吉原遊女の供養

吉原遊女の供養_d0339676_20433756.jpg
私が吉原遊女の供養に行く日は、雨が多いんですが、晴れました!しかも梅雨時に。1923年9月1日、関東大震災で亡くなった吉原遊女の供養を毎月し続けること22年。ここは、もと池があった場所で、大震災で発生した火事から逃れるために、次々と遊女が飛び込み、500名以上なくなったのです。満開だった紫陽花が、まさに終わろうとしています。昨年は紫陽花が枯れた後に供養でしたから、今年は紫陽花に遭えただけで心が穏やかになります。来月は真夏。雪の日の供養も冷たすぎて手が動かなくなって痛くて大変ですが、夏に法衣を3枚着て供養するのも暑くて大変です。おまけにマスクして。今日は一時期酸欠状態に陥りました。でも、亡くなった遊女たちのが、ずっとずっと辛い。。。
<< YouTube対談・ビッグダディ coffee and roas... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.