ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
フランス革命
「フランス革命」について我々はどれほどのことを知っているだろう。
少なくも僕自身は。ほとんど何も知らなかったことが、安達正勝氏の「物語フランス革命」(中公新書)を読み始めてわかった。

フランス国家マルセィエーズや赤白青の三色旗が、革命によって生まれたことや、ギロチンの活躍、その犠牲となったマリー・アントアネットにまつわる数々のエピソード。それたエピソードの数々はなじみ深いが、肝心のフランス革命の歴史的意義となると、あまり考えたことがないというのが偽らざるところだ。

安達氏によれば、“フランス革命とは、現在われわれが住んでいる社会、近代市民社会、近代資本主義社会の出発点に位置する革命である。我々の社会は「国民主権」とか「法の前の平等」とか言った原則にのっとって運営されているが、こうした現代社会の根本原則フランス革命によって確立された。”
序章で氏が強調されているくらいだから、この点の認識不足は僕だけでないと言えるだろう。

歴史の解釈に二つの立場があると言われている。
一つは「個々人」が歴史をつくるという考え。
今一つは歴史には本来「流れ」があり、個人個人はそのプレイヤーにすぎないという考え。
これは二者択一というよりは、どちらに重きを置くかであろう。
トルストイなどは後者の立場であの大作「戦争と平和」を展開したように思う。
だが、素人はやはり、個々人のエピソードに興味が惹かれるし、ワクワクもさせられる。

だがフランス革命については、歴史を変えた時代の「流れ」にまず目を向けるべきということがよくわかった。
僕なりに「国家」の歴史を大ざっぱに俯瞰すると、主権はまず「祭司」にあった。やがてそれが「王権」へ委譲し、それを国民が惨奪したのが近代国家と言える。ただその惨奪に当たって、あれほどの流血の惨事に必然性があったのだろうか。安達氏も結論は出しておられないようだ。

また、この三段階が近代国家成立のプロセスと考えた時、わが国はいったいどの辺だろう。
建前は「主権在民」だが、二段目の「王権」の代わりの「官僚支配」が強固ともいえるし、しかもまだ心情的には、「司祭」の影もちらついている。
ま、このへんが混然一体となっているのが、“和を持って貴しとなす”のわが国の美風なんでしょうか?
by n_shioya | 2011-05-21 17:37 | コーヒーブレーク | Comments(4)
「ジュリエットからの手紙」
点滴療法の合間には映画観賞。これも音楽療法ならぬシネマ療法だと自分に言いきかせながら・・
其の映画は上演始まったばかりの「ジュリエットからの手紙」。

「ジュリエットからの手紙」_b0084241_22185489.jpgパンフレットには、
「不朽の名作『ロミオとジュリエット』の舞台であり、世界遺産にも選ばれる愛の都・ヴェローナ。その街にはジュリエットの生家があり、年間5000通もの恋の悩みが届けられている。そして、“ジュリエットの秘書“と呼ばれる女性たちが、その手紙に返事を書いている。ジュリエットからの手紙が導いた感動の実話を基にした珠玉のラブ・ストーリー。」
とある。

久しぶりにただ、ただ楽しい映画だった。最近の名画というのは、ともすると暗い、深刻なものが多すぎる。
主演ともいえるヴァネッサ・レッドグレイヴが素晴らしい演技を見せる。“美しく老いる”と言うのはこういうことだろうか。
その他、出演者は皆はまり役と言えるが、俳優と同等以上の名役が、ヴェローナ、シエナといったイタリアの古き街並みとその周囲に広がる田園風景だ。
そう、そして脇役としてぶどう畑も。

最近わが国では“イタリア株”がとみに上昇している。
フレンチレストランがイタリアンに変貌していくだけでなく、ファッション、デザインなどもイタリアに人気はシフトしている。
そして何よりも、あの陽気な、一見能天気なライフスタイルというか人生哲学。
飲んで、唄って、食べて、そして絶えず口説いて・・・
どちらかというと形式ばった日本的な生活に息苦しさを感じる働き蜂達にアピールすること大なのではなかろうか。

「ジュリエットからの手紙」_b0084241_22194110.jpgそして僕は今、マンハッタンのお気に入りのイタリアン、ギアンベリを想い出している。
家庭的で、料理はうまいし値段も手ごろ。
サービスもイタリアの乗り。
エンジェル・ヘアと呼ばれる極細のパスタが滅法うまい。
ニューヨークに行かれる節はぜひお試しを。
by n_shioya | 2011-05-20 22:20 | コーヒーブレーク | Comments(2)
ビタミンCの点滴療法
ついに意を決して、点滴療法を受けてきた。
なにもそう大げさに言うことはないが、紺屋の白袴で風邪に「ビタミンCの点滴療法」があるのを失念していただけである。

今の風邪は連休前からだからもう4週間近く抜けないでいる。“溺れる者は藁”でもないが、アンチエイジングの大家、銀座のクリニックの浜中先生から、ちょっと試されたらとすすめられ、一時間ほどかけてビタミンCの大量点滴を受けてきた。

ビタミンCの大量投与療法はそもそもは前世紀の初めごろ、ノーベル化学賞受賞者のポーリング博士が提唱したものである。
だが其の量が並ではなく、通常の必要量の何十倍か何百倍も投与するので、賛否両論である。
ただ、ビタミンCは水溶性なので、余剰分は尿に排泄されるので、効果はともかくとして、害はないとされている。

その効果のほどだが、明日になればお知らせできるかと思う。
by n_shioya | 2011-05-19 22:41 | 全身療法 | Comments(6)
アンデルセンというお伽噺
橋には夢がある、人の心を動かすものがある。
それが「太平洋の架け橋」であろうと、「戦場にかける橋」であろうと、また、「東京湾をまたぐ橋」であろうと。

配偶者は「橋」が好きだ。
横浜から湾岸道路で東京に行く時は、まず「ベイブリッジ」、そして「つばさ橋」を渡り、最後にお台場から「レインボウ・ブリッジ」をぐるりと回って芝浦に入る。
実は首都高一号羽横線で直行したほうが短距離だがが、配偶者のために回り道をする習わしになってしまった。

サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、イスタンブールのガラタ橋、ルツェルンのカぺル橋、プラハのカレル橋等々、世界中どこへ行っても、その街の顔の橋があるものだ。
だが僕が今思い浮かべているのは、デンマークのシェラン島とフェーン島を結ぶ洋上の長―い橋である。高速道路用に最近作られたので、由緒ある名前はついてないようだ。
この橋を僕は何回か往復している。
フェーン島にはアンデルセンゆかりのオデンセ―のが街あり、コペンハーゲンからは車で行くには、この橋を渡らねばならない。
そして大海原を跨ぐこの橋を渡るとき、その先に広がるアンデルセンの世界に心が弾む。

オデンセ―はお伽の街である。
「アンデルセン博物館」に行くと、彼の旅行カバンや、童話のお人形たちや、世界中で訳されている彼の童話集がどっさり展示されている。
そして「アンデルセンの生家」を訪れると、だれしもその粗末さに驚かされる、ここでアンデルセンは家族と共に、14歳まで過ごしたのかと。
本当に狭い一間きりの掘立小屋である。
「私の生涯は波乱に富んだ幸福な一生であった」で始まる自伝で彼は、いかに自分が子供時代から恵まれた生活を送ったか縷々述べているが、それこそ彼の最大のお伽話だったのでは、と考えこんでしまう。
そして彼のおとぎ話のほとんどに潜んでいる小さな刺たちは、必ずしも幸せでなかった様に聞いている彼の生涯を示唆しているのではなかろうか。
アンデルセンというお伽噺_b0084241_2111507.jpg

アンデルセンがらみで今一つ驚かされるのは、コペンハーゲンの有名な「人魚の像」が、意外に小さく、岸辺の岩にちょこんと置かれていることだ。そしてよく見ると、下半身が魚ではなく足首まで人間の足をしている。
これは作家のエリクソンが、モデルの女性があまり美しいので、魚のしっぽをつけるのをためらったからだと言う。そしてそのモデルはやがて彼の妻となった。

こうして今体調不良の僕は、家にこもって「思い出の街並み」をあれこれ想い出している。
by n_shioya | 2011-05-18 21:14 | コーヒーブレーク | Comments(2)
皮膚・容貌・体型の若返りの秘伝書
「先生、できましたよ。」と、医書出版の文光堂の女性編集者が、一冊の本を届けに来た。
昨日の事である。
「見た目のアンチエイジング」色刷りの270ページ。
副題に「皮膚・容貌・体型の若返りの方法」とある。
編集は日本抗加齢医学会の分科会であるみためのアンチエイジング研究会。
しかも発行日は5月16日。
40数名の各分野の専門家の分担執筆で、肌の若返りから、容貌の変化の対策、肥満の解消など幅広く、また、全身の抗加齢による改善まで、およそ“見た目の若返り”に役立ちそうなことは網羅されている。
このような本は日本初、いや世界にも類書はないのではと我ながらその出来栄えに感心した。
医師だけでなく、エステや美容業界、又関連企業の方々にも必ず役立つであろう。
皮膚・容貌・体型の若返りの秘伝書_b0084241_21143950.jpg

