水行・年始最後の水行

d0339676_11254980.jpg

素晴らしい水行をさせていただきました。3日夜11時すぎの行が2015年になってからのベストでした。気温は4度。風も冷たく吹いていましたが、寒いはずなのに寒くないのです。冷たいはずなのに水が心地よく、痛冷たさを感じられないのです。結界を切って終わったと同時にガタガタ体が震え出し、足の指も、歯をくいしばるくらい痛みが襲ってきましたが。。。穏やかな清々しい水行を納めさせていただけました。今朝、午前3時半すぎの水行は、干潮だった海底に、ひと波ごとに海水を注ぎ込み、水位を上げて行く海を月が、ずっと照らしてくれていました。月が輝き、干潮が終わり、海水が波の音と共に激しく岸に攻めて来て、本来の海景色に変わって厳かな行場となりました。まさに宇宙の中で神様と光に包まれた私です。

この行場で、いついかなる時も、行をさせていただけるので、私は一人のちっぽけな人間を自覚し、赤ちゃんのような真っ白な心に戻れます。この行場で、名前も肩書きも生まれ育ちも年齢も何も問われない、命のひとつを感じることができるので、明日からまた、1人の人として頑張れるのです。素晴らしい行を与えていただいた、この清々しさ、感謝の気持ちを忘れることなく、けれども気負うことなく、また次の行まで一歩一歩歩んで行きたいと、広大な空と海を眺めながら、そう思いました。写真は行場から2キロメートル近く離れた海の日の出後の海水です。
<< ホテル・日航ホテル大阪日本料理・弁慶 水行(すいぎょう) >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.