ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2019年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ビタミンC点滴の日
ビタミンC点滴の日_b0084241_21030771.jpg
今日はビタミンC点滴の日。このところ、月2回ほどのペースで、ビタミンCとプラセンタの点滴を受けています。なんとなく調子がいい。少なくも今年は風邪は一度もひかずにすみました。点滴の効果ではなく、美女効果と言われるかもしれませんが、どっちでもいいじゃないですか、元気が出るのなら。
by n_shioya | 2019-07-12 21:03 | アンチエイジング | Comments(0)
絵の内と外
絵の内と外_b0084241_21270289.jpg
今日はまたギャラリー・ゴトーへ。先週の谷川俊太郎の詩の朗読を兼ねた「サロン・コンサート」は素晴らしかったが、肝心の作品展を見そこなたったので、改めて訪れた次第。このイベントのために谷川さんが書き下ろした「絵の内と外」は心に響く名詩である。それに触発されて描かれた作品群も皆魅力的である。
by n_shioya | 2019-07-11 21:27 | 美について | Comments(0)
アロマで安眠を
アロマで安眠を_b0084241_22425402.jpg
アンチエイジングの二本柱として「バランスのとれた食事」と「適度な運動」が挙げられてきたが、最近は「安眠」が三本目の柱として強調される。確かにそうだろう。だがこの睡眠、生易しいものでない。他の柱と違い、努力するほど睡眠は遠ざかってしまうからである。睡眠障害には3っつのパターがある。①導入障害②中途覚醒③早期覚醒である。どれもが加齢により進行するが、一番厄介なのは中途覚醒。1、2度は我慢するとしても、3、4度となると睡眠の質は大幅に妨げられる。最近の睡眠剤は習慣性に乏しいから、必要なら遠慮なく睡眠剤をと専門家は仰るが、素人にとってやはり依存症は気がかりだ。御多分に洩れず僕もしばらく前から睡眠障害には悩まされている。最近、騙されたと思ってと知人に勧められ、はアロマを使い始めてから、なんとなく調子がいい。もちろん睡眠は心理的な要素も大きいので、アロマの直接の効果とは言い切れないが、無害なので、お悩みの方は一度お試しください。具体的にはラベンダーが中心のようですが、いろいろありますので専門家にご相談ください。
by n_shioya | 2019-07-10 22:43 | アンチエイジング | Comments(0)
京都の休日
京都の休日_b0084241_22345805.jpg
七夕の夕べを京都で過ごし、今日もゆっくりと京都散策。「広隆寺」の弥勒菩薩をスタートに、「奥嵯峨野」という贔屓にしてる小物店、「祇王寺」そして締めはねねの怨念のこもる「園徳院」でお薄を。よき「京都の休日」でした。
by n_shioya | 2019-07-08 22:35 | コーヒーブレーク | Comments(0)
62年目の結婚記念日
62年目の結婚記念日_b0084241_21005978.jpeg
今日は七夕。そして明日は我々の結婚記念日。1日早いが62年目の結婚記念日を京料理で祝った。食後は南禅寺、蹴上インクラインや新京極を散策。幸い天気に恵まれました。また一年、よろしくお願いします。
by n_shioya | 2019-07-07 20:58 | コーヒーブレーク | Comments(0)
谷川俊太郎をONGAKUする
谷川俊太郎をONGAKUする_b0084241_21170276.jpg
久しぶりにギャラリー・ゴトーに立ち寄ると、ラッキーなことに画廊コンサート「谷川俊太郎をONGAKUする」が始まるところだった。この日のために谷川俊太郎が作った詩「絵の内と外」にインスパイアされた12人の画家の作品に囲まれて、岩本拓郎さんと鍋島佳緒里さんの朗読と歌に聞き惚れた。いいですなぁ、やはり詩は朗読されるべきもの。後藤真理子さん、ありがとう。
by n_shioya | 2019-07-06 21:17 | 美について | Comments(0)
おやつシンポジューム
おやつシンポジューム_b0084241_21381060.jpg
今日はウェルネスフーゴジャパンの「OYATSUシンポジューム」に参加。あえて英語でOYTSUとしたのは、おやつを世界に広めたいという矢澤会長の思い入れである。抗加齢の分野で最近言われ始めたのは、おやつの効用である。あまり空腹状態で食事を摂取すると、血中グルコースレベルが急上昇する。いわゆる血糖値スパイクと呼ばれ、全身への悪影響が指摘されている。適度な間食はそのスパイクを抑えるという。おやつは楽しい。それが健康につながるならこんないいことはない。でも、食べる量と時間は配慮されるように。
by n_shioya | 2019-07-05 21:39 | 食生活 | Comments(0)
RBG。最強の85才。
RBG。最強の85才。_b0084241_21235666.jpg
RBG。最強の85才。と言われても、老婆の判事の物語がなぜ映画になるのか、見当がつかなかった。だが、素晴らしい映画だった。十分見ごたえがあった。実在の人物、しかもドキュメンタリーである。性差別と闘い続けてきた、米国最高裁判事のルース・ベーダー・ギンスバーグ。不明にも僕はその存在を今まで知らなかった。何も女性に特権をというのではない。ただ男女平等に扱えという今なら至極当たり前の要求である。だが、当たり前と今言ったが、本当にそうだろうか?まだまだ日本は男尊女卑の社会である。特に医者の世界では。そして日本社会では全体の隅々まで、男性目線が行き届いている。世の女性よ。RGBに倣って、男女という性差の前に、まず同じ人間である社会を目指しましょう。
by n_shioya | 2019-07-04 21:24 | コーヒーブレーク | Comments(0)
自由が丘クリニックの年次大会
自由が丘クリニックの年次大会_b0084241_21595639.jpg
今日は自由が丘クリニックの年次大会。上海自由が丘クリニックの美女軍団も駆けつけ、セルリアン・タワーで賑やかに和やかに行われた。フェースリフトからヒアルロン酸そしてエステまで、文字通りトータル・ビューティ・ケアの数少ない老舗クリニック、自由が丘。さらなる発展が期待されます!
by n_shioya | 2019-07-03 22:02 | 美容外科 | Comments(0)
山の生活
山の生活_b0084241_20500317.jpg
先週一杯山で過ごして、今横浜に戻ったところ。梅雨なので覚悟していったが、決して上天気ではないが、幸い本格的に振られたのは1日だけ。ちょうどレンゲツツジも終わりで、花は楽しめなかったが、やはり緑の空間には癒される。そして山に居ると、下界のご馳走が要ら無くなる。むしろ、山の魅力の妨げになる感じで、山菜そばなどが最高のご馳走になる。次に行けるのは8月になってからかな。
by n_shioya | 2019-07-01 20:51 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム