ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2016年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
楽しかった一日
楽しかった一日_b0084241_22364710.jpg

昼は「第7期ビューティアドバイザー養成講座」での講演。
あいも変わらずの「老いと美とエロス」の三題噺に、皆さんよくおつきあいくださいました。感謝します。
夜は内輪で「長女の誕生祝い」。
家族はいいものです。
by n_shioya | 2016-11-20 22:37 | アンチエイジング | Comments(0)
ビューティアドバイザー養成講座開講
ビューティアドバイザー養成講座開講_b0084241_21374655.jpg

今日は「第7期ビューティアドバイザー養成講座」の懇親会。
オーガナイザーはご存知「松尾プロダクション」のタレント第一号の志田佐和子先生。
松尾先生はアンチエイジング歯科医師会の理事長だが、これまで何十と立ちあげられた団体やその企画力に敬意を表して、「松尾プロダクション」とお呼びしている。
明日は僕も話をさせていただきます。
by n_shioya | 2016-11-19 21:38 | アンチエイジング | Comments(0)
塩谷塾無事終了
塩谷塾無事終了_b0084241_220153.jpg

第Ⅳ期アンチエイジング塩谷塾7回目無事終了。
テーマは「秘すれば花〜美とエロス〜」
美とエロスの違いは?
なぜヌードが西洋美術の基本になったか?
容姿による差別はあるか?
など、など熱い議論が続いた。
by n_shioya | 2016-11-18 22:00 | アンチエイジング | Comments(0)
「ポジティブ・サイコロジーなんて大嫌い」
「ポジティブ・サイコロジーなんて大嫌い」_b0084241_22204412.jpg

最近、「最近、「ポジティブ・サイコロジー」とかいう怪しげな処世術が人気のようだが、僕は大嫌いである。
くよくよせんで、気持ちを明るく切り替えれば世界も変わるということのようだ。
気持ちの落ち込んでいるやつに、明るくなれと言ってもかえってプレッシャーになる。
だいたい俺様の抱えている悩みは、そんな薄っぺらなもじゃない。ギリシャ神話の「アトラス」ではないが、世界の苦悩を背負っているような気分だ。そんじょそこらの悩みと一緒にするのは失礼である。
そもそも人の気持ちは自然発生的なものだ。それを「意思の力」で変えようとするからコンプレックスも生ずる。落ち込んだ時にはその自分の気持ちを肯定して、どっぷり浸かるが良い。
その代わりに楽ででもお笑い番組でも、「腹の底から笑う」ことを心がけたほうがいい。
などとほざくのは、僕は感受性豊かな弟を、当時流行りの「意思の力」、裏返せば「ポジティブ・シンキング」というプレッシャーで失ったと信じているからだ。
by n_shioya | 2016-11-17 22:21 | コーヒーブレーク | Comments(0)
「ギャラリー後藤」を訪ねて
「ギャラリー後藤」を訪ねて_b0084241_20381982.jpg

久しぶりに「ギャラリー後藤」を訪れると、「前田昌良展」を開催していた。
バラやアネモネの水彩や油彩と、それに合わせた針金細工の可愛らしいおもちゃが展示されていた。
針金細工は動きもあり、カルダーのモビールを思わせるがもっと親しみやすい。
画廊の女性オーナーというとそれだけでも美人をイメージするが、後藤まりこさんもまことに魅力的な女性で、「アンチエイジング塩谷塾」のⅣ期生でもある。
週替わりの展示もいつも楽しめるが、画廊の魅力の半分はオーナーにあることは間違いない。
銀座中央通りの京橋寄りにあるので、皆さんも是非!
by n_shioya | 2016-11-16 20:38 | 美について | Comments(0)
あンチエイジングは暖かな住まいで
あンチエイジングは暖かな住まいで_b0084241_20203791.jpg

「一口に“衣食住”というが、食事と健康はいろいろ論議されるが、住居の重要性はなおざりにされている」と今日対談をさせていただいた近畿大学の建築学部長の岩前敦先生はおっしゃる。
例えば住居の温暖性。
30年ほど前に住宅に新しい「断熱材」が使われるようになり、冬でも家の中が昔のように底冷えすることがなくなった。当たり前かもしれ無いが、風邪引きが減少しただけでなく、全身の健康度もアップしたという。
さらに冬寒い北欧では、夜でも人々は街を散策するという。これは家に戻れば暖かい部屋が待っているからだ。家が暖かければ冬でも人は活動的になる。つまり健康につながるわけだ。
これは一つの例だが、「住まいとアンチエイジング」はこれから我々が取り組むべき重要課題の一つと感じた。
by n_shioya | 2016-11-15 20:21 | アンチエイジング | Comments(0)
大阪日帰り
今日は大阪日帰り。
美容師さんの
大阪日帰り_b0084241_23342977.jpg
グループに、自由が丘クリニックの古山理事長とアンチエイジングの話をさせていただいた。
皆さん大変熱心で、出張のしがいがあった。
by n_shioya | 2016-11-14 23:37 | アンチエイジング | Comments(0)
皮膚の再生医療
皮膚の再生医療_b0084241_21131583.jpg

神戸大学名誉教授の市橋正光先生は肌の「色素沈着」そして「美白」の大家である。
この度、ある雑誌の取材を兼ねて、とっくりお話を聞くことができた。
まず、肌の老化の8割は紫外線による光老化だそうだ。
紫外線はビタミンD合成に欠かせ無いが、一日に10分ほど浴びれば十分だという。だから日中のほとんどの時間は、紫外線防止のクリームを使ったほうが良いそうだ。先生のお考えでは、紫外線予防は子供の時から考えたほうが良い。若い時は復元力が働くので障害はすぐには現れ無いが、染色体以上や結合組織の劣化は少しずつ蓄積して、大人になってから害が現れるからだという。
神戸にある先生の「再生医療クリニック」は培養細胞による肌の若返りに特化されている。
本人の耳の後ろから少量の皮膚を採取し、線維芽細胞を培養して顔の皮膚に注入する。その医学的検証を先生は進められている。
by n_shioya | 2016-11-13 21:14 | アンチエイジング | Comments(0)
第一回レストラベロール研究会

第一回レストラベロール研究会_b0084241_21182029.jpg
そして今日は日本橋で「第一回レストラベロール研究会」。
その昔、「フレンチパラドックス」ということが言われた。
なぜ脂っこい料理を食べるフランス人に血管障害がすくないか?という謎である。
それは彼らの愛飲する赤ワインにあるのでは無いか・・・
どうも赤ワインに含まれるフィトケミカルの一つ、レスベラトロールがその秘密のようだ、と10数年前にレストラベロールが脚光を浴びた。
そのレスベラトロールを豊富に含むサンタベリーに着目したのが、「わかさ生活」の角谷社長である。
その10数年の努力の成果が今日の研究会で発表されたレスベラトロールの医学的エビデンスの数々である。
レスベラトロールを一日12mg摂取することで、十分な抗酸化作用が得られ、肌の改善も期待できるという。
ちなみに乾杯のカクテルはレストラベロールで補強された赤ワインにサンタベリーを浮かべている。
by n_shioya | 2016-11-12 21:20 | アンチエイジング | Comments(0)
スキンケアの常識、非常識
スキンケアの常識、非常識_b0084241_2245950.jpg

アンチエイジング・ネットワークの恒例のセミナー無事終了。
真冬の寒さに雨という悪条件の中、多数ご参加くださり、満員御礼。
東京女子医大の川島真教授と同じく女子医の田中志保先生が明かす
「皮膚科医がこっそり教えるスキンケアの常識、非常識」。
僕も大変勉強になりました。
by n_shioya | 2016-11-11 22:45 | 医療全般 | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム