水行と月

d0339676_11261471.jpg

午前5時。水行を終え、行場を出てから、あまりに月が明るくて綺麗なので、撮影しました。昨夜の水行の時、台風と大潮と大波と満潮が重なり、これまでで最高の潮位の水行を経験したのですが、その時、月は南の山の後ろに見えていました。今朝、西の方向、その月が夜が開ける直前の空で、煌々と輝き行場を照らしていました。まるで、鳳凰が飛んでいるような明るさ。。昨夜の満潮の時の行で、こんなにたくさんの海水が、あと5時間で全部引けるの?と思っていた通り、いつもは水溜まりが少々あるだけまで引いた干潮になるのですが、今朝は引ききれなかったようで、干潮でも私の腰以上に海水が残っていました。ゴォーッと、畏れ(おそれ)を感じさせる海の音が続いていました。行の間、月は私を照らしていてくれました。月が出ていなければ、いつも夜の闇、夜の黒い海です。空から観音様が降りて来られたような温かな光を浴びながら、一心に般若心経を唱えていました。14日から高野山に駐在です。高野山と僧侶と本山布教師という大きな看板を背負い、5日間
お務めします。高野山に来られる大勢の方々を笑顔で真心込めてお迎えできますよう、今朝の水行で、真っ白な心にしていただきました。
<< 隅田川 水行(すいぎょう) >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.