mont-bell

mont-bell_d0339676_11275754.jpg

私は普段は、喋らないというか、喋れない口下手で黙っています。ですが、高野山に駐在して法話というと、一日中話をさせて貰い、法話と法話の短い間も、来ていただいた方々と話をします。私にとって、法話や講演など喋ることは、実は全身全霊それこそ必死の行為なのです。聞いてて下さる方々には、無理をしないで一歩一歩。。と、お話したりするのに、私はといえば、まるで水面下の鳥の足のようにバタバタバタバタもがいていて、私の能力以上の無理ばかりを重ねています。わかっていても、ものすごい一生懸命、お話しないと自分が自分を許せないのだから変えられません。昨日もお昼すぎに最後の法話が終わった途端、エネルギーすべて使い切ったと実感し、いつものようにボーッと頭が空っぽになり、足元がふらふらしてました。そんなんですから、今日は午前中仕事をして、午後はまずミルクティーで、とにかく頭と口を休ませようと出かけたのですが。。今月、毎年恒例の雪と氷の4月の石鎚山に行くことを思い浮かべてしまったら、(アルパイン・スティックを新しい
のに替えたかったんだ)と、思い出し、お茶の前にmont-bellへ行っちゃいました。グリップは違う素材が良かったけど、ポールが紫なのでグリップは妥協しました。ついでに遍路用の今、履いている新しい7代目遍路靴が、70%の満足度のため、結局お店の方と、あーだこーだと、会話しまくってしまいました。雪とアイスバーンの石鎚山を歩くことを想定してアルパインポールを選んだり、ソールがもう少し厚くないと足に負担がかかるだの、このソールはいいけど、靴の作りが硬いだの、気がついたら真剣になってて全然頭を休ませてませんでした。あわててサロンドテに美味しい美味しいアッサムGOPDをいただきに行き、溶けるような時間をすごしてます。これが京都の桜の見えるとこだったら、今の私にとってはもっと上等と、桜並木を思い浮かべながら。。
<< ネコ・空ちゃん、海ちゃん、天ちゃん 高野山・総本山金剛峯寺 >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.