ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2018年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
同級生交歓
同級生交歓_b0084241_21534459.jpg
熊本悦明君とは昭和30年に東大医学部を一緒に卒業した同期の桜である。僕は紆余曲折の後形成外科医となったが、彼はまっすぐに泌尿器の道を歩んできて、今では男性更年期障害、メンズヘルスの大御所である。抗加齢医学の分野でも、俺は男を受け持つから、女はお前にくれてやると言われ、止むを得ず??ぼくは女性のお相手を務めている。その熊本君がこの冬奥さんに先立たれ、“大変だよ、毎日料理するのは。やっと飯が炊けるようになった。”とぼやいていたので、今日はフォーシーズンスでランチを共にした。料理が出来ないのはぼくも同様である。だが、一時間半の食事中、彼は夢中になってこれからの仕事の計画を話し続けてくれた。それは、男性のテストステロン補充療法の延長線上にある女性のテストステロン療法である。なかなか世に認められないようだが、ぼくも同級生のよしみ。これから勉強しすることにした。
by n_shioya | 2018-12-20 21:54 | アンチエイジング | Comments(0)
心のアンチエイジング
心のアンチエイジング_b0084241_22012629.jpg
このところ出版業界の地盤沈下は危機的である。ともかく本が売れなくなったという。原因は人々の、特に若者の活字離れだ。本好きにとっては文化の将来が危ぶまれる。僕も何冊か本を出しているが、10年前まではいつも出版社からの依頼だった。こちらは横柄に構え、速記者を送れとかこのライターは気に入らんとか御託を並べ、引き受けた本が5〜10年も陽の目が当たらないことも珍しくなかった。ここにきて情勢は逆転した。大変良い企画と思っても相手にしてもらえない。自費出版か買取保証なら考えますが、と言われてしまう。実は来年の米寿に向けて、新たな著作を考えている。題して「心のアンチエイジング」。「見た目のアンチエイジング」関連の本飽和状態ので、あえて星の王子様が狐から諭された「大切なことは目に見ない」を軸に、米寿を迎えての様々な気づきに、アランの「幸福論」を意識しながら展開したいと思っている。意義に賛同する篤志家の現れんことを!
by n_shioya | 2018-12-18 22:02 | アンチエイジング | Comments(0)
日本橋は三越
日本橋は三越_b0084241_21365327.jpg
最近[日本橋]が勢いがいい。コレド室町やら、なんとかいうイベントホールやら新しくビルが立ち並ぶが、その合間に埋もれた老舗たちの魅力が増してくる。だが配偶者にとってはやはり三越。そのお帳場という毎月の売り出しには必ずお供させられる。僕の目当ては地下一階の山の上ホテルの天ぷら。「ミニかき揚げ丼」がお気に入りである。これには訳がある。御茶ノ水駅前の山の上ホテルは、場所柄出版所が多い。したがって本の出版の打ち合わせに使われることが多い。そしてホテルの売りの天ぷらをご馳走になる。それも贅沢なコース料理が多い。ある時、先付けやもろもろが多すぎて、締めのかき揚げ天丼が出てきた時、もうどうしても腹が受け付けてくれず、まことに悔しい思いをしたものである。食べ物の恨みは恐ろしいというが、いまだに僕がミニ天丼にこだわるのはそのためである。何より「美味い!」そしてご飯も適量である。赤だしもおしんこもあるべき姿を保っている。皆様も是非一度お試しあれ。その質を考えれば、1650円は決してお高くはないでしょう。
by n_shioya | 2018-12-16 21:38 | コーヒーブレーク | Comments(0)
誕生日は箱根で
誕生日は箱根で_b0084241_21391671.jpg
今日は「誕生日」ということで箱根まで足をのばし、オーベルジュ・オー・ミラドーで祝ってもらった。シェフの勝又さんとは長い付き合いである。50年前、東京にはまだ本格的なフレンチが存在しないとき、シェ・フィガロが生まれ、初めていわゆる「洋食」で無いフレンチを味わえるようになった。また、ドンクが誕生して食パンでは無いフランスパンも、手に入るようになった。しばらくして勝又さんもビストロ・ド・シテを開店した。そして33年前に箱根に日本で初めての、食事を楽しむための宿、オーベルジュをスタートさせる。その直後ぐらいにぼくは箱根で熱傷学会を主催し、オーベルジュを借り切って会長招宴を開催し、その時の見事な晩餐会は今でも語り草になっている。来年は米寿。お祝いはオーベルジュでということになるかも、その時にまだ主人公が存在していればだが・・・
by n_shioya | 2018-12-14 21:39 | コーヒーブレーク | Comments(0)
クリスマスはくるみ割り人形で
クリスマスはくるみ割り人形で_b0084241_22593657.jpg
「クリスマスはくるみ割り人形で」今日はサントリーホールでN響の定期公演。曲目はクリスマスにふさわしい「くるみ割り人形」。このチャイコフスキーの曲は決して唯の踊りの伴奏ではなく、立派に音楽として楽しめる曲だと認識を改めた。フェドセーエフの指揮も素晴らしかった。できれば悲壮も聞いてみたい。
by n_shioya | 2018-12-13 23:00 | コーヒーブレーク | Comments(0)
フレー、フレー 自由が丘クリニック!
フレー、フレー 自由が丘クリニック!_b0084241_21184830.jpg
「フレー、フレー 自由が丘クリニック!」20数年前、定年という年齢差別で大学をクビになり、路頭に迷っていた僕に救いの手を差し伸べてくれたのが、ちょうど同じ頃「自由が丘クリニック」を開業した古山登隆君である。彼は北里の形成外科でレジデントを終え、講師まで勤め上げた。「培養皮膚」という今の再生医療の先駆けとなる研究もしている。僕の書籍などの資料を引き取り、居場所を作ってくれ、専門外来まで開いてくれた恩人である。古山君は地域密着型のクリニックを唱え、東西は環七と環八の間、南北は中原街道と246の間に囲まれた四角の中をテリトリーとしていたが、今や中国に進出を果たし、その先にグローバルな展開を企んでいる。今日はその自由が丘クリニックの「全体会議」。一年の総括と将来計画が午後一杯討議された。
by n_shioya | 2018-12-12 21:20 | 美容外科 | Comments(0)
フレー、フレー 自由が丘クリニック!
フレー、フレー 自由が丘クリニック!_b0084241_21184830.jpg
「フレー、フレー 自由が丘クリニック!」20数年前、定年という年齢差別で大学をクビになり、路頭に迷っていた僕に救いの手を差し伸べてくれたのが、ちょうど同じ頃「自由が丘クリニック」を開業した古山登隆君である。彼は北里の形成外科でレジデントを終え、講師まで勤め上げた。「培養皮膚」という今の再生医療の先駆けとなる研究もしている。僕の書籍などの資料を引き取り、居場所を作ってくれ、専門外来まで開いてくれた恩人である。古山君は地域密着型のクリニックを唱え、東西は環七と環八の間、南北は中原街道と246の間に囲まれた四角の中をテリトリーとしていたが、今や中国に進出を果たし、その先にグローバルな展開を企んでいる。今日はその自由が丘クリニックの「全体会議」。一年の総括と将来計画が午後一杯討議された。
by n_shioya | 2018-12-12 21:20 | 美容外科 | Comments(0)
北里医学部教授会の忘年会
北里医学部教授会の忘年会_b0084241_21552189.jpg
今日は北里の忘年会。まだ10数人はいるはずの名誉教授も、出席者はわずか4、5人。年年寂しくなるが、その分若い現役教授が増えているのは頼もしい限り。いつも言うようにぼくは北里大学に今でも感謝している。アメリカかぶれした跳ね返りの若ん憎を温かく迎え、したい放題を許してくれたからである。いい大学ですよ、北里は。皆さん!
by n_shioya | 2018-12-11 21:55 | コーヒーブレーク | Comments(0)
アロマに嵌って
アロマに嵌って_b0084241_21324862.jpg
「アロマに嵌って」この20年。ぼくが便秘に悩まされ続けてきたことは、度々アップしたとおり。切羽詰まると駆け込みのは「便秘の女神」小林暁子先生の小林メディカルクリニックに駆け込む。前から、“一度腸もみを試されたら?”と先生が運営される「腸もみサロン」をお勧めいただいていた。実はこのサロン、塩谷塾生の一人三井エレナさんがアロマを導入されている。今日はそのエレナさんのご案内で、腸もみとインディバとそしてもちろんアロマの施術をたっぷり受けてきた。効果のほどは明朝を待たねばならぬが、全身はすでに副交感神経優位の穏やかな気分に包まれている。ありがとうございました。
by n_shioya | 2018-12-10 21:34 | アンチエイジング | Comments(0)
優しい声には気をつけよ!
優しい声には気をつけよ!_b0084241_08160948.jpg
「優しい声には気をつけよ!」一時は眼に余るものがあった美容外科の宣伝広告も、多少改まってきたのが気づかれましたか?今年から始まった医療広告規制の、具体的にはネットパトロールの効果が現れてきたようです。誇大、虚偽広告の取り締まり、患者の体験談の禁止,そして除外規定はあるものの術前術後のフォトの掲載禁止。もちろんこれはクリニックの広告に限りますが。だが違反スレスレの表示もまだ散見するようです。当局の人手も予算も足りないことが原因の一つですが、一部悪徳業者の「抜け道教えます」と言った講習会も足を引っ張っているようです。また数千円から数万円といった破格な料金で釣っておいて、手術台の上で料金を加算して一桁も二桁も高額に吊り上げていくいわゆる「ベッドサイドビジネス」も後を絶たないようですが、これは広告だけでなく、診療行為まで追跡調査をしないと立証できないので、手が回らないいのも現実です。違反と思われる広告に気づかれた方、また被害に遭われた方は以下までご連絡のほどを。03−3293−9225Iryoukoukoku-patroll,com
by n_shioya | 2018-12-10 08:16 | 美容外科 | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム