2018年 09月 07日 ( 1 )

吉原供養

d0339676_17380930.jpg
1923年9月1日、関東大震災で亡くなった500人以上の吉原遊女の供養に行きました。毎月供養させていただくこと19年。今回はその地の「気」があまりよくなく沈んでいて、でもそういう時、拝んでいるうちにいつもは一掃されていくのですが、今回は私の力で一掃できませんでした。体を折りたくなるくらい辛くなりました。後でいろいろ理由がわかってきたのですが、お掃除や池掃除、鯉の奉納など心から奉仕されている人々に対して彼女たちがそれに応えてくれているのです。心伴わずやってきた人に彼女たちは、無視したり気分を害するとわかりました。拝まれる方にも人権があるのです。物事には必ず因と縁があります。今日は「心」について私の体に遊女たちが教えてくれたのだと思います。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.