水行(すいぎょう)

水行(すいぎょう)_d0339676_11254744.jpg

今朝3時の水行は、気温が1度となっているのに、名物の風が弱くて、冬の寒い中でも寒いの部類に入らないような穏やかな行場に、なっていました。これほど風の弱い夜は稀です。風が強風かどうかで随分、体感温度が変わりますね。でも、水から上がったら、やっぱり寒かったらしく、体が震え出しました。昨夜の行から、4月の石鎚山の前行を始めました。今年の四国は雪が多くて、山崩れが心配です。安全に登拝行が終えられるよう、しっかり前行を重ねなくては。。今の予定では16回以上確実に、前行ができそうです。今日のような穏やかな深夜の海と空のような状態の水行ばかりで春を迎えることは、長年の経験から決してありません。プラスマイナスなので、次回はどんな過酷な行が待っているのか。。ちょっと緊張のドキドキです。初詣で賑わった後だけに魑魅魍魎(ちみもうりょう)としたものがいっぱいではありましたが、月が雲の間から少しだけ顔を見せて暗黒闇ではなくして下さったので、少しだけ怖さが減りました。冬の寒行は、とっても体が辛いですが、
じっくりと宇宙や神仏様、そして自分と向き合うことができます。スーツ姿になったら、世俗の寒いこと。。かえってこたえます。
<< 金比羅神社・琴平山(こんぴらさ... 百島(ももじま)西林寺 >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.