2018年 05月 26日 ( 5 )

光緑園西清旅館(大峯・洞川 天川村奈良県)

d0339676_22430811.jpg
大峯でのお行(ぎょう)が終わったら、まず洞川(どろがわ)の「西浦清六本舗」さんに行って、お土産の買い物をしたり、店内でくつろがせていただき、その後、斜め前の「光緑園 西清旅館」さんに行き、食事をします。こちらの料理が格別に美味です。特に、ご飯が美しく、とても美味しいです。毎回とても楽しみなのです。

蛇之倉七尾山(洞川 『どろがわ』天川村奈良県)

d0339676_22395096.jpg
こんなに背の高いタンポポ、初めて出会いました。蛇之倉七尾山の山内への入り口、本殿近くです。

大峯・蛇之倉七尾山(じゃのくらななおざん・洞川 天川村奈良県)

d0339676_22303546.jpg
大峯・蛇之倉七尾山(じゃのくらななおざん)の頂上です。1年に2度、必ず登拝行をさせていただくこと19年。今日、初めて階段の数を数えたら、2032段ありました。頂上には、素晴らしい孔雀明王様がいらっしゃいます。洞川は、どろがわと読みます。

水行・龍泉寺(りゅうせんじ 洞川・天川村奈良県)

d0339676_22065880.jpg
大峯・蛇之倉七尾山の登拝行の前に必ず龍泉寺さんで、滝行(たきぎょう)をさせていただきます。滝行を終えた直後で、凄く禊がれた顔をしています。私たちの前に、寺務所に滝行の届出をせず、インスタグラム用でしょうか、もう1人の男性に、結界を作らず拝みもなく、滝行でない、いわゆる「瞬間水浴び写真」を撮影禁止の行場で撮らせている男性がいました。滝行を甘く考えたら大変危険です。滝行をしたい新人の方や結界を張れない人は、滝行場(お寺など)に届出をし、作法や心得もわからないでしょうから結界を張れる人の元で、さらに滝の不動明王様に許可を求め、くれぐれも真摯に滝行をされて下さい。

金峯山寺(きんぷせんじ 吉野山 奈良県)

d0339676_21545291.jpg
大峯の行(ぎょう)に行く前に必ず寄らせていただくのが、吉野山の金峯山寺(きんぷせんじ)です。今日は雲が厚いです。正面が本堂です。吉野山といえば桜の名所です。今日はとてもすいていました。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.