ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2016年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
食が人を造る
食が人を造る_b0084241_22251791.jpg


「人は食で造られる」をモットーに、シンポジューム「食とデザイン〜」が開催された。
僕が編集長を務める「エイジングスタイル」と「グッドデザイン」との共催の勉強会である。
講師は
溝口徹 :新宿溝口クリニック院長
岩佐十良:自遊人 代表取締役
の両先生
溝口先生は「分子整合医学」の専門家で、薬に走る前にまず食生活を整え、必要ならまずサプリで補うことを主張されている。
岩佐さんは「自然派のライフスタイル」の提唱者。雑誌「自遊人」を発行し、そのコンセプトで造られた宿「里山十帖」でグッドデザイン賞を受賞されている。
われわれの主張する「アンチエイジングなライフスタイル」がこのような形で、日本の社会に定着しつつあるのは嬉しいことだ。
by n_shioya | 2016-11-09 22:54 | Comments(0)
至福の小籠包
至福の小籠包_b0084241_23285457.jpg

今回の台湾旅行は、案内役の蘇先生のおかげで図らずもグールメツァーとなった。
その最大収穫のひとつは、一口に小籠包といっても何十種類もあることを知ったことだ。
日本にも支店があるというこの小籠包専門店の本店では、エビ、カニ味噌そしてトリュフ入りなど、考えられる限りの具のはいった小籠包がつぎつぎにはこばれてくる。その薄い皮から溢れ出る肉汁は極上の美味しさ。思い出すだによだれが流れてくる。
by n_shioya | 2016-11-08 23:30 | 食生活 | Comments(0)
蒋介石をご存知ですか?
蒋介石をご存知ですか?_b0084241_2332102.jpg

今台北から帰国したところ。
実は、秋田教授の就任式に出席し、そのまま福岡から台北に飛び、4泊して戻ったところ。
台北は僕は初めてだが、配偶者は中学1年生として台北で敗戦を迎えた。それ以来だから、70年ぶりである。
おいおいご報告するとして、ひとつショックだったのは、蒋介石の公邸跡を訪ねた時、同行の若い女性の一人から、“蒋介石って何をした人ですか?”と聞かれたことである。
まさか皆さんはそんなことありませんよね?
by n_shioya | 2016-11-07 23:32 | コーヒーブレーク | Comments(0)
イノベーション
イノベーション_b0084241_23191076.jpg

先日のハーバード大学のエリクソン教授のお話だが、彼の言う「イノベーション」の大切さはこうだ。
形成外科は二つの層からなっている。まず臨床面が基盤にあり、その上に基礎研究がある。その比率はどちらも50%だ。
だが違いは、10年経過した場合、臨床は何もせずともその50%を維持するが、研究の50%は減り続け、10年でゼロになる。そうすれば臨床の50%はたとえ維持されても、中身は古臭くなってしまう。
つまり、基礎研究が絶えずイノベーションを心がけ、50%を維持して、臨床のリノベーションを図る必要がある。
これは形成外科に限らず、すべての臨床医学に当てはまると思うが、
“我々形成外科医はとりわけイノベーションに長けているから”
と「我田引水」してくれたのは頼もしかった。
by n_shioya | 2016-11-05 23:19 | 医療全般 | Comments(0)
「常にイノベーティブであれ!」
「常にイノベーティブであれ!」_b0084241_2335534.jpg

「常にイノベーティブであれ!」
今日はハーバード大学のエリクソン教授をお招きしての「創傷治癒の研究会」。福岡大学の形成外科教授に就任された秋田先生の企画で、アジアの専門家たちも参加してのインターナショナルな集まりだった。
エリクソン教授とは長い付き合いである。
形成外科医として初めてのノーベル賞受賞者のジョー・マレー教授の後継者だ。
若い人たちへ向けてのメッセージ
“常にイノベーティブであれ”
という講演はまことに印象的だった。
by n_shioya | 2016-11-02 23:04 | 医療全般 | Comments(0)
ヴィロンのきのこサラダ
ヴィロンのきのこサラダ_b0084241_2127228.jpg

食い物の話が続くのはご容赦ください。
でも、フェースブックのフォトの半分近くは食べ物ですよね。
テレビの番組も三分の一は食物絡み。
万人共通の興味の対象なのと、政治やネットビジネスと違って至極無難ということもありますね。
そして今日の主人公ははヴィロンの「キノコのサラダ」。
キッテのオフィスの隣にあるヴィロンは僕のお気に入り。
ビストロ風の店内に腰をすえた瞬間に、僕はパリのカフェにトランスポートされてしまう。
日替わりのランチメニュー、いつ行っても裏切られることはない。
そして人気メニューは、今なら旬の「キノコのサラダ」と「モンサンミッシェルのムール貝」。両方とも産地から空輸だそうだ。
もし皆さん、ヴィロンにお立ち寄りの節はキッテ26階の私めのオフィスににもお声がけをどうぞ
by n_shioya | 2016-11-01 21:27 | 食生活 | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム