ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2018年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
小町通りの異変
小町通りの異変_b0084241_21573631.jpg
鎌倉の小町通りの老舗フレンチ「コアンドル」はお気に入りの店の一つだ。オークラで修行した支配人の売りはビーフシチューである。コクのある熱々のデミグラソース。それを楽しみに今日訪れたら、建物は取り壊され、来年末に再開とある。がっくり!やむ終えず、と言ってもこれもお気に入りの店だが、そば屋「山路」で天ざると。これがまた実に美味い。蕎麦も天ぷらも。食後は雪ノ下カトリック教会で、待降節の御ミサに与る。いつも言うことだが、この鎌倉が車で30分圏内にあるのは本当にありがたい。
by n_shioya | 2018-12-08 21:58 | コーヒーブレーク | Comments(0)
インドがお好きですか?
インドがお好きですか?_b0084241_22112896.jpg
僕はインドに一回しか行ってない。だが、その印象は強烈だった。大概の国は、行く前の予備知識で想像したものとあまりかけ離れて驚かされることはあまりない。だがインドは違った。時間と空間の観念がどっかにすっ飛んでしまうような異次元の世界。インドを旅する人は二つに峻別されるという。異次元にすっかりハマってしまうか、不潔という一言で片付けるか。僕はそのどちらでもないが、同行した娘はすっかりハマって、その後またインド放浪を続け、ヨーロッパに行くくらいならまたインドに行きたいという始末。さて今日の映画は「ガンジスに還る」である。寿命を悟った父親はガンジスの聖地バラナシに向かう。それを追う家族三人との葛藤。ああ、こういう逝き方もあるのかと、ほのぼのと心休まる作品だった。ちょうど象のように、自らが定めた時に、自らが選んだ場所で人生を終える。素晴らしい「終活」ではないですか。実は今年に入り、7年前の事故の後遺症か、加齢による脊柱管狭窄症か、下腿の痺れと不安定さに不安を感じ、多少の自信喪失もあって“もう生きてくのに疲れた”と言いたくなるようになった。この映画では父親がバラナシに向かうと家族に告げた時、全く同じ言葉を発している。これは僕の「抗加齢哲学」と全く矛盾することはない。生あるうちは全力で「今を生き」、時が来れば「従容とながの眠り」に着く。僕がこの映画から「不思議な安らぎ」を得た理由である
by n_shioya | 2018-12-07 22:11 | アンチエイジング | Comments(0)
表情の不思議
表情の不思議_b0084241_22071702.jpg
このところ僕は表情に凝っている。特に「感情と表情の連携」、特に表情筋の働きと意義について嵌っている。そのきっかけは、中央大学の山口真実教授の新刊書「損する顔、得する顔」である。そして来年の塩谷塾の課題の一つとして表情を取り上げようとと考え、下調べを始めたところ、ダーウィンに行き当たった。あの「進化論」提唱者ダーウィンである。「人及び動物の表情について」今手にしている岩波文庫の翻訳本は1931年に発売されている。僕の生まれた年だ。これも何かのご縁と、今年中に読了するつもり。読み始めるとさすがダーウィン、その観察と分析は素晴らしい。
by n_shioya | 2018-12-06 22:07 | コーヒーブレーク | Comments(0)
急増する女性の髪の悩み
急増する女性の髪の悩み_b0084241_21472990.jpg
今日は僕の関係するクリニック・グループの忘年会。日本で初めてAGA専門の「発毛クリニック」である。東京では八重洲のフォーシーズンスのビルの10階を占拠し、エレベーターを隔てて、メンズヘルスクリニックとウイメンズヘルスクリニックに分かれている。僕はそのウイメンズの名誉院長。メンズの名誉院長は医学部のクラスメート、熊本悦郎君だ。彼はご承知、男性更年期外来の旗振り役。男は俺に任せろ、お前は女で我慢せい、と言われその幸せな住み分けが15年続いている。こうしてウイメンズクリニックの美女医お二人を支えるのが、名誉院長の役得、いや役目である。それにしても最近は女性の髪の悩みが急増している。ウイメンズクリニックでは髪のお悩みに限らず、女性のアンチエイジングのクリニックとしてなんでもご相談に乗ってますので、気軽にご相談ください。やはり女性には女医さんが最高です。
by n_shioya | 2018-12-05 21:48 | アンチエイジング | Comments(0)
アロマ石けんの楽しみ
アロマ石けんの楽しみ_b0084241_21353990.jpg
世の中には色々なオタクがあるが、配偶者は「石鹸オタク」である。様々な石鹸を買い込んでは楽しんでいる。たかが石鹸では無いかとぼくは思うが、顔・体もよう洗わず、外科医を辞めた今は手を洗うことも少なくなった貴方には、石鹸の楽しさはわかるはずがないと言われてしまう。そして今日、ある石鹸オタク女性から奥様へと「フロリンダ フレグランスソープ」というのが送られてきて、配偶者は感激している。イタリアのミラノ近郊で作られた、アロマ入りの「植物性天然石鹸」だそうだ。その彼女は本職はライターだが、石鹸好きが高じて、フロリンダの販売代理店を始めたという。今は世を挙げてアロマ・ブームである。匂いは脳に直接働きかけるので、アンチエイジングに即効性があるとは、僕自身唱えているところである。そのアロマを毎日のライフスタイルに自然に取り入れるという点では、フラグレンスソープも満更でもないかもしれない。
by n_shioya | 2018-12-04 21:36 | アンチエイジング | Comments(0)
いのち〜人はいかに生きるか〜
いのち〜人はいかに生きるか〜_b0084241_20075471.jpg
「いのち〜人はいかに生きるか〜」堀江君の出版記念会が先日学士会館で開催された。彼の交友の広さが伺える楽しい会だった。堀江重朗君は順天堂の泌尿器の教授であり、日本校加齢医学会の理事長でもある。その対談集「いのち〜人はいかに生きるか〜」は実に面白い。政治、哲学、文学、医療、芸能、スポーツ・・・と分野は多岐にわたる。昨日から読み始めて、山折哲雄(宗教哲学者)、金澤泰子(書家)、三木卓(詩人)、やなせたかし(漫画家)と続き、太田治子(作家)との対談を読み終えたところ。この先は、金田正一(元プロ野球監督)、林家木久扇(落語家)・・・・・と続く。対談相手もユニークだが、その方々からこれだけの身のある話を引き出せる堀江君の懐の深さにも感服した。皆さんも是非!
by n_shioya | 2018-12-03 20:08 | アンチエイジング | Comments(0)
美容外科の暗部
美容外科の暗部_b0084241_23005819.jpg
最近マスコミの報道が続いたので、ご覧になった方もあるかもしれないが、このところ美容外科分野で一騒動が持ち上がっている。豊胸目的のために乳房に異物を注射して引き起こされるトラブルである。実はこの問題は根が深い。50年前、福岡の女性が東京の美容クリニックで、胸に異物の注射を受け死亡した事件である。原因物質は事もあろうに工業用ワセリンで、間違って静脈に注入され、肺の血管が全部詰まってしまっていた。このような異物注射が今なお続いて、障害が頻発している為、日本美容外科学会(JSAPS)としても大々的な調査を行い、大慈弥理事長が厚労省の記者クラブで記者会見を行った次第。実はこの調査、多大な困難を伴った。このような医師はほとんどの場合、正規の学会に所属せずアングラで行なっているので、実態が掴みにくいからである。そもそも法律上は医師免許さえあれば、医師は何科を名乗っても構わない。僕が明日から産婦人科を名乗ることも可能である、ただ患者さんが来てくれるとは思えないが。とりあえず学会としては「美容外科のガイドライン」を作成し、「専門医制度」を整備して、法的な支えを可能にすべく、検討中である。
by n_shioya | 2018-12-02 23:02 | 美容外科 | Comments(0)
ケロイドは治せるようになった
ケロイドは治せるようになった_b0084241_18531982.png
「ケロイドは治せるようになった」今日は「ケロイド研究会」。会長は昭和大学の土佐先生。日本医大の小川先生と共に、ケロイド研究の双璧です。皆さんもよく経験するでしょう。傷をして抜糸も済んでもう治ったかと思うと、傷跡がだんだん赤く腫れて来て、いわゆるミミズ腫れになる。だがほっておくと半年一年で平らに白くなってくれる。よくこれを普通の人はケロイドと呼びますが、実はこれは我々は肥厚性瘢痕と呼びケロイドとは区別しています。ケロイドの場合は消退せずにどんどん拡大していきます。そして肥厚性瘢痕のように周りの皮膚を押し広げるのでなく、周りの健常な皮膚に浸潤、染み込んでいきます。下手に手をつけるとかえって広がってしまうので、ケロイドは触るなというのが嘗ての医学常識でした。だが最近ではケロイドも、縫合法、ステロイドそして放射線照射などを上手に組み合わせることでコントロール可能になってきました。この進歩には「ケロイド研究会」のメンバーが一役も二役もかってるのは嬉しいことです。 
by n_shioya | 2018-12-01 18:55 | 医療全般 | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム