講演・相生市・人権を考える夕べのつどい

d0339676_11271290.jpg

相生市教育委員会主催の人権を考える夕べの集いで、お話をさせていただきました。踊っているのではありません。会場の皆様すべてに気持ちが伝わりますよう、大きな手話で挨拶をさせていただいているとこです。今日は相生市はゲリラ豪雨だったそうで、ところが私が相生駅に着いた時、止んだそうです。私が駅から出たら晴れてました。良かった!もう一時間遅かったら、どなたも講演に来られなかったかも。雨女ですから、すぐ降らせてしまいます。一昨年、高知市の講演会が台風上陸と重なり、去年、高知県内で講演して、大雨で電車が止まりました。今年9月の高知市内での遍路の催しが早くも心配です。相生市では「さわやか挨拶運動」をされていると、谷口芳紀市長さんがおっしゃいました。私も挨拶を広めて、コミュニケーションを取り、話す機会を与えたり、話を聞いてあげたりして抱えてる重いものを軽くしてあげましょうというお話を谷口市長さんのご挨拶を受けてさせていただきました。挨拶が大切と挨拶をしていても、あまりに無視されると気分が滅入る時があります
。でも多くの人が挨拶に参加して下さったら、滅入ってないで頑張ろうと、挨拶意欲が湧いてきます。今更ながらではありますが、全国で挨拶を流行らせたいものです。かつては皆が挨拶できる時代があったのに。。ところで、あの「ど根性大根」ですが、ここ、相生市で育ったのです!
<< 水行(すいぎょう) 吉原遊女の供養 >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.