪鬼払い君の後ろに本堂があります。今にも雨が降りそう。。さっきまで予報に反して晴れていたのに。。私が73番札所 出釈迦寺(しゅっしゃかじ)さんに伺うと、必ず雨が降るのです。雨だけでなく、雷雨やゲリラ雨が追っ掛けてくるのです。その出釈迦寺さんに向かいます。曼荼羅寺さんから約1キロ以内です。

遍路・71番札所 弥谷寺(いやだにじ・三豊市香川県)

d0339676_11142015.jpg
71番札所 弥谷寺(いやだにじ)さんの本堂でお参りをし振り返ると、綺麗な緑が広がっています。でも、雨が止んだ後は、私の苦手な蛇ちゃんの出番!72番札所 曼荼羅寺(まんだらじ)さんまでの遍路山道は蛇の名所です。たとえ長い登り坂と2キロ(30分)余分に歩こうと、私は一般道を行きます。蛇の遍路山道を行ったのは初回の1度だけ。蛇に遭遇しただけでなく、沼のようなとこを歩かされ、2度と通りません。蛇ちゃんだって、私が「わ!」と叫んだら迷惑ですものね。

遍路・71番札所 弥谷寺(いやだにじ 三豊市香川県)

d0339676_11062976.jpg
71番札所 弥谷寺(いやだにじ・三豊市香川県)さんは、山の入り口からずっと1キロ坂と階段です。境内に入っても登り坂と階段が続きます。この踊り場がなく一息もつけない108段は、冬でもきついです。私が来たのは雨と雨の間だったようです。雨予報が行き渡っているのか、遍路はほとんどいません。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.