水行(すいぎょう)

d0339676_10371820.jpg
今朝4時半の行場近くの海と対岸です。空の黒さが薄らいで来ました。右手前方を船が行きます。満潮から1時間半後でしたが、水位がいつもの満潮より遙かに高く、波も力強かったです。水行を終えて結界を切るために東西南北を回っていたら、南の空に三日月が光を放っていました。昨夜の行の時は見つからなかったのに。闇夜の水行は、月が雲に隠れないで姿を見せてくれているだけで、孤独な行(ぎょう)でなくなります。

<< 森村誠一先生の『青春の十字架』... 水行(すいぎょう) >>