企画を立てたのが去年の夏ごろ。
来週の日本抗加齢医学会をめどに、突貫作業で無事間に合った。と言っても、どこかのゼネコンの道路工事のような手抜きは一箇所もない。
唯急いだ今一つの理由は、この分野は日進月歩である。あまり時間をかけると、出来あがる頃に内容が時代遅れになってしまうからだ。
どんどん売れて、絶えず最新版に改定し続けたいと言うのが編集側の本音だ。

今まで僕も教科書の出版に何度か関わってきたが、このように予定通りの期日に出版されることは珍しい。
殊に、多数の先生の分担執筆では、遅筆の奴がアキレス腱となり、半年、一年遅れることは珍しくない。いつもは其の遅筆の筆頭が、何を隠そう、このブログの筆者である。
今回はその僕の分担が、序文の一ページだけだったのが、発行が期日に間に合った一番の理由と言える。

それにしても、執筆の皆さん、そして編集担当の文光堂の浅井麻紀さん、御苦労さまでした。
by n_shioya | 2011-05-17 21:15 | アンチエイジング | Comments(7)
自由の女神
先日の旅日記の続きで、今日は「自由の女神」のお話。
実はこの旅日記は、「思い出の街並み」というシリーズで、20年ほど前に北里大学病院の月報に連載したものである。
今読み返すと、稚拙ではあるが往時の感じが懐かしく思い出されるので、時折、穴埋めにつかわせていただく。

「『自由の女神は南を向いて立っている.』とジムがグラスを片手に話かけてきた.
『そしてお前,ブラジルのあれ覚えてるだろう,あのコルコバードのキリスト.あれはリオ・デ・ジャネイロで北を向いて手を広げてる.何故かわかるかい?』と謎をかけてきた,
『いや』.とあっさり降参する.
『詰まりだな,自由の女神はキリストに向かって,私のお腹の赤ちゃんをどうしてくれる?と迫っている.そしてキリストは両手を上げて憮然としてるのさ.』とジムは嬉しそうだ.

イースト・リバーを南に下った我々の船は,マンハッタンの突先で針路を西に向け今その女神に近づこうとしている.
ジムは昨日からウォールドルフ・アストリアで開かれている国際美容外科学会の会長で,コーネル大学の形成外科教授である.奥さんのナンシーと何度か日本にきた事があり,二十年らいの付き合いだ.今宵は遊覧船を借り切って,ジム船長とナンシー夫人が皆様マンハッタンの夜景を水の上からどうぞ,という趣向である.
一度は見るべきとジム達が勧めるだけあって,馴染み深いマンハッタンの夜景も船上から眺めれば,浮かぶ不夜城といった壮観である.国連ビル,貿易センター.そしてあれは勿論エンパイヤ・ステート.皆思い思いにイルーミネーションに飾られ,その輝きを水面に映している.

三十年前.若いフルブライト留学生として見たマンハッタンは抜けるような青空に林立する摩天楼の群れだった.周りを取り巻く高速道.そこを白いオープンのポンチャックを走らせながら,前の年に東京でGIとして知り合ったスタンが,あれはクライスラー・ビル,ほれエンパイヤ・ステートはあれと指差すのを,幌を下げた車の助手席から見上げた感激を思い出す.
当時私は日本に帰る意志はなかった.いずれは移民のビザに切り換えて,永住権をとるつもりだった. マンハッタンにある大学病院はみな高層ビルである.コロンビア,コーネル.その立派な建物を見上げながら,これからどう自分の運命が開けていくか,胸を踊らせたものである.

キャビンにはビュッフェ・スタイルのディナーが用意され,グラスにシャンペンがつがれていく. 飲み,食い,談笑する仲間たち.その中には移民として居ついた昔の同僚もいる.又,教えた学生もいる.複雑な気持ちで私はコートを羽織ってデッキにでた.
船はぐんぐんと女神に迫っている.下から見上げる女神はなかなか雄大だ.右手にトーチを掲げ,すっくとハドソン川の河口にたっている.たしかにおなかはふっくらとして,子供の一人や二人は充分宿していそうだ.
昔船でニューヨークに近づいた移民にとっては,さぞ暖かく迎えてくれる母親のように見えたことだろう. やがて船はゆっくりとUターンし,女神の像をあとにして南下し始めた.
もし将来アメリカに移住するなら,と私は暗い河面に光るトーチを見ながら思い続けた.
飛行機はよくない,やはり船でしずしずとハドソンを上り,この自由の女神の祝福を受けなければと.」
by n_shioya | 2011-05-16 21:14 | コーヒーブレーク | Comments(2)
お江戸日本橋亭
僕達の子供の頃は「紙芝居」というのがあった。
一寸さえないおっさんが、自転車の後ろに箱を積んでやってくる。
拍子木を叩くと子供たちを集め、木戸銭をまきあげると、箱を劇場代わりにお芝居を始める。
一種独特の語り口で、時には楽しく時にはおどろおどろしく、おっさんが差し替える絵の世界に子供たちは引きずり込まれていく。
たわいない絵だが、それがかえって想像力を掻き立ててくれ、今の出来すぎのコンピューターグラフィックスよりもはるかに楽しい。
この幼年期の「語り」の世界が、長じては寄席の講談や落語の世界に通ずるのではなかろうか。
お江戸日本橋亭_b0084241_21193995.jpg

高速道路で無粋に覆われてしまった日本橋だが、其のちょっと奥の通りに「お江戸日本橋亭」という粋な芝居小屋がある。
まだ風邪が抜けきらず、仕事もままならぬ状態が続いているが、今日は気分転換にもなるかと、その「お江戸日本橋亭」で、例の劇団「ストーリーズ」の「語り」を聴きながら、幼児の回想にふけることが出来た。

演目は:
ふしぎな文房具屋(安房直子:作)     口演:雨宮京子
星はなんでもしっている(今江祥智:作) 口演:高見沢絹江
神田悪魔町夜話(杉本苑子作)      口演:倉田美香

そして休憩をはさんで、

走り雨(藤沢周平:作)            口演:加藤精三

其々皆楽しめたが、皆のお師匠さんである加藤精三先生の「語り」はさすがに見事なものであった。
お陰でさすがの風邪の症状も軽減したように感じられ、「音楽療法」というのがあるのなら、「語り療法」というのもあっては良いのでは、など想っている。
by n_shioya | 2011-05-15 21:19 | コーヒーブレーク | Comments(4)
僕のスイス日記
パソコンのご機嫌が治ったようである。
パソコン不調の間、辻村伊助の「スイス日記」を読みふけっていた。彼は今、グリンデルワルドからルツェルンにかけて旅を続けている。
その軌跡をたどるべく、ミシュランのガイドや地図を渉猟していると、僕の昔の「旅日記」が出てきた。
丁度、国際美容外科でルツェルンに滞在中、グリンデルワルドへの日帰りのドライブ紀行が載っていたので、いささか長いがアップさせていただく、

「ホテルには配車されたたレンタカーは,小型の赤いベンツだった. 助手席の古山先生に今日のナヴィゲーターをお願いし,ミシュランの地図で今日のコーを説明する.
後ろの席には大谷津先生,黒田女史そして我が配偶者の三人が窮屈そうに,だが楽しそうに押し込められている. ここはルツェルンの湖畔。パレス・ホテルの玄関先だ. ポーターの笑顔に送られ、マロニエの葉の散り敷く並木道を走りだす。

湖の東岸にそった道はアクセン・シュトラーセといって名高いシーニック・ロードだが,今日は時間がないのでいささか無粋だが西よりの高速道路を使うことにした.
無粋といっても日本のような騒音防止の塀で目隠しされた,また高速の名の恥ずかしい渋滞,ダンプの行き交う危険一杯とは違う.さすがスイスである. まず空気が澄んでいる.車はすくない.そして道の両側には緑の牧場には,牛や羊が陽光の中で牧草をはんでいる.
いやー素晴らしいですね,と隣では古山君の声は上ずってている.嬉しくなるともうウファウファと、子供みたいに笑いがとまらなくなるのが彼のいい所だ. 大谷津君はズームレンズを伸ばしたり縮めたり,カメラ操作に忙しい. 女性二人は珍しく口をつぐみ,ひたすらスイスの風物を脳裏に焼きつけているようだ.
僕はといえば例によって今夜の食事は何処にしようか,懸命に頭のなかでミシュランのレストラン・ガイドを繰っている.肉もいいが,魚も美味い.いややっぱりフォンデュかな.いまからだと丁度夕刻にグリンデルワルトに着くはず.アイガーの夕映えを眺めながらワインをあけてと考えると,もう目の前にチーズがぐつぐつと泡立って,香ばしさがただよってくるようである.

そこでハンドルをしかと握り直し,アクセルをぐっと踏み込んだ. 高速でゴッダルトまではあっというまだった.ここからは長いトンネルを抜けるとイタリヤである.ルガノ,コモ等北イタリヤの美しい湖水地帯もそう遠くない.時間がないので心残りだがここで高速を下りて西へ向かう.
見下ろせば切り立った断崖絶壁.彼方には青空の果てに銀色に輝くアルプスといったスリリングなコースと,平穏無事は平野を走るのと何方を選びますか,と今日のドライブにアドバイスをくれたスイスの友人に,勿論,前者と答えた僕だったが,成るほど素晴らしいラリー・コースである.アップ・ダウン,ヘアピン・ターンの連続でスイスの景観がジェット・コースターの様に旋回する. フルカ峠で一と休みして,氷河を眺める.大谷津君がコカ・コラを五杯かかえて売店からもどってきた.“コーヒーといったつもりでしたが・・・” と気まり悪そうである。
そのさき更に山を上り,下り,湖の辺を走り,幾つかの部落を突き抜けてまだ日のある中にインターラーケンに到着した.ここからグリンデルワルドまではユングフラウを右に眺めながらの一気に上りの山道である.
谷を隔ててアイガーが目の前に迫るテラスに腰を落ち着けて,まずワインで乾杯した. 日が陰り始めると,風が急に肌寒い. 西の空は茜色に染まり、アイガーは夕日を受けてオレンジ色に輝き始めた.やがて朱,紫と刻々に色を変えて行く.そしてそれが夕闇にすっぽりと包まれ,ポット灯った一番星に呼応するかのように、麓の村にも明かりがちらほらし始めるのを見届けて,僕たちは震えながら戸をあけてダイニングルームへ足を踏み入れた.
中から賑やかな歌声と共に僕たちを迎えてくれたのは、あのファッと懐かしいチーズのアロマだった.」

これはもう20年ほど前の話だ。
文中の古山君は今、自由が丘クリニックで美療医療に専念し、大谷津君は信州の佐久病院の形成外科部長として、特に熱傷治療で地域医療に貢献している。
黒田女史は残念ながら数年前に亡くなった。其の直前、永年のフランス文化紹介の貢献に対し、フランス政府から勲章が贈られた。
by n_shioya | 2011-05-14 13:17 | コーヒーブレーク | Comments(6)
ピンチ
突然自分のPCからのアクセスがうまくいかなくなりました。
また頭を悩ませる週末になりそうです。今晩はこれにて失礼。
by n_shioya | 2011-05-13 22:08 | コーヒーブレーク | Comments(0)
市場原理
リーマンショック直後は、市場原理主義も叩かれたが、やはりまたぞろウォール街は息を吹き返し、歯止めの利かない資本主義が横行し始めているように、素人目には感じられる。
オバマがウォール街の申し子ともいえるガイトナーを財務長官に任命した時、ありゃなんだとおもったが、やはりアメリカは良くも悪くも、自由競争自己責任の国、というか住民はなるべく国家の介入を避けようとする。
いまだに銃規制が行われないのもその表れであろう。

チームより個人の能力を優先する社会は、誰でも能力を存分に発揮できる点では、若者のモティベーションを高めるが、競争は熾烈で年老いたライオンは、若獅子に蹴落とされると言う非情な面もある。
また、能力さえあれば、性格的にはエクセントリックでも、おおめに見てくれるようだ。
殊に僕がどっぷり漬かっていた外科医の世界では、腕が第一で性格は二の次という風潮が強かった。

其の一人、オハイオ大学のゾリンジャー教授は僕の外科の専門医試験のときの審査官でもあり、その奇行ぶりは前に書いたとおり。
また、僕のいたオルバニー大学にも、ウェルチなる名物教授がいた。
手術中、また回診の時も誰かれの区別なく怒鳴り散らす。
手術はうまいが、あまりスムースに行くと退屈して、わざとかき回して出血させてみたりする。
また、僕がチーフレジデントになるのを最後まで反対したのは彼だったと言う。
何故、と聞かれると、塩谷は日本人だからと言ったそうだ。だから反日というわけでもない。実生活ではわけのわからない男だった。
問題はそういう奇行を真似する輩が続出することである。名手だから許される奇行なのに、奇行を模倣すれば名手になれると勘違いする輩だ。

こんなことをグダグダ考えるのも、今の日本の似非民主主義の、横並びで“角をためて牛を殺す”式の学校教育をどう変えるべきか、頭を悩ましているからだ。
アメリカ式の自由競争に問題はあるにせよ、今少し日本の教育も悪しき芽を刈り取ることを急ぐ前に、まず、良き芽を育てることを考えるべきではなかろうか・・・
by n_shioya | 2011-05-12 22:29 | コーヒーブレーク | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム