ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
無事退院
b0084241_19444649.gifようやく手錠ではないリストバンドから解放されて、一昨日虎ノ門病院から無事帰宅した。
先週の水曜日に入院し、木曜日の午後宇田川部長の執刀で鼠径ヘルニアの手術を受け、術後経過も順調でめでたく退院となったのである。

入院前、ヘルニア、ヘルニアと騒いでわかったたのだが、最近はただヘルニアというと腰痛の原因の椎間板ヘルニアを指すようである。
どこを切るので?
そりゃお腹ですよ。というと相手は怪訝な顔をするので、ははあ、と気がついた。
素人はともかく医師の場合は、お腹を開けて腸を掻き分け背骨に到達する椎間板ヘルニアの新しいルートかと驚くようである。

僕のは鼠径部、又の付け根のあたりの腹筋が弱まり、腸が外に脱出する昔の脱腸である。まだ外科医の間ではただヘルニアと言えばこれをさすことが多い。脱腸というとあまり色気がないので、美女軍団の目に触れるこのブログでは使用を遠慮してきた。

虎ノ門病院で入院どころか治療を受けるのは初めてだが、評判どおりなかなかいい病院だ。
最近の私立のデラックスな病院のように、アメニティが完備しているわけでないが、必要なことが効率よく運ばれ、スタッフの動きも温かみはあるが無駄はなく、安心して身を任せることが出来た。

ヘルニアの手術は腰椎麻酔で行われる。
要は緩んだ筋肉に穴が開いて腹膜の袋が腸を包んで飛び出すわけだが、昔は無理して筋肉を寄せたので再発が多かったが、最近は人工のメッシュで閉じるので治りも早いし再発も少ないという。
手術時間は30分ほどだったろうか、薬でうつらうつらしている内に終わってしまい、痛みも何も感じなかった。
僕のは左側だったが、勿論左右どちらにも起こりうる。

つらかったのは手術当日は絶食だったのと、腰椎麻酔が切れてから膀胱の留置カテーテルを除去する時の痛みと、その後しばらく続いた排尿通である。
自慢ではないが僕は生まれてから食欲がなくなったことは、覚えている限り2回しかない。
一度は子供の時の両側性肺炎で、二度目はアメリカでインターの時、破傷風のワクチンでショックを起こしかけたときである。

無事退院という時、クラスメートの秋山元名誉院長が立ち寄って励ましてくれた。
“おめでとう。気に入ってくれてよかった。でも塩谷君さあ、どうせ又右もそのうち出るから又いつでもおいでよ。”
持つべき者は良き友である。
by n_shioya | 2007-03-01 11:56 | 手術 | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム