吉原遊女の供養

d0339676_11260682.jpg

雨が降っていて、それは雨女なので当たり前なのですが、止みました!屋根のないところでの供養なので、雨や雪が降ると、ちょっと大変です。おそらく私が供養をしやすいようにと、龍神様と、弥勒菩薩様が雲を私の上に載せて雨がかからないようにして下さったのでしょう。

残念!彼岸花がほとんど散っていました。3本残っていたうちの1本です。1923年9月1日、関東大震災で亡くなった吉原遊郭の遊女たちの供養を月に一回し続けて、この10月で丸15年。11月の供養から16年目に入ります。いろんな本当にいろいろな波風の吹いた15年間でしたが、振り返ってみると風のように早く去り、まさに般若心経。「この世に存在するものはすべて変わり、ずっと同じであることはあり得ない」のです。丸20年を目指して、また遊女の供養をさせていただきたいと思います。1日も早く成仏して遊女たちに楽になって貰いたい。。思いはそれだけです。
<< 美酒美食「愛してるって言葉でいって」 遍路・12番札所焼山寺 >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.