水行(すいぎょう)

d0339676_11260343.jpg

今朝、午前3時すぎの水行では、台風のせいか波は大荒れでした。昨夜、また行場に釣り人が来ていました。神社の方が注意しても暴れたり脅したりで言うことを聞きません。私も丁重に行場からの移動を毎回お願いしますが、怒鳴って、ああ言えばこう言うです。売られた言葉は買いたいですが、行場で喧嘩はもっての外。前回、私が行をしている時、タバコを吸い始め、般若心経をあげる私の口に煙が風に乗って入ってしまい、苦しい思いをしました。歩きタバコの煙は50メートル後ろにいたって風に乗ってきますから、釣り人から見えないトコにいてもニコチンはくるのです。「神様の前でタバコはダメです」と言っても怒鳴るばかりです。なのに行場の神様が「話しかけなさい」とおっしゃるのです。それで気持ちを押さえ話しかけましたが、また威嚇でした。

昨夜は移動はお願いせず、タバコだけ我慢してもらうようお願いしましたら、「人の来ないとこに行け!」とか「早く死ね!」と怒鳴られました。行場の神様の前で、手を合わすことさえせず釣りをすることの方が間違ってるとは思うのですが。「死ね!」と怒鳴られて、子供の時「死ね!」といじめられた辛い経験が甦ってしまいました。般若心経を上げながら、泣きそうになりましたが、大峯山のお礼行だけは、しっかりさせていただきました。神様のおっしゃるように帰る時「兄さん、タバコ吸わないでくれてありがとう」と言いました。でも無視でした。私は行者で僧侶だから、その人を諭しなさいと神様に言われているです。。でも行場からの帰り道、忘れ物を車に取りに行ったらしいその釣り人と境内ですれ違うことになりました。「またね」と声かけたら、相手が「うん」。釣られて思わず言ってしまったのでしょう。(やった!)暗い中、ニヤリと笑う私がいました。
<< ネコ・天ちゃん ホテル・名古屋マリオットアソシ... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.