2018年 08月 31日 ( 5 )

大雨被災地・倉敷市真備町(まびちょう)

d0339676_18342638.jpg
土屋さん邸の上方の壁の上まで泥水が来て、植物はすべて水没したのに、こうして美しい花を咲かせてくれました。何としても花を咲かせるという自分のお役目を貫こうとする植物たち。私たちに命の尊さや、この世でのお役目などについて教えてくれます。

大雨被災地・倉敷市真備町被災者さん邸

d0339676_17590960.jpg
10年くらい前、倉敷市真備町での男女共同参画講演で出会った土屋さん邸です。1階が全部水没。1時間に10センチずつ上がって行き、2日間飲まず食わずで、ベランダで舟の救助を待たれたそうです。ご近所のご高齢な方々やお子さんのいる家族など、まず先に救助をして貰ったそうです。救助舟は、ゴルフ場の舟を借りたそうです。

大雨被災地・倉敷市真備町岡田小学校

d0339676_17553596.jpg
和歌山県、栃木県、兵庫県。。各県や市から、県や市の職員の皆さんが1週間から長い人では1ヶ月以上、ヘルプに来られています。テントはあるものの、屋外で照り返しが強く、大変なお仕事をされています。

大雨被災地・倉敷市真備町の岡田小学校

d0339676_17155417.jpg
被災地・倉敷市真備町の被災者さんの生活地、岡田小学校です。およそ120人の方々が過ごされています。共同生活のストレスが相当溜まってきていらっしゃるようです。体育館に1歩入った途端、意識と感情が一致する間もなく、涙がこぼれそうになりました。

大雨被災地・倉敷市真備町(まびちょう・岡山県)

d0339676_12452115.jpg
大雨被災地、真備町(まびちょう・倉敷市岡山県)の避難所・岡田小学校体育館に慰問にまいりました。カーテン一枚、こんなに狭い所で120人以上の被災者の皆さんが、毎日をすごされているのです。今は床から上がっていてベッドのようになっていますが、最初は床に直に寝られていて、クーラーもなかったそうです。1人1畳もありません。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.