ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
エリクソンの「老年期」
高齢者のQOLというか、生きがいについての著書を読むと必ず引用されるのが、今読んでいるエリクソンの「老年期-生き生きとしたかかわりあい」である。
だいぶ以前に買い求め、積読の仲間入りしていたが、今日はまだ体調もすぐれないので、一日家にこもって、半分ほど読むことが出来た。

エリクソンは人間の心理学的発展過程を8段階に分け、それをライフサイクルと呼んでいる。これはすでに心理学では定説となっているようだ。
具体的には幼児期から始まり、児童初期、遊戯期、学童期、思春期をへて、成年前期、成年期と続き、老年期で終わる。
それぞれの時期に特有のキーワードが示されているが、その説明は別の機会にする。

面白いと思ったのは、この著書では、老年期からこの八段階を逆にたどり、老年期にある者が、自分の人生の節目節目でいかに過去から脱皮し、またその過去と折り合いをつけてきたかを分析している。
かねがね僕はこの自分の過去と折り合いをつけることが、高齢者のすべき作業の一つと思ってきた。
具体的にはまず自分の過去を是認することだと言う。
そして、それを自らの成果として評価することが大切なようだ。
また、衰えは衰えとして受容すべきだが、年甲斐もなくなどと行動を自制することも好ましくない、といささか矛盾した提言もある。

このほか、家族との関係、社会との関わり、仕事のやりがいなど高齢者のいろいろな問題が浮き彫りにされているが、決して机上の空論でなく、相当数のカップルを長期にわたってフォローしての纏めである。

残りを読み終えたところで、またご報告するが、一つ難渋しているのは心理学の術語なのか、判ったようなわからないような言葉が結構多いことだ。
例えば、「生殖性と停滞」「祖父母的生殖性」「自発性の表出」など言われると、素人は困惑してしまうが、もっと平易な日本語にはならないものだろうか。
このブログが不得要領だとしたら、それも一つの原因である。申し訳ありません。
by n_shioya | 2011-05-11 22:14 | アンチエイジング | Comments(8)
風邪???
実はこの10日間、風邪が治らずに往生している。
始めは鼻、そして喉そして咳と定まりのコースをとり、熱も出ず、食欲も普通だが、体がだるく頭が重い。
風邪自体の症状が治まってきても、全身の倦怠感はとれない。
病院で検査はしても、異常はない、唯の風邪でしょうと言われた。
心配になって、友人の胸部外科医に電話すると、今似たような風邪が流行っているという。疲れもたまっていたのだろうから、ゆっくりお休みくださいとのことだった。
というわけで暫く、さえないブログが続くのをお許しください。
by n_shioya | 2011-05-10 21:32 | 老年病 | Comments(12)
ある感じ
辻村伊助の「スイス日記」を読み返している。
もう何度目だろう。
最初は学生時代、角川書店?出版の単行本で、表紙絵がセガンティーニの「アルプスの真昼」だったと思う。
読むたびにアルプスへの憧れを掻き立てられた。
留学中に僕の蔵書は皆処分され、帰国してから別の出版社からのを買い求めた。

その後学会でスイスに行くようになってからも、何時も僕のお伴をしてくれたのは、心に刻まれた「スイス日記」だった。
そして今読んでいるのは、平凡社ライブラリーとしての復刻版である。
独特の文体で自然の描写は美しく、また出会う人びとはユーモラスに描かれている。

「神奈川県小田原町(現・小田原市)生まれ。東京帝国大学理学部農芸化学科卒。学生時代から登山を行い日本アルプスを踏破。1906年木曽駒ヶ岳・宝剣岳でタカネスミレの新産地を発見。1913年渡欧し、翌年、近藤茂吉とグロース・シュレックホルンに登頂した際、下山中雪崩で重傷を負う。入院先の看護婦ローザ・カレンと結ばれ、1921年帰国、小田原高等女学校で英語を教える。箱根湯本に高山植物園を開いたが、1923年関東大震災で裏山が崩れ、夫人、3児と共に埋没死。3年後の1926年に遺骨が発見され、比叡山延暦寺に納骨された。」
以上はウキぺディアからの引用である。

実は今また読み返したのは、今一度確かめたい彼の言葉があったからである。
それはどこかの山頂で初めてエーデルワイスを発見した時、「“ある感じ”に打たれた。俺が山に登るのは、この“ある感じ”を味わいためだと悟った」と言ったようなセリフである。
僕はこの“ある感じ”という言葉が気に入って、何かの折に使わせてもらったこともある。とりわけ人は“なぜあるものを追い求めるか”、に言及する時など。

だが今、読み返すと、エーデルワイスのくだりでは、彼のエーデルワイスへの思い入れは描かれていても、“ある感じ”という言葉はどこにもない。僕の勝手な思い込みだったろうか? または、その言葉はどこか別の登頂の際発せられたのか?
今、500ページほどの大作を、えっちらおっちら読み返しているのはそのためである。
by n_shioya | 2011-05-09 22:28 | コーヒーブレーク | Comments(2)
アイザック・スターン
「音楽に使える音楽家であることは仕事ではない;それは生き方である。
音楽の生活には二つのことが必要だ:どう在りたいかという明確なアイデア、そしてそれを追い求める傲慢さ。ステージから聴衆に“すみません、ここに居て”など言ってはならない、“聴け!今から演奏を始めるぞ”と彼らに宣言できなければならない・・・」

こうした序の言葉で、アイザック・スターンの自伝は始まる。
1920年に生まれ、18歳でデビュー。その後神童の名をほしいままに世界的なバイオリニストとして活躍。2001年に没。
この自伝は亡くなる2年前に出版された。
留学時代に聴いた、夏のタングルウッドでのボストン交響楽団との共演を懐かしみながら読んでいる。
アイザック・スターン_b0084241_21553491.jpg

内容も興味深いが、ポトックと言う友人の作家との共著で、伝記作品としても良く描かれている。
まだ読み始めたばかりだが、冒頭の言葉が気に入ったのでここにアップした。
by n_shioya | 2011-05-08 21:56 | コーヒーブレーク | Comments(4)
連休の八ヶ岳
連休は山で過ごした。
国鉄最高地点の野辺山駅から20分ほど車を走らせた横岳の中腹にわが山小屋はある。
去年の9月以来で、地震の影響も心配だったが、無事であった。
天気はまあまあだったが、五月というのにまだ緑はその影さえなかった。
だが、久しぶりに山の精気をもらって、生き返ることが出来た。
今度はレンゲつつじの頃に行きたいと思う。
その頃は梅雨の最中だが…
連休の八ヶ岳_b0084241_22413018.jpg

by n_shioya | 2011-05-07 22:42 | コーヒーブレーク | Comments(2)
オサマ・ビン・ラディン
オサマ・ビン・ラディンがついに見つかって射殺された。
ヤッタゾ!とアメリカ全土で歓声が湧きあがっているが、太平洋のこちら側には、いまいち釈然としないひねくれ者がいる。
其の者とて、勿論テロを容認するわけではない、だが、

オサマ・ビン・ラディンを他国で処刑する権利というか法的根拠はどこにあるのか?国際法にのっとっているのか?
そもそもテロの定義とは?
また国際法上の位置づけはどうなっているのか。
9・11の首謀者ということのようだが、その証拠はあるのか?

勿論、今の場合、手順を踏んでいたら獲物に逃げられるという恐れも分かるが、このところアメリカは自国のために超法規的に振舞い、また国際社会のルールを捻じ曲げることが多いように感じられるからだ。

未だに収拾がつかぬイラク攻略にしても、サダム・フセイン大量破壊兵器を所有している筈というのが、その大義名分だった。だが、それはガセネタだと分かった。其の発信源のイギリスの諜報部、また国連の場でそれを切り札にしたコリン・パウエルはどう思っているのだろう。

9・11の際、ブッシュが反射的に叫んだのは、リヴェンジという言葉だった。これは憎しみの連鎖を生む。
また、十字軍という言葉もイラク叩きに使われた。これが文明の衝突への引き金となった。つまりイスラムとキリスト教それぞれの原理主義者同士の対決である。
また、常日頃アメリカは、イスラエルとアラブに対し、ユダヤ人には甘く、アラブ人には厳しいダブルスタンダードを使っている。

また、今回のオサマ・ビン・ラディン襲撃作戦では、目標はジェロニモと名付けられたという。ジェロニモとは、白人に抵抗した最後のアメリカインディアンの酋長である。
だが、今のアメリカ合衆国は、先住民であるアメリカインディアンから領土を奪い取って誕生したという立場に立てば、これほどアメリカのエゴをむき出しにしたコードネームもないだろう。
それが、今回は直接領土ではなく石油の支配であったとしても。

要するにこの男の言いたいことは、アメリカはテロ撲滅を叫んでいるが、其のテロを生み出した原因の一つとして、自分たちにも非があったのではという僅かながらの反省もないといういらだちである。
by n_shioya | 2011-05-06 22:58 | コーヒーブレーク | Comments(16)
「変わりゆく美の定め」
ここに一冊の本がある。
B4の大判でアート紙の300ページ余。イラストやカラーフォトで埋まっている。
題は「Changing face of beauty」。
訳せば「変わり行く美の定め」、となろうか。
著者は女性の精神科医のようだ。

「変わりゆく美の定め」_b0084241_22583980.jpg其の中で著者は美の受け止め方を、古今東西の美女美男を俎上に乗せ、幅広く文献を渉猟し、美とは何か、また人びとはどう受け止めてきたかを、哲学的、心理学的、社会学的に考察を試みている。

それにしても人間の美に対する執念には感嘆しますな。
エジプト時代、いや石器時代の洞窟画からもその片鱗はうかがえるという。
しかし美は具体的な表現では時代や民族で差はあっても、一本の筋が通っている。
著者はそれを、Attractive,魅力的という言葉でとらえている。

由来、美そのもは定義できないとされている。
では、どうするか。とりあえずはその属性で定義するしかないと言う。
その属性とは、「Pleasing」、つまり観る人に「心地よさ」を与えることとされている。
むしろ美について論ずる場合、「美」という言葉を「魅力的」で置き換えたほうがよいのでは、とさえ感じた。
これで美は客観的か主観的かという不毛な議論もバイパスできる。又、「美醜」を問うと、「見かけ」だけにとられがちだが、「魅力」なら内からの輝きも十分含まれることになるからだ。

この本で特に興味をそそられた二つのテーマがあった。
一つはミス・コンテストの歴史と現状である。
いろいろと裏ではあったようだし、まだ今でも引きずっているようだ。
今一つは「男性の美」のとらえ方についての、エジプトから現代までの検討である。こういう風に見られているとなれば、男のはしくれとしてウカウカできませんな(なに、その年で厚かましいですって?)

というわけで、「いくつになっても男と女」をスローガンにしているアンチエイジング・ネットワークの理事長としては、大変参考になる書物である。
by n_shioya | 2011-05-05 22:59 | 美について | Comments(5)
塩野七生
幸い風邪も峠を越したようである。
まだ咳は結構出るが、本を読むには差し支えない。
ということで今日は塩野七生の「人びとのかたち」を読みえた。
これはどこかの雑誌に連載した映画評を纏めたもののようである。
「ルネッサンスの女たち」いらい主な作品には接してきたが、これほどの映画狂とは知らなかった。
塩野七生_b0084241_18563246.jpg

僕は彼女の本領はこのような短編のエッセイにあると思う。
ベネチアを描いた「海の都の物語」は力作ではあるが、考証が過ぎていっそ学術書にすればよかったのと感じた。
また、ベネチア、ローマそしてフィレンツェを舞台した、推理小説仕立ての「三つの都の物語」は、小説としてのインパクトがいまいちだった。
というわけで「ローマ人の物語」はあまりにも大部なのでまだ手にしていない。
良く売れてはいるようだが、買われた方は皆読んでられるのだろうかいささか気になるところだ。

さて「人びとのかたち」だが、なかなかおもしろかった。
映画もこういう見方もあるのかと思わせる。
眼光「紙背」ではなく「銀幕背」に徹すると言う感じだ。
それに年季が入っている。
俳優にしても、その役柄にしても、彼女の最大関心事は“人の営み”にあるのではなかろうか。
そしてまた、作中人物や場面を借りて、彼女自身の好みというか、人生観を主張する。それがちっとも独善的に響かないから面白い。

例えば「ランボー」の括りは“誰もわかってくれない”である。
そしてこのことについて彼女はこういう。
“では、人間が、誰もわかってくれないと思いはじめたらどうなるか。過激化、である。尖鋭化は、孤立感の結果であることが多い。そして孤立感から過激化した人は、他者の道場は得られても、敬意までは得られない。”
これはまさに3/11直後の僕の心境だった。
何故皆は、欺瞞に満ちた無責任な大本営発表を唯唯諾諾と鵜呑みしていたのか。一人ブログでのたうちまわっていたのを思い出す。

ところでこの本の中には150ほどの作品がでてくるが、僕はその一割も見ていないのではなかろうか。
だが、彼女の手にかかると、どれもぜひ見たいと思わせるところはさすがである。
by n_shioya | 2011-05-04 18:50 | コーヒーブレーク | Comments(2)
風邪?
二日ほど前からのどが痛くなり、昨日からせきが出始めた。
今日はちょっと微熱があるようだ、ようだというのは我が家には体温計もない。
しかも配偶者に言わせれば、無医村である。
この冬は風邪も引かずに逃げ切ったのだが、ついにやられたのだろうか。
とりあえずこれにて早く休ませていただきます。
by n_shioya | 2011-05-03 21:46 | 美について | Comments(6)
「ボローニア紀行」
「人間が壊れてしまったのだろうか、と思うしかないニューズが毎日報道される中で、人間の尊厳がどこにあるかを、きっちりとすっきりと考え直すことのできる、日常の旅の案内記」
と解説で小森陽一が述べている、井上ひさしの「ボローニヤ紀行」と読み終えた。

20年ほど前の夏。
スペインでの国際学会を終え、我々日本の形成外科医の一行はイタリアの旅に出た。
ベニスに二泊し、その後はバスでアペニン山脈を越え、フィレンツェにバスで移動する予定だった。
と、出発間際に“ボローニアに寄りましょう!”と言いだしたのは新潟大学の星君だった。
ボローニアには世界最古の大学がある。そして16世紀の初めにボローニア大学のタリアコッチ教授が、上腕から皮膚を移植して、決闘で失われた鼻を再建したのが、形成外科の始まりとされている。
“タリアコッチ教授に敬意を表せねば”というのはもっともなことである。
しかも、ボローニアはアペニン山脈のふもと、バスツァーのルート上にある。
「ボローニア紀行」_b0084241_18451812.jpg

ボローニアは古いレンガの町並みの魅力的な街であった。
大学町でもある。
其の擂り鉢状の木造の解剖学教室の正面にタリアコッチ像は、我々を見下ろすように安置されていた。
我々はボローニアでランチをとり、そのままフィレンツェに向かった。

だが、ランチだけで素通りするはあまりにも惜しい都市であることを、井上ひさしさんの御本で知った。
また、なぜ世界最古の大学がボローニアで生まれたか、そしてなぜ形成外科という革新的な外科が誕生したか、井上さんの御本は解き明かしてくれる。

井上さんとなれなれしく呼んだが、それほど面識があるわけではない。
講談社に勤めていた次女が、井上さんの担当をさせられ、数回お会いしただけである。
だが、それだけの出会いでも今でも心に残る方だった。
惜しい方を亡くしたものである。
by n_shioya | 2011-05-02 18:46 | コーヒーブレーク | Comments(2)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム