出羽三山・湯殿山

d0339676_11260860.jpg

山形県の修験の行場・出羽三山のうち、最後は湯殿山です。御神体は、お湯です。本殿を流れるお湯に足や手を浸けさせていただきます。山で疲れた足にお湯は、とても嬉しいです。が、もともとは滝行場です。公開されている滝行場も凄いですが、実は公開されていない荘厳な滝行場もあります。今から1300年近く前、役行者(えんのぎょうじゃ)さんが月山に登られた時、途中にある岩がいっぱいの手をつかないと登れない難所で、月よみのみこと様に「修行が足りないから、上まで登ってはならない。下の滝で修行をして出直しなさい」と言われ、滝行を積まれた場所が湯殿山です。夏でも水は冷たく、大変な荒行です。滝修行をされ直した役行者さんは、月山に登られました。その役行者さんが戻られた月山の難所に「行者がえし」という名がついています。9合目の小山をすぎて、しばらく行った岩場です。
<< 美酒美食「愛してるって言葉でいって」 出羽三山・月山 >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.