ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2018年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
「日本脱毛医学会」に出席して
b0084241_22114885.jpg
最近の「脱毛医療」の進歩は目を見張るものがある。とりもなおさずレーザー機器の進歩だ。施術の容易さだけでなく、全身の処置も〇〇分でとスピードを競うようになっている。昔の、毛根に一本、一本針をさしていた「電気脱毛」の時代を思うと嘘のような話である。脱毛は医療行為と主張しても、あの気の遠くなるような作業を医者にやらせるのは無理だった。だが、レーザー照射なら医者でも、失礼、十分可能である。いやむしろ、一見容易に見えるレーザーこそ、医師が行う医療行為であると主張したい。レーザー機器は使い方を誤れば局所の火傷をきたす。また皮膚全体を照射するので、皮膚に異常がないか、見分けなければならない。そして、これはこれからの課題だが、レーザーが正常皮膚に与える影響を医師が長期にフォローする必要がある。ちなみに看護師が医師の指導のもと施術することは、「補助看法」で認められている。有川会長ご苦労様でした。また、会員の皆さんもますます技術の向上を目指し、「脱毛は医療機関で!」と啓蒙活動に励んで下さい。フォトは有川公三会長夫妻と山下理絵湘南鎌倉病院部長。
by n_shioya | 2018-02-18 22:12 | コーヒーブレーク | Comments(0)
断捨離の難しさ
b0084241_22263816.jpg
今日のランチは次男とスカンディアで。課題は我が家の「断捨離」。これが難しいんですなぁ。僕は「捨て魔」で、配偶者は「抱え込み魔」。だいたい夫婦というものはお互いの違いを助長する傾向がある。僕が捨てると配偶者が夜中に拾ってくる。実は50年前、3万円を、銀行振込以前の東大の助手の月給だったが、ゴミ箱から発見し、「拾い癖」が助長された。こうしてゴミは溜まってきた。そこで次男が行司役として、これから一年かけて我が家をゴミ屋敷から解放するロードマップを作ってくれた。あとは実践あるのみ。
by n_shioya | 2018-02-17 22:27 | コーヒーブレーク | Comments(0)
銀座ケイスキンクリニック訪問
b0084241_21285936.jpg
こと美容医療に関しては、我々男性医師は女医さんにはかなわない、というのが僕の持論である。彼女らは女性の悩みを自分の問題として優しく受け止め、ご自分でも納得がいくまで試されるからである。それに引き換え、我々男性医師は、というか少なくも僕自身は、「シワの一つや二つ」といった本音が顔に現れ、患者さんに逃げられてしまう。これまでも、其の代表格として湘南鎌倉病院の山下理絵部長、石井クリニックの近江谷みどり院長、ちはるクリニックの渡部千春院長などをご紹介してきたが、今日は銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子院長をお訪ねした。まず、其の落ち着いた雰囲気が気に入った。クリニック臭はなく、かといって当節流行りのエステ風キンキラでもなく、狭いながらのシックな佇まいである。其の診療体制も一人一人の患者さんを入念にお相手できるようになっている。何よりも驚かされたのは、レーザー機器の品揃え。どんな疾患にも最も適切な機種が選ばれるだろう。褒めすぎと思われる方は、実際にクリニックを受診されれば納得されるでしょう。
by n_shioya | 2018-02-15 21:29 | Comments(0)
「灰の水曜日」
b0084241_19193119.jpg
“汝は塵なれば塵に帰るべし”という聖書の言葉に従って、額に灰で十字架が描かれる。今日は「灰の水曜日」。一年のうちで最も心の休まる日である。そう、俺はどうせ塵なんだ。何も肩肘張って偉ぶったり、世界の苦悩を背負ったりすることはない、という悟りか。実はカトリックにとって復活祭はクリスマスよりももっと大事な日である。クリスマスはキリストの誕生祝いだが、誕生日なら塵でも持っているが、復活記念日はキリストだけというわけでなく、キリストの復活はカトリック信仰の核心とされている。そして今日からレントといって、復活祭への心の準備期間が始まる。お前は本当に復活を信ずるか?と問われれば、僕はこう答える。個人的な体験に照らして、復活はあり得ると思う。だが、事実としてあったかどうかは、人づてに頼るしかない。と。
by n_shioya | 2018-02-14 19:20 | Comments(0)
ロータリーこそアンチエイジング
b0084241_23074888.jpg
「ロータリーこそアンチエイジング」事情があってロータリーは退会したが、今でも羊年のメンバーの集まり「羊の会」には呼んで頂いている。いつも困るのは“先生のアンチエイジングは?”と聞かれることである。実は特別なことは何もしていないからだ。だが、一つ肝心なことを忘れていたのに今日気づかされた。まさにこの「羊の会」である。アンチエイジングで最も大事な「脳の活性化」に以下の三点で貢献してくれる。①まず色々な方々とのコミューニケーションの場であること。②そして様々な他分野のお話が聞けること。③そして新しいことへの挑戦のチャンスが生まれること。改めて“ロータリーこそ最高のアンチエイジング”とメンバーに申し上げた。
by n_shioya | 2018-02-13 23:08 | アンチエイジング | Comments(0)
ぼくの名前はズッキーニ
b0084241_22171137.jpg
恵比寿ガーデンプレースに「バーチョ・ディ・ジュリエッタ」というイタリアンがある。値段もリーズナブルで気軽に入れるトラトリアだが、味はなかなかでサービスのノリも良い。、連休最終日の今日は孫娘を連れてランチを楽しんだ。食後のデザートは端折って、隣のシネマでいま評判の「ぼくの名前はズッキーニ」を観る。これがまたメッチャ面白かった。親に捨てられたか、不祥事で親を失ったかの「訳ありの子供達」の「孤児院」の物語である。「ストップ・モーション・アニメーション」という手法だそうだが、聞くほどに気の遠くなるような作業のようだ。深刻で、際どい内容のはずだが「人形劇」なのでかえって爽やかに楽しめる。皆様も是非どうぞ!
by n_shioya | 2018-02-12 22:18 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ぼくの名前はズッキーニ
b0084241_22171137.jpg
恵比寿ガーデンプレースに「バーチョ・ディ・ジュリエッタ」というイタリアンがある。値段もリーズナブルで気軽に入れるトラトリアだが、味はなかなかでサービスのノリも良い。、連休最終日の今日は孫娘を連れてランチを楽しんだ。食後のデザートは端折って、隣のシネマでいま評判の「ぼくの名前はズッキーニ」を観る。これがまたメッチャ面白かった。親に捨てられたか、不祥事で親を失ったかの「訳ありの子供達」の「孤児院」の物語である。「ストップ・モーション・アニメーション」という手法だそうだが、聞くほどに気の遠くなるような作業のようだ。深刻で、際どい内容のはずだが「人形劇」なのでかえって爽やかに楽しめる。皆様も是非どうぞ!
by n_shioya | 2018-02-12 22:18 | コーヒーブレーク | Comments(0)
「アンチエイジング それ何の為?」
b0084241_22402922.jpg
「アンチエイジング それ何の為?」アンチエイジングは「健康長寿」の為と言うでしょう。だがその健康長寿は何の為?考えたことはおありですか?それが目的ジャン、と言われるかもしれません。違います。アンチエイジングは「生活の質(QOL)」を保つ為。ではその「QOL」は何の為?ホワイを問い続けて、落ち着くところは「幸せ」となります。また女性なら「美しく歳を重ねる」為と言われるかも。でもそれを問い詰めると、やはり「幸せ」ということになるようです。今の世はハウツーが氾濫しています。ホワイ?(それ何のため?)が欠落してるようです。その為僕はアンチエイジング塩谷塾を立ち上げました。毎月一回。ホワイを掘り下げた討議を重ね、今年で6年目。四月から第Ⅵ期がスタートします。その説明会を17日に銀座交詢ビルで開催しますので、ぜひご参加ください。今年の課題としては①五感を研ぎ澄ます〜自分のフィーリングを大切に〜②心のアンチエイジング〜幸せとは〜を取り上げる予定です。https://www.anti-ageing.jp/news/shioya-school-2018/
by n_shioya | 2018-02-11 22:42 | Comments(0)
「連休の初日は鎌倉らい亭で」
b0084241_20235477.jpg
「久しぶりに鎌倉山へ。お目当は「らい亭」である。定番の「そば定食」を楽しんでから、ご自慢の庭を散策した。ここは四季折々の花が楽しめる。如月は梅花。来週の土曜は「観梅日」だそうだ。思い立ったら30分ほどで鎌倉に到着できるのが、横浜に住む有り難さである。
by n_shioya | 2018-02-10 20:24 | コーヒーブレーク | Comments(0)
バレンタインの走り
b0084241_20540223.jpg
今日は「アンチエイジング美女軍団」の皆さんがバレンタインチョコを届けてくださった。「義理」とは言わせない見事な「本命」と、有り難く頂戴いたしました。
by n_shioya | 2018-02-09 20:56 | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム