ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2020年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
終のすみか
終のすみか_b0084241_22511097.jpg
「終のすみか」老後は誰しも自然豊かなところで過ごしたいと思うが、人里離れた老人ホームではあまり人は落ち着かないと言われる。むしろ、都会の喧騒からほど遠くない方が好ましいロケーションだという。山碕武也の「老後は銀座」はまさにこの点を粋に描き出している。「幾つになっても男と女」をアンチエイジングのモットーとし、歳を取ってもお洒落心を忘れずにと唱えている僕だが、これほど具体的に心の動きを追ったことはなかった。今僕は「心のアンチエイジング」を模索している。この本はまたとない手引き書である。
by n_shioya | 2020-02-17 22:51 | アンチエイジング | Comments(0)
トランプと安倍
トランプと安倍_b0084241_20334952.jpg
「トランプと安倍」いつものメンバーで会食した時、アメリカの大統領選が話題になった。トランプのデタラメさに花が咲いたが、安倍だって似たようなもんじゃないかとまたひとしきり安倍の悪口に花が咲いた。だが、と一人の奴が言った。安倍とトランプはどこが違う?彼に言わせると政治家には4つのタイプあるという。つまり馬鹿か利口かと悪意か善意かの組み合わせである。望ましい順に列挙すると、まず最も望ましいのは「善意の利口」。だがこれは滅多に現れない。ついで「悪意の利口」。望ましくはないが大方はこの辺。その国にとって望ましくないのは3番目の「悪意の馬鹿」。これがトランプで、世界に害毒を流すという。だが、最もたちの悪いのは「善意の馬鹿」。その典型が安倍首相だそうだ。彼のいうその理由は多々ありすぎて、ちょっとこの紙面には収まりそうもありません。
by n_shioya | 2020-02-16 20:34 | コーヒーブレーク | Comments(0)
男のお洒落
男のお洒落_b0084241_21471059.jpg
「男のお洒落」僕は昭和一桁。戦争の申し子で生き延びるのが精一杯の子供時代。お洒落とは無縁の存在だった。そう思ってきたが、旧制高校時代の弊衣破帽、これも立派なおしゃれではなかったかと気づいた。そしてわずかだが僕なりの服飾へのこだわり。ジャケットはツイード。しかもハリスツイードでなければならない。ズボンはノータックで裾は折り返し無し。そしてネクタイ。お気に入りのタイのブランドを確かめると、やはりダンヒル、ヘルメスそしてシャネル。ネクタイは女性から贈られるものと心得ている。締めるたびのその女性を想い出す。何かその女性に首を締め上げられているようで、マゾ気味の僕には心地よい。忘れてならないのは車。今でも年間4万キロを走っている僕にとっては車はもう体の一部。少なくも身にまとう衣(ころも)である。今乗ってるのは白のカブリオレで赤のトップ。派手めではあるが、人の目は気にならず、これに乗り込むとやる気が湧いてくる。「色彩」は大事ですな。そしてトップを下ろして隣に美女が収まれば、最高のお洒落となる。 
by n_shioya | 2020-02-15 21:47 | 美について | Comments(0)
我が人生最良の日
我が人生最良の日_b0084241_23153081.jpg
今日はバレンタイン。酒に弱く毎日チョコを嗜んでいる僕にとって1年で最良の日である。寝る前にもチョコで安眠を取ると言ったら言い過ぎかも・・・
by n_shioya | 2020-02-14 23:16 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ブダペスト展
ブダペスト展_b0084241_21320784.jpeg
ブダペスト展を観てきました。素晴らしいコレクションですね。ルネッサンス期の名画の数々、その存在すら知りませんでした。また近代絵画の潮流をよそに、頑なに写実主義を貫いた画家たち。楽しく拝見しました。
by n_shioya | 2020-02-11 21:32 | 美について | Comments(0)
性と愛の脳科学
性と愛の脳科学_b0084241_21503915.jpg
「性と愛の脳科学」昨年暮れから読み始めた「性と愛の脳科学」、やっと読み終えました。やっとというのは、動物実験や心理テストの記述が煩雑なのと、翻訳があまりこなれていなかったからです。でも、内容はおもしろかっった。結論から言うと、人間の愛情はヴァゾプレッシンとオキシトシンという二大脳内ホルモンに左右されるということ。これには脳の報酬系が核となっていること。その点で「愛」は依存症とも言えること。これは動物でも同様であること。人間はそれを理性がコントロールして思っているが、理性と本能の戦いでは理性はしばしば負けてしまうこと。などなど。みなさんはどうお考えになりますか?
by n_shioya | 2020-02-10 21:51 | コーヒーブレーク | Comments(0)
男と女
男と女_b0084241_21390707.jpg
フランシス・レイのダバダバダ、ダバダバダの懐かしいメロディーとともに、クロード・ル・ルーシュの「男と女」が50年振りに帰ってきた。しかもアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンという50年前と同じキャストで。奇跡としか言いようがない。今回は認知症で老人ホームジャン・ルイに憩うをアンナが訪れ、「最良の日々」を想起していく。さすがクロード・ル・ルーシュ、えも言われぬ洒落た作品に仕上がっている。。皆様も是非、ぜひどうぞ‼️
by n_shioya | 2020-02-09 21:39 | コーヒーブレーク | Comments(0)
今年の課題
今年の課題_b0084241_22485494.jpg
正月を迎えてから何かと忙しく、今年の予定というか課題をじっくり考えるいとまがなかったので、ここで改めて列挙してみると。1 塩谷塾の充実。8年目を迎えた「アンチエイジング塩谷塾」の地道な発展。2 感情と表情の関連の追求。特に「スマイル」を軸に。3 ヨミドクター のコラム「心のアンチエイジング」の継続。4 高齢を迎える方々のための入門講座のスタート。5 ミスパリの専門職大学「美とウエルエイジング」の支援。6 僕が名誉院長を務める「Dクリニック東京」の新たな分野への展開。7 「幸福論」の探求。8 五感を研ぎ澄ます。えらい盛りだくさんと思われるかもしれませんが、全てこれまでFBにアップしてきた課題ですのでよろしくご支援のほどを。
by n_shioya | 2020-02-08 22:50 | アンチエイジング | Comments(0)
ダイアモンドプリンセス
ダイアモンドプリンセス_b0084241_21425058.jpg
みなとみらい21からベイブリッジを見渡すと、橋桁に隠れて純白の豪華客船が横たわっている。今話題のダイアモンドプリンセスである。中には3000以上の乗客が閉じ込められているという。新型ビールスの感染防止のための隔離である。なんともお気の毒としか言いようがない。ちょうど同じ時に、新型ビールスの最初の発見者の医師の死亡が報じられた。中国当局はデマで人心を混乱させたとしたとしてこの医師を処罰したという。このための一週間の遅れが、これほどの蔓延を引き起こしたのでは、と考えるとますます複雑な思いにとらわれる。言論統制は中国のお家芸。だが、安倍内閣の言論統制はもっと巧妙で隠微である。シロアリのように我が国の屋台骨を腐らせている点では、新型ビールスよりも害は深いかもしれない。
by n_shioya | 2020-02-07 21:44 | 医療全般 | Comments(0)
N響の定期演奏会
N響の定期演奏会_b0084241_23074537.jpg
今日はN響の定期演奏会。プロコフィエフののバイオリン協奏曲とラフマニノフの交響曲第1番。指揮はパーヴォ・ヤルヴィ。バイオリンは若手のレティシア・モレノなかなかの熱演でした。
by n_shioya | 2020-02-06 23:08 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム