ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
炭火焼のコツ
先ほどNHKテレビの「ためしてガッテン」で“炭火焼きのコツ”をやっていた。
バーベキューの炭火起こしには皆苦労するが、それを新聞紙少々で2分で着火させる方法と、肉を手品のようにジューシーに焼き上げる方法である。
二つとも、“目から鱗”と言える思いがけない秘訣であった。
昔、僕が同じ番組で傷の湿潤療法で、「傷を乾かしてかさぶたで治すのは間違いだ」と説明して、パネルの皆さんから、“目から鱗が・・・”と言って感心されたのを思い出した。

其の“炭火焼の秘訣”はネットでお調べいただくとして、番組の中で炭焼きの名人が、炭火で風呂を沸かしているのを見て、“幸せそうな顔ね。”と配偶者は感嘆の声を上げた。

そう、僕も昔は風呂焚きの名人だった。戦後まもなくだから、まだ東京でも薪を炊いてで風呂を沸かしていたのである。
中学2年だったが、其の頃は家事が大好きだった。
雨戸の開け閉め、全員の布団の上げ下ろし、さすがに料理はできなかったが、勿論皿洗い、そして薪でご飯を炊くのは、水加減、火加減を含め我が家では僕は名人の域に達していた。
中でも“風呂の釜焚き”は、薪をくべ、ぼうぼうと燃え盛る炎を眺めている間は、合法的に学業からも開放され、まさに至福の時だった。

失敗だったのは、ある時お袋に、“これだけ一生やってられれば、こんな幸せなことはない”とうっかり口を滑らしたことである。
今言う教育ママのハシリだったおふくろは烈火のごとく怒り、“とんでもない心得違いです。あんたは勉強だけしてればいい。もう家事を手伝うことはないから、一切手を出しなさんな。”と台所から締め出されてしまった。
僕が洗濯、料理一切したことのない夫となったのは、こういういきさつがある。

もしあのまま医者にもならず、風呂の釜焚きを続けていたら、もっと素直な人間に育って、兼業主夫?もこなし、あの炭焼き爺さんのように幸せな顔になれたのでは、とふと思ったが、配偶者に口を滑らすのは控えておいた。
“何よ、粗大ナマゴミのくせに”といわれるのがオチだからである。
by n_shioya | 2008-09-10 22:28 | コーヒーブレーク | Comments(6)
名誉院長の務め
“名誉院長の務めは診療の邪魔をせず、お茶に励むことです。”と三年前に名誉院長のたしなみとして銀座レストランガイドを手渡してくれた秘書が、今月で寿退社することになった。

数ヶ月まえ、結婚の予定を知らされたときは、とりあえず仕事は続けるように言っていたが、その後雲行きが怪しくなり、コウノトリが来るまでといい始めたので、“コウノトリが近づいたら打ち落としてやる、”と不穏なことを口走ったのがよくなかったのかもしれない。
b0084241_102794.jpg

だが、お目出度いことである。
三年間の労をねぎって、後任のマドモアゼルと一緒のランチで別れを惜しんだ。
本当にご苦労様でした。そして後任のマドモアゼル、お役目ご苦労様です。

食後、クリニックに戻るとすぐ、J-mecの美女が待ち受けていたので、またお茶に。
今週末のセミナーの打ち合わせである。
今度セミナーのテーマのEーライトのお蔭で、僕の左頬のシミは薄くなってきている。
b0084241_1025575.jpg

其の後はクリニックでアンチエイジングネットワークの会議
勿論僕の役目はコーヒーを飲み続けること。

夜は抗加齢医学会理事の、鶴見大学歯学部の斉藤教授と二人でダズルで夕食。
今日は女性の方は?とマネージャーは不思議そうだった。
男同士の大事な話もある”、と答えておいた。
b0084241_1031491.jpg

お茶に励むのが名誉院長の務めなら、今日ぐらい過密に職責を果せば誰も文句は言えないだろう。
だが、メタボ対策とのギャップは広がるばかり、嗚呼。
by n_shioya | 2008-09-09 22:29 | コーヒーブレーク | Comments(6)
天上のニンフたち
天上でニンフと戯れる、”今日の午後はそんな素晴らしい体験をしたといっても大げさではないだろう。

滝川エステティック学院で2時間のアンチエイジングの特別講義を行い、それ自体が若い美女軍団を相手に大いに張り合いのある授業だったが、其の後で特別にタップリとエステの体験までさせてもらったのである。
文字通り手を取り足を取り、フェーシャルからボディーまで、今度は教育担当の美女群が総出で、エステの醍醐味を味あわせてくださったのだ。

エステはハンドテクニックに尽きると言うが、ゴッドハンドが滑らかに全身の皮膚を強弱自在にさすりほぐしていくと、その影響は径皮吸収され中枢に伝わり、大脳皮質から間脳まで心地よく広がっていくのが分かる。

これは今後エステティックの振興を担う身としては貴重な体験である。すぐ夢心地になりそうなのをぐっとこらえ、施術のそれぞれのステップを説明してもらった。
世の女性がエステにはまってしまう気持ちがよく分かる短すぎた一時間半だった。

そして今の心境は?
まるで脳みそがとろけてチョコレートのようになったと申し上げればよいだろうか。
b0084241_1255241.jpg

b0084241_12554652.jpg

b0084241_12561214.jpg

b0084241_12562884.jpg

by n_shioya | 2008-09-08 22:32 | エステティック | Comments(16)
美しさという神話
b0084241_11263572.jpgリタ・フリードマンの「美しさという神話」を読み終えた。
原著は20年前の出版で、14年ほど前に翻訳されている。クリニックの浜中先生も高校生の頃読んだと言われるので、其の頃話題になった本なのかもしれない。
著者は心理学者で著述、講演のほか、カウンセラーとしても活躍しておられる。

僕がモタモタ紹介するより序文から引用したほうが手っ取り早いので・・・

「・・・この本は、女性の人生に対する“真実”を問わんとする絶え間のない研究努力の一つである。この本では、美しさを女性であることの重要な要素として検証している。また、理想化された女性美と、女性は劣っていると言う根深い思い込みとの間の関係について考察している。美しさがいかに女性の地位を高めると同時に、女性に従うことを強いてきたかについても探求している。
この本は、美しさに反対する本ではない。また、自分の魅力を高めようとする人たちを批判するものでもない。外見は重要であり、今後も重要であり続けるだろう。美しさは敵ではない。むしろ私たちは皆、男であれ女であれ、女性の身体に強迫的な関心を持つことを助長するようなシステムによって縛られているのだ。人間関係を高めもし、損ないもする美しさの力を評価することで、美しさと言うものを、より現実に即してみることができるだろう。よりよく知ることによって、変革は可能になるものだ。・・・
新たな美しさのイメージが必要なのだ。・・・」

著書のすべては序文のこの一節に凝縮している。
原著名の「Beauty Bound」の方が著者の主題をよく表しているようだ。
そして著者の言うシステムに直接、間接に加担してきた者としては、色々と考えさせられる名著である。
ところで、新たな美しさのイメージとは?
興味のある方は現物でどうぞ。訳者は常田景子氏、出版社は新宿書房と言うところです。
by n_shioya | 2008-09-07 18:26 | 美について | Comments(4)
シミ治療2ヶ月
昨日は三回目のシミのレーザー照射を受け、それに引き続き三回目のキレーションも。
まずシミだが、フォトをご覧になれば判ると思うが、確かに薄くなってきている。
後二回でワンセッション終わるので、10月には最終結果をお見せできるだろう。
b0084241_11421031.jpg

朝晩、クリームを塗ったり取ったり、たった数分の作業なのに、時々忘れることもあり、女性のスキンケアはこの十倍以上の手間をかけるわけで、まあよう毎日おやりになるわと改めて感心させられる。

キレーションと言うのはデトックス(解毒法)の一つで、EDTAと言う薬剤を点滴して、体内に溜まった毒素を排泄する方法である。

2年前にワン・セッション、というのは10回だが、受けている。其のときはカルシュームEDTAが使われた。これは水銀とか鉛とか、重金属除去が目的である。

今回受けているのは、ナトリュームEDTAであり、動脈硬化に良いとされている。ただ、動脈硬化と言っても自覚症状があるわけでないので、今のところあまり有り難味は感じられない。
ワンセッションが10回なのでまだ後7回、年内には終了するが、どこまで動脈硬化が改善されるか楽しみである。
by n_shioya | 2008-09-06 20:35 | スキンケア | Comments(4)
歯周病はなぜ恐い?
歯周病の恐さは歯が欠けて行くことだけではない。全身に色々な悪影響を及ぼすことである。
其のメカニズムを素人なりに解きほごすと、歯周病菌とそれが作り出すバイオフィルムと呼ばれるものが、最も悪さをするようだ。

まず、歯磨きが不十分で食物の残渣が歯と歯茎の間に溜まる。これが沈着固定したものがプラークである。
これはまだ、ブラッシングで除去可能である。

だが、やがてプラークの中に潜む歯周病菌は其の周りに、自分が作り出した保護膜で自己防衛を図る。この膜をバイオフィルムと呼ぶ。この中でばい菌は安心して繁殖を続ける。

これを放置すると、やがて石灰沈着が起こり歯石を造り、もう普通の歯磨きでは除去できない。ちょうどトーチカの中に細菌が守られたような状態になる。

そしてまた細菌による炎症反応、感染は周囲に波及し、膿が溜まるようになり、また歯根部と歯肉の間にポケットを作る。

細菌はやがて、歯を支える歯槽骨を侵食し、一旦失われた骨組織は現時点では再生不能とされている。
侵食が進行すると、歯は支えを失い、抜歯が必要となり、また一人で抜けてしまう。

一方、保護膜に守られた細菌集団は、血流を通じて全身にばら撒かれ、色々な臓器に到達して障害を引き起こす。つまり歯周病はただ単に歯の病ではなく、其の病巣全身に影響を与える恐ろしい疾患である。

このバイオフィルムは、歯周病だけでなく、我々の領分である褥瘡、下腿潰瘍などのいわゆる難治性潰瘍、(治りの悪い皮膚の慢性潰瘍、)でも、悪役を演じていることが、最近の研究で分かってきた。
先週の褥瘡学会の報告でご紹介したフロリダ大学のシュルツ教授は、この分野の最高権威の一人である。
b0084241_11255891.jpg

いずれにせよ、アンチエイジング医療の三割は歯科領域にあるとさえ言われている。
僕が理事長を勤めるアンチエイジングネットワークで唱えている「アンチエイジング五箇条」の一つに、
よく笑い、よく話し、よく噛む
と掲げているのはそのためである。
このモットーに関してはまた、日を改めて詳しくお話したい。
by n_shioya | 2008-09-05 22:02 | アンチエイジング | Comments(2)
ほって置くなよ歯周病!
“もう十年早く治療を開始していれば・・・”
今日は朝から僕の歯の治療をしながら、、鈴木先生は言われた。
今作業しているのは右下の第二大臼歯である。

“思ったより病巣は根が深いですよ。”
ガリ、ガリ、ガリ、と病巣を削る音が響いてくる。しかし麻酔はありがたいものだ。まったく痛みは感じない。

それに歯周病の治療も進歩したものだ。昔だったらこの歯はとっくに抜歯されていたろう。
医者ともあろうものが、あまりにもデンタルケアをおろそかにした付けが今来ている。
一年前、昔の詰め物が外れた際に、暫くぶりに歯科がいらいを訪れ、鈴木先生にめぐり合った。
おかげで詰め物は簡単に再接着でできたが、ほとんどの歯が歯周病で、其の何本かは救いがたい寸前まで来ていると言う。
それから何ヶ月もかけて、全体の歯周病ををデンタルケアで改善しながら、問題となる何本かの歯を何とか温存しようと治療が続けられてきた。

一本ぐらい抜いてしまえば、と素人は考えるが、言はそう簡単でない。
今作業している第二大臼歯は、隣の第一大臼歯を昔抜いた後、其のまた隣の第二小臼歯と一緒にブリッジの支柱となっている。
これがなくなれば、ブリッジもかけられず、第一大臼歯は欠損したまま、結果的には二本、歯が足りなくなる。
それだけでなく、上の二本の大臼歯もかむ相手を失い、4本失なったのと同じことになる。
つまり右の奥歯では噛めなくなるのだそうだ。つまり硬いものが噛みにくくなるのだ。

ガリ、ガリ、ガリ。治療は続く。
“まだ、まだが出て来ますね。これを掻きださないと。”先生はおっしゃる。
目を閉じて顎を開けていると、頭は妄想でいっぱいになる。
何人もの作業員が海底トンネルを掘っている。周りは固い岩盤だ。と、其の一部に亀裂が生じ、海水がどっとあふれ出す。あ、いけねえ、こりゃだ。全員脱出!

暫くして先生の言葉が響いてきた。
、“さあ、今日のところは終わりました。”幸い海水の噴出は止まったようだ。
掻破したあとには抗生剤をつめておきましたので、これで上手く治癒してくれるかどうか、後はあなた自身の治癒能力如何ですね。”
考えてみると、これは僕がいつも治療に際して、自分の患者に言い聞かせてきた台詞だった。

治癒能力
様々。どうか最大限チカラを発揮してください。まだ、まだステーキやあわびには未練がありますので。
by n_shioya | 2008-09-04 21:32 | 老年病 | Comments(6)
昔の風邪と今の風邪
どうも最近の風邪は昔と違ってきたようだ。
昔はパット熱が出て一日でパット治ったたものだが、このごろは熱もあまり出ない代わりに、だらだらと長引く。

これは我々の間ではよく言い交わされれることだが、北里大学の川上名誉教授に言わせると、変わったのはビールスではなく我々が老化して、免疫機能が落ちただけの話だと言う。

今川上先生が書かれている「(仮題)心のアンチエイジング」の一部を引用すると、

「幼児がカゼウィルスに感染すると、鼻水、くしゃみ、せきと同時に40度を越す熱が出て、すぐにぐったりしてしまう。
母親は驚くが、極期を過ぎるとケロッとなおって、何事もなかったかのように元気に遊び始める。若者が風邪を引いたときも、派手な症状は出るけれども、大方は短時日で治り、翌日は元気に仕事を始める。
ところが歳を取ると、カゼウィルスが感染してもすぐには症状が出てこない。何日か後に気道炎症が始まって、鼻水、くしゃみ、せきのような症状が出る。熱もそれほど上がらないが、気管や肺の内部では案外重篤な変化が起きていることがあるので油断できない。そしてウィルスとの戦いが収まるにはかなりの時間がかかることがある。」

“まさにそうだわ”とごく最近同様の経験をした配偶者は大変納得が言ったようだ。

さらに先生の説明では、免疫機能を担う免疫細胞の数は高齢者でもほとんど減少しない、ただ、其の機能が低下していることが最近の研究で明らかになったと言う。
免疫機能強化には、いろいろなことが取りざたされているが、現時点で確実に有効なのは、ビタミンEだそうだ。ただしこれは高齢者のみに言えることで、若いヒトにはあまり意味がないという。

ところでビタミンC も其の抗酸化作用で全身を活性化するので、風邪を含むすべての疾患に対し、其の大量療法はだいぶ以前から提唱されている。
ちなみに抗酸化作用に関してはビタミンEも有効で、そのうえEとCには相乗効果があるとされているので、ともかく高齢者は、EとCを服用していれば間違いないということになる。

そうは言われても当方としては、風邪のパターンの違いは自分の高齢化だけでなく、やはりビールスのほうも加齢によって、ネチッコイ、意地悪ビールスに変わってきたと思いたい。
by n_shioya | 2008-09-03 23:18 | 老年病 | Comments(4)
六十の手習い
白洲正子がこう書いている。

「昔、私の友人が、こういうことをいったのを覚えている。
――――六十の手習いとは、六十歳に達して、新しくものをはじめることではない。若いときから手がけてきたことを、老年になって、最初からやり直すことをいうのだと。
まだ若かった私は、そんなものかと聞き流していたが、この頃になってしきりに憶い出される。幼いときから親しんだ百人一首について、改めて考える気になったのもその為だ・・云々」
というのが、「私の百人一首」の序文の書き出しである。

確かにアンチエイジングの立場からは、新しいものへの挑戦が強調されるが、まっさらなことをはじめるのも良いが、昔手がけたことを見直し、再生させるのも、効率よく充実感を得ることのできる方法であろう。

それにしても、百人一首とは上手いところに目をつけたものである。

確かに昔の子は、百人一首はほとんどすべて、上の句、下の句、元旦のカルタ会でそらんじるようになったものだ。
だが、大概の句は小学生に意味するところがわかるはずはない。また、本当の意味を子供に聞かれたら親は返答に窮したろう。
だが、60を過ぎて読み返せば、これほど味のある世界はない。僕のクラスメートの耳鼻科の教授だったのが、退官後、百人一首にのめりこんで、教養課程で講義を始めた気持ちもわからぬではない。
アンチエイジングには各人各様の手法があるものだ。

ところで子供時代は、本来の和歌の意味するところはあまりピンと来ず、かえって替え歌のほうがすぐ頭に入るものだった。
たとえば西行
「心なき身にもあはれは知られけり
 鴫たつ沢の秋の夕暮れ」
よりは
「菜のなき膳にあわれは知られけり
 鴫焼き茄子の秋の夕暮れ」
のほうがピンと来たものである。
と言っても、“鴫焼き茄子”は僕の大好物だったのでお間違いのないように。

実はこれで失敗したことがある。
姉が新婚早々、旦那と一緒に夕食に呼んでくれた。一日かけてご馳走を用意してくれてた筈だ。
そしてちゃぶ台に“鴫焼き茄子”が運ばれてきた。
スッカリ嬉しくなって、僕は件の替え歌を披露したものである。
姉夫婦がどんな顔をしたか覚えていない。ただ、なぜか一瞬気まずい空気が漂ったような覚えがあり、いまだに思い出すたびに己がオッチョコチョイさ加減に自責の念を覚える。
by n_shioya | 2008-09-02 20:36 | アンチエイジング | Comments(4)
ターニングポイント
b0084241_2064217.jpg僕は今、お気に入りのカフェで、コーヒーブレークを楽しんでいる。
この店の自慢のブルーマウンテンスペシヤルに、カップの縁からゆっくりとクリームを浮かべ、忙しかった神戸の学会を回想しているところだ。

10年前、一体何人集まるだろうかと心配しながらスタートした学会が、その後大ブレークして今回は参加者が過去最大で6000人を超したのではないだろうか。

専門的な発表もさることながら、僕が一番感銘を受けたのは最終日の最後の特別講演、アグネス・チャンの「私のターニング・ポイント」~男女共同参画社会実現のために~であった。

実は我が家には去年までテレビはなく、新聞もいまだにとってないので、世事に疎いことおびただしく、アグネス・チャンも名前ぐらいは聞いたことはあるが、まあいわゆるジャリタレのたぐいと思い、立派な歌手であることも、ました其のボランティア活動さえ知らなかった。

だが、彼女の特別講演は大したものだった。
これほど思いのたけを、ストレートに本音で訴えかけるとは、しかも間に歌も交え。
子供時代から数々の壁にぶつかりながら、其のたびに成長し、現在は日本ユニセフ協会大使として、発展途上国の子供たちに手を差し伸べ、その悲惨な現状をあらゆる手段でアピールしている。

中で最も心に残ったのは、「“不幸せな時”というのは、気がつくと“自分のことだけを考えている時”です。」という言葉だった。
それは誰でも頭では分かっている。だがただの説教ではなく、彼女が自分の体験として、悩みを抱えたとき、他人の苦しみを受け止め、手を差し伸べることで救われてきた生き様を、切々と語るとき、場内はシーンと静まり返った。
そして我々が飽食メタボ対策などノー天気なことを叫んでいるときに、難百万という子供達が餓死して行ってると言う恐ろしい現実。

そして「男女共同参画社会実現」のために、もっと男性が協力的になってほしい。家事を主婦に任せず、もっと助けて欲しい。
“この点で一番後れているのは日本の男性です。”と言われて全聴衆の中で一番堪えたのは、このブログの著者であったろう。なんせ、自慢ではないが、生まれてこの方、料理、洗濯を含め、家事には一切手出ししたことがない夫なので。

後で、彼女は「子育て論争」とかとかく物議をかもし、人によって好き嫌いはあるとも聞いたたが、昨日の彼女の話は立派だった。
とあれ、色々な意味で先週の学会が僕にとっても「ターニングポイント」になることは間違いない。

森口会長、素晴らしい学会、本当に有難うございました。
by n_shioya | 2008-09-01 17:16 | コーヒーブレーク | Comments(9)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム