2014年 09月 30日 ( 1 )

遍路・12番札所焼山寺

d0339676_11260603.jpg

12番札所・焼山寺(しょうざんじ・徳島県)から降りてきた「へんろ駅」近くにある「なべいわ橋」から見た左右内川です。水を見るとすぐ水行(すいぎょう)したくなっちゃいます。昨日、マムシに遭った話をしましたが、大事なアドバイスを忘れました。なので私は頂上から2番目、つまり下から3番目の遍路道は、帰りは通らず、一般道を通って降りました。登りは、地面が目に近いから、いろいろ見つけられるし、枯れ木を拾って端によけて道の整備のまねごとなどもできるのですが、下りは、目が地面に遠くなり、蛇くんや虫くんがいても気づかず、踏んづける可能性が高くなるのです。焼山寺の鍋岩からの登りも下りも、遍路道を通らず一般道だけの時も何回もありますが、時間は合計で15分くらいしか変わりませんでした。急な坂を上がらなくていい分、暑い真夏と雪の季節は一般道の方が適していると思いました。焼山寺は冬に登ることが多く、雪道なので生き物の心配が、これまでいりませんでした。

いい季節は、遭いたくない命に出会うことが、そういえばありますよね。春に木からぶら下がっている沢山の虫たちに「うわっ!げっ!」と、失礼な叫びを上げていたのを思い出しました。

さあ。命の巣窟、東京に戻って取材です。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.