ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2020年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
フィットネス再開
フィットネス再開_b0084241_21202089.jpg
やっとフィットネスが再開した。トレッドミル、筋トレ、そしてストレッチなど一通り試みた。3ヶ月の空白は大きい。体が完全に鈍っている。だが焦らずに、2ヶ月はかけて徐々にコロナ以前に戻るよう努めます。
by n_shioya | 2020-06-30 21:20 | コーヒーブレーク | Comments(0)
赤煉瓦街のレストラン
赤煉瓦街のレストラン_b0084241_21105234.jpg
日中の暑さにめげて潮風に吹かれたいと、みなとみらいへ足を運んだ。ついでに赤煉瓦街のレストランで夕食を済ます。店の名物らしいチキンのグリルとカラマリのフライを楽しんだ。依然飛鳥Ⅱが停泊中なのが気になる。
by n_shioya | 2020-06-29 21:11 | コーヒーブレーク | Comments(0)
嵐のパンケーキ
嵐のパンケーキ_b0084241_21130616.jpg
今朝は大雨を吐いて帝国ホテルへ。お目当ては朝食のパンケーキ。僕はふっくらした昔風のホットケーキは苦手で、ハワイ風のべったりした大判のパンケーキがお好みである。帝国ホテルのパンケーキはその中間だが、メープルシロップがドバドバかけれるのが嬉しい。そのあとはタワー名店街のマメールで、10日前に誕生した初曽孫のお祝いを選ぶ。10月には曽孫第2号が到着の予定。塩谷一家は日本の人口維持に貢献してます。
by n_shioya | 2020-06-28 21:13 | コーヒーブレーク | Comments(0)
自由が丘クリニックの勉強会
自由が丘クリニックの勉強会_b0084241_21382329.jpg
今日は自由が丘クリニックの勉強会。福岡から大慈弥教授をお招きして、「眼瞼下垂の手術」について。そのあとは自由が丘の中華で懇親会。
by n_shioya | 2020-06-27 21:38 | コーヒーブレーク | Comments(0)
眉毛のアートメーク
眉毛のアートメーク_b0084241_20382337.jpg
今日は「眉毛のアートメーク」の2回目。あまり冴えないと言われるかもしれないが、これはメークアップアーティストが自然に見えることを重視してくださってるからです。7月に3回目を受けるとそれで完成。1〜2年は持つそうです。でももっと持つかも、僕は顔を一切洗いませんので。
by n_shioya | 2020-06-24 20:39 | アンチエイジング | Comments(0)
蓑虫の呟き
蓑虫の呟き_b0084241_18240566.jpeg
「コロナ騒動で、日常が剥ぎ取られると、まるで蓑虫がその蓑から裸で引きずり出されたような感がある。だが開き直るとこれも悪く無い。生まれてこのかた、蓑は体に纏わりつく一方で、知らぬうちに随分と重く嵩張っていた。これですっかり世間体から自由になった。毎日数時間の通勤地獄も必須では無いとわかりました。冠婚葬祭ですらオンラインでも成り立ちました。コロナ離婚もその余波ですね。だが、裸のままでは風紀に反するので、また少しずつ蓑を纏って行かねばならぬ、今度は何が自分にとって必要な蓑か?十分に厳選しながら。まず欲しいのは「美」と「自然」。そして「共感」。具体的には「美」は芸術。美術とか音楽とか。「自然」は野山の息吹。そして草花。「共感」は家族や友人そして他人との気持ちの分かち合い。これだけあればなんとか暮らしていけそうです。そう、どれもあまり「生産性」は無いですね。でも生産性は化けの皮が剥がされた「必要悪」の一つとして最小限に抑えましょう。
by n_shioya | 2020-06-23 18:25 | コーヒーブレーク | Comments(0)
高崎のシンシアガーデンクリニック
高崎のシンシアガーデンクリニック_b0084241_21562027.jpeg
県外移動が解禁になったので、早速訪れたのは高崎のシンシアガーデンクリニック。泉院長は防衛医大の出身だが、思うところがあって美容医療のクリニックを立ち上げた。音楽療法やアロマ空間などを取り入れたユニークなクリニックで、僕も応援させていただいている。今日の訪問記は近々ユーチューブにアップしますので、乞ご期待!
by n_shioya | 2020-06-19 21:57 | アンチエイジング | Comments(0)
キャバクラ、歌舞伎町
キャバクラ、歌舞伎町_b0084241_22160889.jpeg
日本経済の復興のためには歌舞伎町の存続が必須のように毎日議論が続いているが、いささか滑稽な感がないでもない。キャバクラ、歌舞伎町の愛好者からのバッシングを覚悟で私見を述べたい。そもそもキャバクラ、歌舞伎町は不要不急の際たるものではなかろうか?しかも、3密の最大課題、「密着」そのものが目的ではないか?なぜこれを最優先課題にしなければならないのだろうか。実は僕は酒も飲めないし、どういうわけかキャバクラ嬢には全く関心がないので足を運んだことがない。逆にこのことで随分といじめにあったものである。医者の世界では学会、研究会の後は銀座などのバーに繰り出し親交を深める(誰と?)のが慣習だった。そんな時、俺は行かないというと白い目で見られる。それだけではない、お前それでも男か?と彼らは執拗にせまる。僕にとってはまるでセクハラであった。そして僕は編み出した防御策は、“俺は金で買える女には興味ない”という啖呵である。どっちらけになること間違いなしだが、確実な撃退法である。
by n_shioya | 2020-06-17 22:16 | コーヒーブレーク | Comments(0)
バスク風アサリご飯
バスク風アサリご飯_b0084241_21060815.jpg

バスク風アサリご飯は、伝統的なパイエラと一味違って、リゾットに近い。昨日、関内のバスクレストラン・ビオッツァで初めて口にしたが、なかなか乙なものである。スペインには何度か行ったが、バスクはまだである。独特の文化地域で、独立騒ぎがくすぶっているので、名前はご存知の方も多いかもしれない。オーナーシェフはジャイカの仕事でスペインに行かれ、そのまま居ついてバスク料理を修行、6年ほど前に帰国してビオッツァを開店されたという。スペイン料理のお好きな方は是非お試しください。https://bihotza0453153393.wixsite.com/bihotza/about-bihotza
by n_shioya | 2020-06-12 21:06 | コーヒーブレーク | Comments(0)
八ヶ岳の天満敦子
八ヶ岳の天満敦子_b0084241_18394845.jpg
週末は八ヶ岳の山小屋で過ごした。今は小梨の白い花が真っ盛り。紫の三つ葉つつじは盛りを過ぎ、これからはオレンジ色の蓮華つつじが目を楽しませてくれる。次に来れるのはいつになるだろう。
by n_shioya | 2020-06-08 18:40 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム