ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ジョン・ハンター
b0084241_1022898.jpgともかくハチャメチャな男である、このジョン・ハンターと言う奴は。

医学に多少とも関わっている方で、ジョン・ハンターを知らない方はいないだろう。
18世紀のイギリスの解剖学者、そして外科医
僕はちょうど、アメリカならボストンのビーコンストリートあたりにオフィスを構えたハーバードのスタッフにも通ずる、気取った英国紳士をなんとなくイメージしていた。
とんでもない。社交界だけではない、医学界の慣習をまったく無視して、ひたすら解剖と手術に没頭した、型破りの男のようである。

実は今朝から「解剖医 ジョン・ハンターの数奇な生涯」を読みふけっている。後100ページだが、このまま読み続けると、夜を徹することになり、ブログにアナがあくので、小休止。

初めて聞く話ばかりで、ただ、唖然としている。
むこうは土葬である。外科医の修行や研究には遺体が必要だ、それもなるべく新鮮な奴がいい。
そこで外科医は闇社会と結託して、昼間埋葬された遺体をよる盗掘する。
ジョンにはやはり外科医のウィリアムという兄がいた。其の手先として長年遺体を調達し、また其の腕を買われて、兄の解剖学教室の手助けをする。

まだ外科医は内科医からは医師とみななされず、床屋と同列に置かれていた時代である。
勿論、麻酔無菌法もない時代である。
当然手術は無麻酔で、素手で行われ、患者の大半は、痛み、出血、感染で死亡した、想像を絶する時代である。
内科医にしても、やることといえば、瀉血、下剤、そして嘔吐剤の三つしかなかった。

ハンターの偉いところは、既成の概念にとらわれず、自分で観察し、理詰めで対処法を考えたことである。
正統な教育を受けていなかったことも幸いしていた。(ちなみに僕も学校は大嫌いだった。もし学校教育で芽を摘まれなかったら、もっとましなことが出来てた筈だと、いまだに確信している。)
彼が近代外科学の父といわれるゆえんである。

何事でも、いつの時代でもパイオニアーは迫害を受け、イカサマ呼ばわりをされる。
僕もずいぶんこれまで、医者ともあろうものがといわれてきた。
形成外科を始めたときでも、美容外科に手を出したときも、そしてまたエステに関わったときも。さらにはアンチエイジングですら。
だが、ハンターの伝記を読むと、もっと罵声を浴びるようにならなければ、一人前とはいえないようだ。
今からでも遅くはない、これからは顰蹙を恐れず頑張ろう。
(配偶者曰く:顰蹙をかえばパイオニアーになれるわけじゃありませんよ!)
by n_shioya | 2008-09-20 22:50 | 手術 | Comments(12)
香水文化後進国日本
日本にはいまだ香水文化が存在しない!
この数週間でやっと分かった。

b0084241_1048270.jpgことの起こりはこうである。
ニューヨークの僕の長男が、新たに三つの香水を開発し、あまたある世界の香水の中で、其の二つが香水ミシュラン五つ星を獲得した。
残りの一つも三つ星である。

彼はそもそもは芸大卒の彫刻家である。ニューヨークで数々の作品を発表し、其のうちの一つはウェストサイドの公園を飾っている。
やがて匂いの出る彫刻を手がけ、以前日本でも作品展を2度ほど開催したが、其のうちに香水そのものに凝ってしまったようである。

僕も日本男子として香水には縁がないが、まあ、息子の自信作と言うこともあり、知り合いのだれかれに勧めたり、日本での販売の可能性を探ってきた。
そしてまずぶち当たった壁が例の行政のしちめんどくさい制約である。
事務所をおき、輸入販売の許可を取らねばならぬ。

もっと問題なのは、日本は女性でもあまり香水をつける習慣がないということだ。
むしろ反対に、化粧品でも無臭が好まれる、つまり匂いを身に纏う習慣が、日本にはないということのようだ、一部のソフィスティケートされた美女を除いては。

そういわれれば、欧米などのパーティで、女性はご本尊よりまず香水が匂ってくる。そばで話しているだけでこちらの衣装にも移ってくるし、ハグでもしようものなら体中が香水に包まれ、家に帰ると鼻敏い配偶者から、なによ其の匂い?、また、誰かに抱きついていたのね、とたしなめられることしばしばである。

これではいかん。
親ばかになって、伝道師として日本に「香水文化」を広めてやらねば。
そのためには僕も自分に振りまく必要がある。
今後もし僕が異臭を放ったら、それは“加齢臭”ではなく、流行の先端を行く“男の匂い”だと思って欲しい。
b0084241_10493540.jpg

ちなみに彼のブランドのS-perfumeには、女性用、ユニセックス、男性用と三種類ある。
ユニセックスの作品は「S-ex」という。ハイフォンをぬかして読めば・・・。お分かりでしょう。
効果満点ですぞ!男女共に。
by n_shioya | 2008-09-19 22:42 | スキンケア | Comments(10)
夢を語る会パートⅤ
今日は「夢を語る会パートⅤ

場所は自由が丘のソフィアフィトセラピーカレッジ。
ホステスは学院長、池田明子女史

フィトセラピーとは植物の持つ精気を抽出してエッセンスとし、病んだ現代人の活性化を図るいわば代替療法の一つで、アロマセラピーも其の一つである。

この会はただ夢を語るだけでなく、其の成果として東大にエステティックの寄附講座が誕生した。
もちろんこれはメンバーの東大の老年看護学の真田教授とシェイプアップハウス社長の下村女史の努力の賜物であるが。

今回のテーマのフィトセラピーも、メンバーが後押ししてもっと社会認知を図っていこうということになった。

其のほか参加者は、代表世話人の井上氏、(株)遊気創建美倶楽部社長福田女史、JR東京総合病院麻酔科医長百枝先生と事務局の方々である。

このところ女性のパワーはすさまじい。
今回も井上氏も僕も、男性二人は口を挟む余地もなく、美女軍団の活発な議論が二時間余続いた。

面白かったのは、お洒落に関して意識するのは、同性の目か異性の目かと言う議論だった。
これはまた改めて。

そしてお食事は、自由が丘切っての特上のチラシ寿司だった。

ああ、もう次回が待ち遠しい。
b0084241_1073652.jpg

b0084241_1075139.jpg

b0084241_108676.jpg

by n_shioya | 2008-09-18 23:19 | アンチエイジング | Comments(9)
去る人来る人
今日は昼間は千葉の野田宏子先生のちば美容形成クリニックを表敬訪問。
b0084241_1028124.jpg

野田先生はこの30年、魑魅魍魎の跋扈する美容外科の世界で、千葉に正統な美容外科の火を点すために、骨身を削ってこられた。
初めての訪問だが、決して広くはないビルの三フロアをフルに活用され、気持ちの良いクリニック活動を展開されているのを拝見して、頼もしく思った。

夜は寿退社の秘書の渡辺嬢を含め、数名のスタッフの歓送迎会を、マロニエゲートの10階のイタリアンで行った。
去って行かれる皆さん、ご苦労様でした。また、新人の方々、これから期待しています。
b0084241_10282767.jpg

柄にもなく多少感傷的になり、また、アルトハイデルベルグのケーティの詩の一節を思い出してしまった。

「遠き国よりはるばると、
ネカーの河の懐かしき、
岸に来ませしわが君に、
今ぞ捧げん行く春の、
いと麗しき花飾り。

いざや入りませわが家に、
されど去ります日もあらば、
忘れたもうな若き日の、
銀座クリニックの懐かしき、
幸多き日の思い出を。」

お粗末でした。
b0084241_1029113.jpg

by n_shioya | 2008-09-17 23:16 | コーヒーブレーク | Comments(8)
脱メタボ宣言その後
今僕は二大プロジェクトと格闘している。
一つは左頬のシミの美白
幸いこちらは順調に進行し、お約束どおり10月末にはある程度の成果をお見せできるだろう。
今ひとつのメタボ対策は?
うーむ、あまり芳しくない。
が、恥を偲んで8月5日の「脱メタボ宣言」の一部を掲載する。

「一念発起してアンチエイジングを実践することにした。
なにをいまさら、どうせ続かんくせになと言われそうだが今度は本気である。
2週間前のアンチエイジングドックの検査はまあまあだったが、やはり腹囲90センチ、体重72キロというのは堪えた。ちなみに身長はこの数十年で1メートル72センチから1メートル70センチに縮んでいる。

せめて85センチ68キロにもって行きたい、それも10月までに。
ということをクリニックの全員に宣言して、退路を断った・・・

中間報告は9月始めに。」

かつて減量を試みて、三ヶ月73キロから60キロまで、つまり13キロ落とした経験はある。
其のときはすべての食事は三分の二にし、コース料理は半分と決めた。
其の挙句に危うく拒食症になるところだったとは以前書いたとおり。

今回はそこまで極端にはしないで、種類は制限せずやはり量としておよそ毎食四分の三、コース料理なら三分の二。サラダ類の生野菜は十分に、しかもカラフルのレインボウ・ダイエットで

また朝の散歩は今までどおり一時間ほど。

その結果は?
腹囲、体重それぞれ数値1だけ下がって、89センチ71キロ
増えているよりはましだが、科学者としては誤差範囲といわれれば、胸を張って反論できる数値ではない。
次回のご報告は10末としておく。
そして八月に定めた目標の達成は、今年度末ということで勘弁してください。
by n_shioya | 2008-09-16 22:44 | 食生活 | Comments(9)
カロリーリストリクション
昨日の続きで、サンケイホールで「抗加齢のセミナー」に参加した。
今回の一番の話題は「CR カロリーリストリクション」つまり食事をもっと控えましょう、という僕にとってははなはだ辛い話であった。

ま、よく話を聞くと、ただ食べたいものを我慢して、飢餓状態に耐えていきましょうこうと言うのは誤解で、健康のためある程度のカロリー制限は必要だが、栄養素を十分に取れば、決して空腹感に悩まされることはないということのようである。
本当かな?

アメリカからの何人かの専門家が討議に参加され、昨日はあのベストセラー「いつまでもデブと思うなよ」の著者、岡田斗司夫氏の講演もあった。
これを機会に、カロリーリストリクションの研究会も発足するようである。

内容を検討しないとなんともいえないが、研究はともかく実践にはよほど強固な意志の持ち主であることが条件になるのではないだろうか。
僕は落語の「蕎麦通」の話を思い出した。
蕎麦通はタレはあまりかけないということを聞いた男が、通ぶって僅かなタレで蕎麦を食べ続ける。そしていまはと言うとき、、ああ、タップリタレをかけて蕎麦を食べたいといって死んだと言う話である。
あまり往生際の悪くならないよう、カロリーリストりクションもほどほどにしましょう。

僕は昼前のセッションで座長を務め、前座として自分がスタートさせた「見た目のアンチエイジング研究会」の発足の趣旨をご説明し、其の後で坪田健嗣先生「審美歯科」のさまざまな手法をご説明になり、それぞれについて見事な症例を多数お示しくださった。

ほかに色々、「睡眠障害、」「Morning Erection(これはあえて訳語を伏せておきます)とアンチエイジング」など興味深い話題も豊富だった。

ところで今日は“敬老の日”。
次男家族が兄弟たちを含め、夜自宅で祝ってくれた。ひたすら楽しかった。
老人と思ってない者を敬する日を定めたのは、後期高齢者に対する行政のいやみか嫌がらせなのかなどごたくを並べるのは控えておく。
そんな嫌らしい台詞こそ老化の証だから。
僕だって自分を客観的に見ることはできますよ、福田さん。
by n_shioya | 2008-09-15 22:45 | アンチエイジング | Comments(10)
これでも連休?
今日は昭和大学形成外科の創立40周年の記念祝賀会が帝国ホテルで催された。
昭和大学は形成外科では一大勢力、いや最大勢力である。
よく、学会のときも、医局員が貸し切りバスで移動するほどの大所帯で、僕はうらやましく眺めたものである。
b0084241_7344015.gif

美容外科を併設したのも、わが国では昭和大学が最初であった。
初代の鬼塚教授の形成外科手術書はすでに三版をかさね、この分野のバイブルとされている。
二代目として教室を安定成長させた保坂教授も来年で退官。時の経つのは早いものである。
b0084241_7345365.gif

午後は産経プラザで抗加齢医学の講習会。
これは明日もあり、午前中は僕にも司会と、短いレクチャーが当たっている。
これから其の準備にかからねばならぬ。

これが連休と言えるだろうか?
by n_shioya | 2008-09-14 22:03 | コーヒーブレーク | Comments(6)
レーザーの新兵器
昨日はクリニックで大ポカをやらかしてしまった。
コップ一杯の水を、派手にパソコンにこぼしてしまったのである。
慌ててパソコンを逆さにして水を切り、キーボードを丹念に拭いて乾かしたが、スウィッチを入れてもうんともすんとも言わない。
とりあえずは数日間はほっておいて、完全に乾燥してからためすことにしたが、まず救えないだろう。

実は三年前、コーヒーを少々こぼし新品を一台駄目にしたことがある。
其のとき院長は親切にも、また新しいのに買い換えてくださり、“もう一度はこぼしてもいいですよ”と冗談めかして言ってくださったが、まだ覚えてくれているかどうか。

また、今度買い換えればあの評判の悪いビスタになってしまう。
さて、どうしたものだろう。
コンピューターの世界は日進月歩というと聞こえはいいが、半年もすれば機種もソフトも変わってしまうと言うの困ったものである。

ところで医療の世界でも似たようなことがある。
レーザー機器が其の一つだ。
しかもパソコンと違い、一台数千万円の世界である。
だが、困ったことに性能は確実に進歩している。旧型に固執していると患者を失う。
医師も勉強を怠らず、新しい機器を導入し、使いこなしていかねばならぬ。
それだけ安全で効果的な機器が増えてきているからだ。しかも目的別に新たな機器が開発される。

そのためレーザー業界のリーディングカンパニーのジェイメックでは、このような医師側の要望に答え、定期的に講習会と、ユーザーの意見交換会を行っている。
今日の研究会の目玉商品は、Eライト、Eマックスという最新機器で、ヘッドと呼ばれる照射部分を差し替えることによって、しみ、しわには相当な効果を発揮すると言う。

アメリカ人を交えた4人の医師が、其の使用経験を縷々説明してくれたが、肝心の座長の僕は素人なのでチンプンカンプンであった。幸い会場からも鋭い質問が演者に対し連発したので、座長はぼろを出さないですんだ。

念のため、この分野の最高権威である湘南鎌倉病院の山下部長に〆の言葉を頂いたところ、今後はマックスが主流となるだろうというご意見だったので一安心した。

なんとも情けない座長で、参加者の皆さんとジェイメックにはこの場でお詫びを申し上げる。
b0084241_1220185.gif

b0084241_12203215.gif

b0084241_12204651.gif

by n_shioya | 2008-09-13 22:48 | スキンケア | Comments(6)
ジャーナリズム崩壊
b0084241_1219871.gif我が家では新聞を取っていない。
テレビも導入されたのはつい去年のことである。

何故?
大上段に振りかぶれば、僕は日本のジャーナリズムを信用していないからである。
そもそもジャーナリズムの使命は真実の報道にあるといわれるが、真実とは何かというと議論は難しくなるので、ここでは省いておく。

ただ言えることは、国家権力は自分に不利な事実は本能的に隠蔽しようとする。
それを暴くのがジャーナリストの役目とすれば、日本の記者クラブ制度は、ジャーナリストの自殺行為に等しい。
ジャーナリストの使命は、自分の嗅覚を働かせ、足で稼ぎ、自分の目で見、耳で取材することにあると思う。
それを、ぬくぬくと記者クラブでタバコをくゆらし、大本営発表をありがたく拝聴する。しかも、報道は見事に各社足並みを揃える。
これは一種の官製談合で、その使命と矛盾していることはなはだしい。
しかも、このクラブは排他的なことにおいては、鉄の結束を誇っている。

というのは表の議論で、新聞を止めたのは配偶者新聞配達喧嘩したからである。
以前は夫婦で海外出張で留守をすることが多かった。その間無用心なので、配達は止めてもらう。
だが、あるとき帰宅すると、新聞が門の郵便受けからあふれ出していた。
“駄目じゃないの”となじる彼女に対し、配達人は“そんなに留守勝ちなら止めたらどうです。”
“ええ、止めますとも”と売り言葉に買い言葉で、新聞と縁を切ったのがもう30年も前である。

テレビはただ買わなかっただけである。
大体が低俗な番組だし、もっと低俗で本当に僕が見たい夜半の番組は見させてもらえそうもなかったからだ。
今になって子供らは、家にテレビがないのを隠して学校で話をあわせるのは本当にしんどかったと打ち明けてくれる。

それでも親は何も不自由は感じなかった。
例えば首相が辞めれば自然に伝わってくるし、大体名前を覚える間もなく交代するので、内閣が変わっても庶民にはどうと言うことはない。
そのかわりコーヒーショップなどで古新聞があればちょっと覗いてみる。すると一週間前の記事でも新鮮に感じるから、かえってありがたい。

ところでこの僕の持論である「記者クラブの害毒説」が新書で取り上げられた。
ジャーナリズムの崩壊」著者は上杉隆氏である。
安部首相が内閣を投げ出したのは、上杉氏の「官邸崩壊」が出版された直後だったのを思い出す。
それはあたかも阿部内閣のご臨終を予言したような、タイミングの良さだった。
by n_shioya | 2008-09-12 21:12 | コーヒーブレーク | Comments(17)
見た目のアンチエイジング
アンチエイジング」は今まさにブームと言える。
だが、その内容はさまざまで、各人各様な受け取り方がされている。
一つには、15年ほど前に誕生した新しいジャンルであり、それぞれの専門の延長線上に発展して来たからでもある

また、アンチエイジング、抗加齢と言う呼称が適当かどうかと言う議論もいまだに続いている。
内容は「健康長寿」を目指している。決して「不老不死」でないことは言うまでもない。
老年病学」と言うのはすでに存在するが、アンチエイジングは其の予防、さらには其の前段階の、いわゆる「未病」であるという言い方をする人もある。

わざわざ抗加齢医学などと言わずも、現実には「バランスの取れた食事と適度な運動」で9割は達成できるはずだが、現代社会ではそれが難しい。
そこで可能な限り自分の努力で「ライフスタイル」は改善して、なおかつ足らぬ部分を医学的に補おうと言うスタンスである。

具体的には、老化の三大原因「ホルモン低下、免疫能低下そして活性酸素」に対処する、「ホルモン補充療法、免疫能賦活,そして抗酸化療法」と言うことになる。
また、臓器別に発達した西洋医学はあまりにも細分化し、いまその限界が論じられているが、抗加齢の手法はすべての臓器に共通なので、アンチエイジング医学は人体を全体像として捉えようと言う「統合医学」の方へ、結果的には進んでいるともいえる。

今述べたことはアンチエイジングのいわゆる「全身療法」であるが、女性の場合は「健康長寿」と言っても、そこに美が加わった「美と健康」でなければ意味がない。
そこでは「肌の若返り」がアンチエイジングの今ひとつの重要な課題となる。むしろ化粧品レベルでは、アンチエイジングと言うと「若返りのクリーム」というイメージが強い。

ところで全身のアンチエイジングも当然皮膚にも好影響はあり、また皮膚は健康の鏡と言う見方もあり、今後この二つは融合されなければならない。

さらに見た目の老化は肌に限らない。「容貌、体型」も加齢と共に著しく変化する。
そこで僕はこの春、「見た目のアンチエイジング研究会」というのを立ち上げ、広く関心のある方々に呼びかけ、「皮膚、容貌、体型のアンチエイジング」に取り組むこととした。
そして今後は医師だけでなく、関連したメークアップアーティスト、エステティッシャン、ファッションデザイナー、美容ジャーナリスト、美術解剖など幅広い方々の参加を期待している。
第一回の研究会には、ワコール研究所からは篠崎所長にご講演いただき、大好評だった。

また、この11月のNPO法人アンチエイジングネットワークの公開セミナーでは、カリスマ・メーキャップアーティスト、山本浩未さんをお招きすることにしたのも、このような考えの現れである。
美と若返り”に関心の深い皆様、ぜひ奮ってご参加ください。
by n_shioya | 2008-09-11 18:39 | アンチエイジング | Comments(11)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム